「子供の卒業式や入学式に着ていく服にコサージュは必要なの?」と迷っているお母さんは少なくありません。

シンプルにカッコ良く決めたいという気持ちはわかりますが、式典に参加するのですから黒やグレー、ネイビーなどのシックな服ではちょっと雰囲気が暗いですよね。

やはり子供の特別な晴れの日にはコサージュで華やかさを演出しましょう。

そこで、卒業式や入学式に母親の服につけるコサージュに相応しい素材や色、NGの色、つける位置について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

卒業式や入学式で母親の服につけるコサージュは必要?

子供の卒業式や入学式に、お母さんは必ず「コサージュをつけましょう。」などというものではないし、もちろんそんな決まりもありません。

でも卒業式や入学式の時期が近づいてくると、デパートなどの婦人服売り場や小物、アクセサリーコーナーには数々のコサージュがところ狭しと並びますよね。
何故なのか疑問に思うお母さんは多いでしょう。

それは、卒業式や入学式は学校行事の中でも特別な日、式典だからです。

 

特に最近の卒業式などは、黒やグレー、ネイビーなどのシックなスーツやワンピースで参加する母親が多いので、華やかなはずの式典がややもすると就活生の集まりのようで、ちょっと暗い雰囲気になってしまいます。
そこで、コサージュをつけて華やかさを演出し、式典に相応しく装うのです。

コサージュは華やかさと女性らしい美しさを演出してくれる、意味のある素晴らしいアクセサリーアイテムなのです。

 

でも、「コサージュなんて恥ずかしい、カッコ悪い。」などと抵抗があってつけたくないのであれば、つけなくてもOKなアイテムです。
必須マナーではありませんからね。

でも、それってもしかして、昔、あなたのお母さんがコサージュをつけていた頃のイメージが強くあなたのどこかに残っていて、「おばさんぽくってイヤだわ! なんだか古臭い。」という理由だったとしたら、もう一度考え直してみましょう。

今のコサージュは昔のダサいと感じるような物ではありませんよ。
デパートなどの洋服売り場やアクセサリーコーナーをじっくり見てみると、ビックリしてしまうほど最近のコサージュは素敵ですよ。
色合いも種類もどれを選んだらいいのか迷ってしまうくらいです。

だからコサージュをつけただけで、顔写りも明るくなるので、肌も綺麗に見せてくれます。
つけないことを選択するよりは、つけた方が絶対に素敵です。

 

ちなみに、「コサージュではなくて、スカーフではだめなのかしら?」と思われる人も多いです。
しかし残念なことに、スカーフはフォーマルの服装マナーではカジュアルアイテムなのです。

キャビンアテンダント(CA)の方がブラウスの襟元に巻いていたり、企業パビリオンのコンパニオンの方も首元に巻いていますよね。
このようにスカーフは仕事着扱いになってしまうので注意しましょう

卒業式や入学式で母親の服につけるコサージュに相応しい色は?

卒業式や入学式にどのような色のコサージュが相応しいのか紹介します。

卒業式では

卒業式には黒やグレー濃紺などのダーク系のスーツやワンピースを着る母親がほとんどです。

このようなダーク系の洋服に濃い色のコサージュは控えたほうが良いでしょう。
ダーク系の洋服に濃い色のコサージュは、しつこくなり過ぎてしまい、夜の会合や催しの席の服装に見えてしまう可能性がありますよ。

やはり卒業式は品良く決めましょう。

卒業式の服装に合わせるコサージュの色は明るめの色合いがおすすめです。

入学式では

入学式には、春を感じさせるような明るい色のスーツやワンピースを着る方も多いです。
この場合コサージュの色は、洋服の色に合わせて全体のバランスが崩れないようにコサージュの色をしましょう。

入学式にダーク系のスーツやワンピースを選んだ場合は、前述した「卒業式では」を参考にしてください。

やはり入学式も卒業式同様品よく、そして季節柄爽やかにきめましょう。

卒業式や入学式におすすめのコサージュ色

・白(ホワイト)またはオフホワイト

・ベージュ

・薄いピンク

・サーモンピンク

・薄いブルー

・白に近いシルバー

・薄いパープル

 

どんな色のスーツやワンピースでも合わせやすい色は、ピンク系やイエロー系です。
さくら色やサーモンピンクは一番無難な色といわれています。

卒業式や入学式にNGのコサージュの色

・赤

・黒

・濃いパープル

・ボルドー

・濃い青

・茶色

 

また、キラキラ系のビジューなどがあしらわれたコサージュも派手に見られるためNGとされているので気をつけましょう。

卒業式や入学式で母親の服につけるコサージュの位置は?

卒業式や入学式で母親の服につけるコサージュの位置ですが、ほとんどの方が左側につけているようですが、「左右どちらに付ける」という決まりはありません。
当日の髪型なども考え、鏡を見て左右どちらが自分にしっくりくるかで決めましょう。

 

ちなみに、
私は髪の毛が長く、束ねた髪を左側に持ってくることが多いので、コサージュやブローチは右側がほとんどです。

 

左右どちらにつけるか決まったら、どの位置がバランスが良いか鏡の前で実際につけてみましょう。

私の経験上、胸の上で鎖骨の高さ辺りにつけるのが一番キレイに見えるような気がします。
この部分につけると見る人の視線の集まる位置が高くなってくるので、あなたの顔がより縦長シャープなラインに見えるはずです。

 

また、ジャケットなどにつける場合は、襟の二段目のところにつけるのがおすすめです。
しかし襟がちいさい場合は、無理に襟にはつけずにちょうど胸の上、鎖骨あたりにくるようにつけてあげましょう。

 

そして、薄い生地(ジョーゼットのような)のブラウスやワンピースにつける場合は、穴が開いちゃうんじゃないかとビクビクしちゃいますが、裏にあて布をして洋服が傷むのを防ぎましょう。

 

また、コサージュをつける上下の向きですが、これについても特に決まりはないのでバランスをみて自由につけてOKです。

 

コサージュによってですが、小さな小花をたくさんたまとめたデザインで茎がポイントになっているようなら、茎をを上にしてつけるのも素敵ですよ。

まとめ

卒業式や入学式で母親が着る洋にコサージュはをつけることで、着物に負けない華やかさと女性らしい美しさを演出できます。

お洋服の色とコサージュのバランスはとても大切なので、購入する際はお洋服を持って行き、鏡の前で合わせながらベストなコサージュを見つけましょう。

こちらの記事も参考にしてください。
卒業式の母親のバッグ色や大きさ フォーマルバッグやブランド物でいい?

胸の上で鎖骨あたり高さにつけることで、見る人の視線の集まる位置が高くなってくるので、あなたのお顔がより縦長シャープなラインに見えること間違いありません。