最近スーパーで良く見かける「ズッキーニ」というおしゃれな名前の野菜。

キュウリが育ち過ぎちゃったようにも見えるけれど、表面はツルツルしているけれど、なんと「かぼちゃの仲間」です。

おしゃれに料理に使ってみたいこのズッキーニはどうやって食べたらいいのでしょう。

生で食べられるのでしょうか?
皮はむくのでしょうか?

そこで、かぼちゃの仲間なのに生でたべられて、皮をむかなくても大丈夫なズッキーニの食べ方と、おすすめの調理方法を紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

ズッキーニの食べ方 そのまま生で食べられる?

ズッキーニは油ととても相性が良く、甘くとろとろ柔らかくなる夏野菜です。

このように加熱料理が主流というイメージが大きいズッキーニです。
かぼちゃの仲間」と聞くと余計にそう思えますね。

しかし、このズッキーニは「生で食べられます。

そして、加熱料理した時に負けないくらい、生で食べても美味しいのです。

ズッキーニの生のおすすめの食べ方

それでは、ズッキーニの生のおすすめの食べ方を紹介します。

ズッキーニを薄くスライスして軽く塩をふります。
5分~10分程度置いて、水分をギュッとしぼって、サラダや和え物に仕上げてみましょう。

シーチキンやゆで卵との相性がいいので、マヨネーズを加えて塩コショウで味付けするのがおすすめです。

もう一品欲しいというときに便利です。

また、ハム、トマトなどとも相性抜群です。
パンにサンドしてサンドイッチにすると子供たちも違和感なく食べてくれます。

そして、温野菜サラダとしてもおすすめです。
冷蔵庫の中の夏野菜と一緒に、レンジでチンしてオリーブオイルと塩をかけてさっぱりとおしゃれに食べるのもいいでしょう。

 

こちらの記事も参考にしてください。
べジヌードルとはどんなもの?むいている野菜と簡単な作り方
 

ただ、ズッキーニを生で食べることにまだ慣れていない方も多いので、「生では無理でしょう。」とか「お腹を壊したらどうするの?」思う方もいらっしゃるでしょう。

判断は人によって違うので、あなたの判断でお願いします。

しかし、一度試してみてください。
意外にはまるかもしれません。

 

ちなみに私は生で食べてみましたが全然大丈夫、違和感などありません。
家族全員で食べられる、食パンに挟んでサンドイッチにするか、ロールパンに挟んで食べるか、この食べ方で美味しくいただいています。

ズッキーニの食べ方 皮はむくの?

ズッキーニを調理するときに皮はむいたらいいのか、キュウリのようにそのままでもいいのか迷うところです。

ツルツルした皮を見ると大丈夫そうな気もします。
でも、かぼちゃの仲間と聞くと、あの濃い緑色がやけに硬そうな感じにも思えてます。

実際ズッキーニの皮は、むいてもむかなくてもどっちでも大丈夫です。

新鮮なズッキーニなら皮も柔らかいので、皮はむかないでそのままで大丈夫、美味しく食べることができます。

でも皮が気になる場合はむいて調理しましょう。

 

ちなみに私はどうしているかというと、
基本的に、加熱料理するときは皮はむかないでつけたままです。
生で食べる時は、何も考えず皮をむいて調理していました。

でもよく考えると、皮が付いていた方が色合いもきれいだし、丸ごと全部食べたほうが栄養のバランス的にもいいので、これからは生の場合も皮つきのまま調理し食べてみようと思います。(全部残さなくても、縦にとこをどころ皮をむくのがベストかも)

ズッキーニの食べ方 おすすめの調理法

見た目は大きいでき過ぎたキュウリですが、そもそもズッキーニは「かぼちゃの仲間」です。

ズッキーニの実の色は、緑色をよく見かけますが黄色もあります。
また、実だけでなく花も食べることができて、フランスやイタリア料理によく使われています。

フランスやイタリア料理と聞き、「ズッキーニ」というおしゃれな名前に納得です。

ズッキーニはどのように調理し食べるのがおすすめなのでしょう。

ズッキーニは見た目はキュウリですが、歯ごたえが「なす」に似ています。
だから、油ととっても相性抜群な食材です。

油で揚げたり、炒めたりすることで、香りが出てとっても美味しくなります。
このことからも、煮込み料理をするときには、先に軽く油で炒めてから煮込むのがおすすめです。

 

こちらの記事も参考にしてください。
ズッキーニの栄養と効能 低カロリー低糖質野菜の簡単おすすめレシピ

加熱料理と言っても色々あるので、もう少し具体的に紹介します。

 

焼く

ズッキーニを焼く時は、歯触りが残る程度に焼き過ぎない事がポイントです。

薄くスライスしてさっと焼き、オリーブオイルやバターと軽く絡めましょう。

揚げる

ズッキーニは、かぼちゃの仲間なのでかぼちゃと同じ扱いにします。

フライや天ぷらなどの揚げ物にしてみましょう。

煮物

ズッキーニは、トマトで煮たカポナータやラダトイユが有名といわれています。

私は、このハイカラな名前のものは食べたことはありませんが、トマトと一緒に煮ると確かに美味しいので、家庭で良くする煮物はトマトの缶詰を使ってパスタソースをつくります。

また、夏野菜カレーの具にも相性抜群です。

それと意外の美味しいのが味噌汁の具です。
お味噌との相性もいいのです

ピクルス

ズッキーニを生のまま、酢漬けにしてピクルスにするのもおすすめです。

器として使う

ズッキーニの中をくりぬいて、器として中に詰め物をしてオーブンで焼いたり、揚げたりします。
中身はもちろんですが、器のズッキーニも食べることが出来るのでお得感あるし、おしゃれだし、お皿を洗わなくてもいいし、一石三鳥です。

まとめ

夏野菜のズッキーニは洋風野菜です。

実の味があっさりめなので、ホワイトソースやチーズ、お肉系などのコクのあるものと合わせるとおいしさが引き立ちます。

しかし、和食に使うお味噌とも相性も良く、さっぱりとサラダでも美味しいです。

今年は、嬉しい栄養成分を含んだズッキーニを使ってお料理のレパートリーを増やし、暑い夏を乗り切りましょう。