最近ではハロウィンのイベントを幼稚園や保育園、小学校生、町内会、子供会など、あらゆるところで楽しんでいるようです。

しかし、ハロウィンのイベントにまだ馴染んでいないと、家にやってきた子供たちにどうやってお菓子を配ったらいいの?
どんなお菓子をどのくらい準備したらいいの?
とわかりませんよね。

そこで、ハロウィンイベントでのお菓子の配り方、おすすめのお菓子、配る量について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

ハロウィンイベントでのお菓子の配り方

まずは玄関をハロウィン仕様に

ハロウィンのイベントに参加すると決めたら、来てくれるこども達に楽しんでもらうために、また自分自身が楽しめるように、玄関をハロウィン仕様にしてみましょう。

難しく考えることはありませんよ。
ハロウィンの小物を置くだけでOKです。

Happy Halloween」とか書かれた物を飾り付けるだけで、もうハロウィン仕様の玄関に早変わりです。
お金をかけなくても大丈夫です。
100均などで可愛らしいハロウィンの飾り物や置物が揃えられますよ

このような玄関の飾り付けをすることで、「イベントに参加しているよ!」「お菓子準備してあるからね!」という合図になり、子供たちは張り切ってやってくるでしょう。

そして、お菓子が終わってしまったら、玄関の飾り付けはサッと片付けましょう。

ちなみに、欧米ではハロウィンの飾り付けをしてある家を訪ねていくというのが暗黙のルールなのです。

お菓子を配る時のポイント

さあ、それでは本題のお菓子の配り方を紹介します。

子ども達がやってきて、「Trick or Treat!(トリック オア トリート)」と言われたら、

お菓子をあげるから、いたずらしないで~」とか、「Happy Halloween!(ハッピーハロウィン)」などと言いながら、一人づつ持ってきたカゴやバックにお菓子を入れてあげましょう。

子ども達側には「Trick or Treat!(トリック オア トリート)」という決まり文句がありますが、お菓子をあげる側には特に決まり文句はありません。
せっかくなので、ここは大人もテンション上げて楽しく盛り上がっちゃいましょうね。

そして、重要なのはここです!

子ども達は仮装をするという非日常と、お菓子を大人からタダでもらえるという夢の様なイベントがハロウィンです。

頑張って仮装してきたノリノリの子ども達に「あら、魔女さん、すごく可愛いね~!」とか、「ドラキュラさん、めちゃカッコいい!」、「キャー!モンスター!こわーい!」などと、話しかけてあげましょう。

この大人が発する一言で子ども達のテンションはMAXです。
それはそれは喜びますよー!!

さらに、子ども達が引き上げていく時には、「怖かったけど、可愛いしカッコいいからまた来年も来てね~!」と言って見送りましょう。

これで完璧です!!

「もしかして? 私(大人)も仮装するの?」って思う方がいるかもしれませんね。
安心してください。

仮装するのはお菓子をもらいに来る子ども達だけで、お菓子を配る大人は仮装はしなくてOKです。

ハロウィンにおすすめのお菓子は?

ハロウィンで配るお菓子は特に定番の物はありません。

だから悩むのはやめましょう。
普通の市販のキャンディやクッキー、チョコレートなど個包装や小分けになっている便利で衛生的な物が安心です。
大袋のお菓子を1~2種類、配る人数に応じて用意しておきましょう。

この時期はハロウィンデザインのパッケージの可愛いお菓子が出回るので、それを使うのも良いですね。

子ども達の好きなお菓子

ハイチュウ
キットカット
チロルチョコ
・カントリーマアム
・うまい棒 など

他にも色々あるるのでスーパーで探してみましょう。
余裕があれば、ハロウィン柄の入れ物などにお菓子を入れて配ったら気分はさらに盛り上がるでしょう。

100均でもハロウィングッズは充実しています。

手作りのお菓子を配ってもいいの?

ここでは市販のお菓子をおすすめしました。

お菓子作りが得意な方は手作りのお菓子を配りたいと思うかもしれませんね。

親同士が親しい間柄でしたら大丈夫でしょう。
かえって喜んでもらえるかもしれません。

しかし、お菓子をもらいに来る子の親とあまり面識がない場合は控えた方が良いでしょう。

たまたまその後、もらったお菓子を子どもが食べてお腹を壊したりしたら、大事になってしまいます。
配られたお菓子が原因ではないとしても、疑われトラブルになる可能性がないとはいえません

このようなことからも、ハロウィンで子供たちに配るお菓子は、市販のものにしておいたほうが無難ですね。

ハロウィンのイベントでお菓を配る量はどれくらい?

ハロウィンで子どもたちに配るお菓子の量は、子ども1人につきキャンディやクッキー、チョコレートなど個包装や小分けになっている小さいお菓子を1~2個でOKです。

 

ハロウィンが盛んな欧米でもキャンディーなど、ちっちゃなお菓子1~2個が通例とのことです。

 

だから、「大量に準備しなきゃ!」なんて思う必要はありません。
「こんな少しでいいのかしら?」と悩むも必要はありません。

少しでOKなのです。
だって、何軒ものお宅でお菓子をもらうのですから1件の家で1~2個で十分です。

お菓子の食べ過ぎ防止のためにも、これくらいの量がいいのです。
気になるようなら、他のお家の方と話し合っておくと良いでしょう。

ハロウィンイベントを大人が楽しむためにも、毎年続けさせてあげるためにも、金銭的に負担にならないのが一番です。

まとめ

「Happy Halloween!(ハッピーハロウィン)」
と少々大げさに子供たちを迎えて、用意したお菓子を楽しく配ってあげましょう。

配るお菓子に特に定番はありません。

キャンディやクッキー、チョコレート、安い駄菓子など、なんでもOKです。

配る量も、子ども1人にお菓子を丸ごと1個ではなく、個包装や小分けになっている小さいお菓子を1~2個で大丈夫です。

楽しいイベントハロウィンを大人も子供たちと一緒に楽しんじゃいましょう。