ハロウィンは10月31日、もうすっかり日本の楽しいイベントとして定着しています。

しかし、なぜハロウィンのシンボルはオレンジ色のかぼちゃのお化けなのでしょうね。

また、ハロウィンに飾りたいかぼちゃのランタンは手作りして保存することはできるのでしょうか。

疑問はたくさんありますよね。

そこで、ハロウィンにかぼちゃランタンをシンボルとしている由来やその作り方、保存方法を紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

ハロウィンにかぼちゃランタンをシンボルとしている由来

ハロウィンのシンボルといったら、オレンジ色のかぼちゃの中身をくりぬいてお化けの顔を作り、その中にロウソクの火をともす「かぼちゃのお化け」(ジャック オウ ランタン)ですよね。

なぜ、ハロウィンにかぼちゃのお化けがシンボルとなったのでしょう。

 

ではその由来を紹介します。
ハロウィンにかぼちゃのお化けがシンボルとなった由来には、酒好きで乱暴ものの一人の男が関係しています。

 

その昔、アイルランドという小さな島国に、酒好きでケチで乱暴者で、人をだましてばかりのジャックという自分勝手な男がいました。

ある10月31日のことです。
ジャックは、いつものように酒場で酒を飲んでいると、地獄からやってきた悪魔が「お前の魂をとってやる。」と言ってジャックの魂を奪いにやってきます。

 

※ハロウィンの夜はこの世とあの世の境がなくなり、その時だけ時間がとまってしまいます。この時を狙って多くのお化けたちが人間に取り付こうとやってくるのです。

 

ジャックは魂を取られないようにするために卑怯な手を使って悪魔をだまし、これから10年間はジャックから魂をとらないと約束させました。

そして10年の月日がたちました。
10月31日、ジャックはまた同じハロウィンの悪魔に出会いますが再びだまし、ついには悪魔に自分の魂は絶対にとらないことを約束させます。

それから何年か経ち、ジャックもとうとう年をとって息を引き取る日がきました。
しかし残念なことに、日頃の行いが悪いジャックは天国には行けません

そんなジャックは仕方なく地獄の門をたたきます。
なんと、そこにはジャックの魂を奪いにいく度に、だまされ続けていたあの悪魔がいたのでした。

あの悪魔は、「約束通り、お前の魂は取らない。だから地獄にも入れない。」とジャックに言い放つのです。

ジャックは困り果てます。

そして行き場を失ったジャック魂は、この世とあの世の間の暗い闇の中をさまよい歩くことのなるのです。
その道は前が見えないほどとても暗いのです。

ジャックはこれでは前に進めないので灯りが欲しいと悪魔に頼み、地獄で燃えている火の塊を一つもらいカブの中に入れてランタンを作りました。
そのランタンを持って、この世とあの世をさまよい歩き続けるジャックの旅が始まるのでした。

そしていつしか、ジャックの持つランタンが死んだ人々の魂のシンボルとなりました。

 

このお話がアメリカに伝わると、カブがかぼちゃに変化しました。
それは、アメリカではカブはあまり親しみがなかったため、たくさん採れるかぼちゃを代用してランタンを作るのが一般的になったのです。

ハロウィンのシンボルのかぼちゃランタンの作り方

かぼちゃのランタン作りは難しそうだと思われがちですが、作り方はシンプルです。
それでは簡単な作り方を紹介しますね。

かぼちゃの中身を取り出して、かぼちゃに顔を書き切り抜くだけです。
ぜひ、子供と挑戦してみましょう。

オレンジ色のハロウィンかぼちゃは、ハロウィンの時期が近づいて来ると、ホームセンターや花屋さん、ネットショップなど販売します。

用意するもの

かぼちゃ
ナイフ(刃の薄いものの方がやりやすい)
スプーン
マジックペン
ビニールの手袋
新聞紙
ゴミ袋

作り方の手順

1.かぼちゃに顔の下書きをします。
かぼちゃの表面に、思い思いのデザインをマジックで書きましょう。

2.かぼちゃのお尻を切り抜きます。
かぼちゃのお尻を丸くカットします。
中から種を取リ出すので手が入るように円に切り抜くと丁度いいです。

丸くカットしたものも最後に使用しますので捨てないでください。

3.かぼちゃの種をキレイに取り出します。
中の種と身をスプーンを使って取り出し、細かい部分はビニールの手袋をして手で取ります。
ここで、皮が薄くなるくらい削ると長持ちします。

4、かぼちゃに切り込みをいれます。
マジックで書いたかぼちゃの顔を切り抜いていきます。
大きなパーツからナイフでゆっくりカットし、コツをつかんでから、細かいパーツを切り抜きましょう。

マジックで書いた線よりも小さくくり抜いてから、後でマジックの跡が残らないようにナイフで調整した方がキレイに仕上がり失敗しません。

5.ハロウィンかぼちゃの顔を切り抜きます。
輪郭に切り込みを入れたら、かぼちゃの内側から指で押し、パーツを取り出しましょう。

取り出せない場合は無理に抜こうとしないで、もう一度ナイフで切り込みをしっかり入れてみましょう。

 

 

6.かぼちゃを乾燥させます。
全て顔のパーツを切り抜いたら、風通しの良いところで乾燥させましょう。

7.中にろうそくを立てたら、ハロウィンのシンボルのかぼちゃランタンの完成です。

ハロウィンのシンボルかぼちゃランタンの保存方法

ハロウィンかぼちゃはオレンジ色をしていても生ものです。

顔のパーツをカットしていないハロウィンかぼちゃの場合は、固い皮に覆われているので1ヶ月ほど日持ちしますが、カットしてしまうと3~4日ほどで腐り始めます

なので、ハロウィンかぼちゃのカットはハロウィン直前にしましょう。
前もって準備をしておこうと考えてもそれはできません。

しかし、親子で一緒に作ったかぼちゃのランタンは、出来ればGood Luckなサンクスギビングデーまでを目標にぜひ長持ちさせたいですよね。

そこで、ハロウィンかぼちゃを日持ちさせるポイントについて紹介します。

ハロウィンかぼちゃを日持ちさせるポイント

ハロウィンかぼちゃをカットするまで

・ハロウィン直前まではカットしないで、マジックで顔を描いてかぼちゃをそのまま飾って楽しみます。
これだけでもハロウィンの雰囲気を長く楽しむことが出来ますね。

・傷がつくとそこから腐り始めるので、傷を付けないように注意して保管します。

・鮮やかなかぼちゃのオレンジ色が抜けてしまわないよう、直射日光に当てないように気をつけましょう。

ハロウィンかぼちゃをカットした後

・ハロウィンかぼちゃの最大の敵は水分です。
カビたり腐ったりしないように、しっかり乾燥させます。

・かぼちゃの種やワタをしっかりと取り除き、できるだけ実を削ります。

・新聞紙や布などで内面の水気をしっかり吸い取ったら、風通しの良い所で十分に乾燥させます。

・菌の繁殖も大敵です。
漂白剤を薄めた液をかぼちゃにスプレーすると長持ちします。

まとめ

今年の10月31日のハロウィンにはかぼちゃランタンを子供と一緒に作りながら、ジャックのように人をだましてはいけないことを子供にお話ししてみませんか。

仮装して楽しむだけでなく、親子で有意義な時間を過ごし楽しいハロウィンを迎えるのも良いのではないでしょうか。