だるまを購入したら、その後どうしたら良いのでしょう。

まず目入れですが、いつ、左右どちらに入れるのが正解なのでしょう。

また、置き場所や供養方法に決まりはあるのでしょうか?
願いがかなわなかったら片方の目は入れないまま供養するのでしょうか?

そこで、だるまの目入れのタイミングや入れ方、置き場所と供養方法を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

だるまの目入れはいつ左右どちらから入れる?

だるまは願掛けの縁起物としてとても人気がありますが、購入時には通常「目」が入っていない「目なしだるま」ですよね。

このだるまの目をいつ、左右どちらから入れたら良いのか、買った後に迷っている人はいませんか?

だるまの目入れはいつどんなタイミングにする?

だるまの目入れについては、「この日に入れなければいけない!」という決まりはありませんから安心してくださいね。

だるまの目入れは、願掛けの意味で片目に目を入れ(開眼)をするのです。
そして、願い事が叶ったらもう片方の目に目入れをして、両目を完成させる(満願)という意味があるのです。

 

このように、「だるま」は願掛けの縁起物です。
願を掛けないでただ目だけを入れたのでは、だるま本来の意味がなくこれでは残念ですよね。

だるまの目入れをするタイミングは、「願い事をするとき」ならいつでもOKということです。

だるまの目入れは左右どちらから?

だるまの目は左右どちらから入れるのが正解なのか紹介しますね。

一般的には、初めに願い事をする時に向かって右目に入れ、願い事が叶った時に向かって左目に入れ両眼を完成させます。

ただ、選挙の場合には、初めに向かって左目に入れ、当選して向かって右目に入れ両眼を完成させるそうです。

 

だるまの目の入れについて、一説には密教の「阿吽」からきていると言われています。

阿吽の「阿」はすべての始まり、「吽」は終わりを示しています。
「阿吽」で宇宙のすべてを表しているのです。

 

向かって右目から入れるというのは、陰陽五行からきています。
だるまの赤は火をあらわし、火は南の方位を示します。
陰陽五行では、東より物事が生まれ西で無くなると言われていて、だるまを南に向けた場合、東が向かって右目、西が向かって左目の方向を示しているからと言われています。

 

しかし、目入れについての明確な決まりはないようです。
この目入れは、ただ単に無い目玉を描き入れるというのではなくて、「心の目の開眼・入魂を表現」するということのようです。

 

中には一般的な目入れと違うところもあるので紹介します。

あなたが購入しただるまは左右どちらから目入れをしたら良いのか確認してみましょう。

高崎だるま(上州だるま)

「上州だるま」とも呼ばれる群馬県高崎市の「高崎だるま」は、全国生産の80%のシェアをもちなんと170万個を生産しています。

初めに向かって右目に入れ、願いが叶った時に向かって左目に入れ両眼を完成させます。

越谷だるま(武州だるま)

「武州だるま」とも呼ばれる埼玉県越谷市の「越谷だるま」は、色白で鼻高、福福しいという特徴があり、年間約40万個のだるまが生産され、川崎大師や柴又帝釈天など関東一円をはじめ全国に出荷されています。

初めに向かって右目に入れ、願いが叶った時に向かって左目に入れ両眼を完成させます。

相州だるま

「相州だるま」は神奈川県平塚市で生産されています。

初めに向かって右目に入れ、願いが叶った時に向かって左目に入れ両眼を完成させます。

※選挙のときは
初めに向かって左目に入れ、願いが叶った時に向かって右目に入れ両眼を完成させます。

伊豆の達磨寺

・願掛けが、商売繁昌、家内安全、健康祈願、学業成就、厄除祈願、安産祈願、交通安全の場合
初めから左右入れて両眼を完成させます。

・願掛けが、病気平癒、合格祈願、就職祈願、良縁祈願、選挙当選の場合
初めに向かって左目に入れ、願いが叶った時に向かって右目に入れ両眼を完成させます。

 

だるまの置き場所はどこがいいの?

だるまの置き場所については、特に決まりはありません

昔は、神棚の「向かって右側」に安置していたようです。
しかし、現在では家庭内環境が昔と非常に変わったこともあり、設置場所を神棚と限定する決まりは無くなりました。

ただ、決まりはありませんが、次の点に気をつけて設置するのが良いとされています。

・家族みんなの目に付きやすい場所(床の間・家具の上など)に置く。

・合格祈願のだるまは、勉強机の上に置く

・設置の向きは、南から東の方角に「だるま」の顔が向くように置くとさらに良い。

だるまの供養方法と願いが叶わなかった時の片眼はどうするの?

1年後のだるまの供養方法と願いが叶わなかった時に片眼はどのようにしたら良いのか紹介します。

だるまの供養方法

縁起物の「だるま」のご利益の期限は1年間と言われています。

・願が叶った「だるま」の供養ですが、地元で「どんど焼き」の風習がある場合は、そこでお焚きあげをしていただきましょう。

・新しいだるまを「だるま市」で購入する時に持って行き、「だるま納め所」に納めさせて頂きましょう。

・上記の2つに該当しない場合は、近くの「お寺」に納めさせて頂きましょう。

 

しかし、どんど焼きない、だるま市にも行く予定もない、納めさせていただくお寺もない場合は、近くの「神社」問い合わせてみましょう。
ただ「だるま」は、仏教の僧侶である「達磨大師」をモチーフに作られた置物なので、出来ればお寺に納める方が良いと言われています。

「だるま」は祀っていた縁起物なので、決して粗末に扱わないようにしましょうね。

 

願いごとが叶った場合は、翌年、一回り大きなだるまにすると良いと一般的には言われています。

願い事が叶わなかった時の供養方法

願い事が叶わなかった時、「片目のまま供養するのか?」それとも「願い事が叶わなくても両眼を完成させてから供養してもいいのか?」悩んでしまいますよね。

もしも願い事が叶わなかったしても、翌年の福を願って両眼を完成させましょう。
願い事を叶えようと精一杯努力していたあなたをだるまは見守っていてくれていたのですから、願いが叶った時と同様の供養をしましょう。

 

そして区切りとして、新しいだるまを購入して新たな願いを込めましょう。
この時、だるまは同じサイズのものを購入するのが良いようです。

まとめ

だるまの目入れをするタイミングは、願い事をするときならいつでもOKです。

一般的に目入れは、初めに向かって右目に入れ、願いが叶った時に向かって左目を入れ両眼を完成させます。
ただ、中には一般的な目入れと違うところもあるので確認しましょう。

設置場所は家族みんなの目に付きやすいリビングなどがおすすめです。
合格祈願の場合は机の上がベストポジションです。

こちらの記事も参考にしてください。
どんど焼の意味や由来 何を焼くの?団子の作り方や食べ方

最後に、「だるま」は祀っていた縁起物なので、決して粗末に扱わないようにしましょう。