子供の卒業式や入学式に持つバッグ選びで悩んでいる母親は多いようです。

卒業式や入学式に相応しいバッグの色や大きさに決まりはあるのでしょうか。
慶弔用のフォーマルバッグや有名ブランドのバッグを持つことは有りなのか、無しなのか気になりますよね。

そこで、卒業式や入学式に相応しい、母親が持つバックについて紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

卒業式や入学式に母親が持つバックの色は?

卒業式や入学式に母親が持つバッグに色の決まりはありません。

しかし黒や茶系、ベージュなど、何色の洋服でも合わせやすい色のほうが、ワンピースやスーツを買い替えた時にもにも使えるので便利です。

合わせやすい色の中でも一番無難なのは黒ですが、洋服の色合いによっては注意が必要です。

ダーク系のワンピースやスーツの場合

特に卒業式の場合はダーク系(黒、ネイビー、グレーなど)のワンピースやスーツを選んでいる場合が多いので、黒いバッグではどうしても雰囲気が暗くなってしまいますね。
靴も黒だったりすると、喪服に間違われてしまいます。

卒業式や入学式もおめでたい式典です。

ダーク系のワンピースやスーツを選んだ場合は、ベージュや茶系のバッグ、または黒のバッグにバッグ専用のアクセサリー(チャーム)やコサージュなどをつけてで華やかにしましょう。
大きなものでなく、カジュアルになり過ぎないよう小ぶりな品のあるものを選んでくださいね。

明るめの色のワンピースやスーツの場合

入学式などに、パステル系(オフホワイト、ベージュなど)の明るめの色のワンピースやスーツを選んだ場合、バッグの色もパステル系にしてしまうと、全体がぼやけて見えてしまいスッキリしないと感じる場合もあります。

このような時は、スーツと違う色の茶系や黒のバッグを持ってきてメリハリをつけ、スッキリと全体引き締めましょう。

 

バッグを持ち当日着ていく洋服を着て、必ず全体を鏡で写してチェックしましょう。
この時、「バッグが浮いているかな?」と気になるときは、バッグと靴の色を合わせることでバッグだけが浮くこともなくなり問題は解決します。

 

このようなことから、バッグの色は「黒、茶系、ベージュ」から選べば間違いないでしょう。

卒業式や入学式に母親が持つバックの大きさは?

卒業式や入学式に出席する場合、母親は意外と荷物多くなります。

財布、スマホ、ハンカチ、ティッシュ、女性として身だしなみを整えるためのポーチ、デジカメ、ビデオカメラなど、またスリッパを持参の学校も多いですよね。

しかし、これらが全部入るような大きめのバッグは卒業式や入学式にふさわしくありません

A4サイズが入るようなトートバッグでは就活生のようです。
カジュアルになり過ぎですよね。

 

卒業式や入学式は式典ですので、小さめのバッグが良いでしょう。
小さめと言ってもパーティに持つような、中に何も入らないようなものではありません。

大きさとしては、財布、スマホ、ハンカチ、ティッシュなど必要最低限が入る程度が理想です。

サブバッグを活用しよう

「えっ? 他の物はどうするの?」ですよね。
その他のポーチ、デジカメ、ビデオカメラ、スリッパなどはサブバッグに入れるようにしましょう。

 

サブバッグを紙袋で代用する人もいますが、紙袋はおすすめできません
紙袋はガサガサと音がします。
やはり、落ち着いた色の使いまわしのきくシンプルなデザインのトートバックや、折りたたみができるおしゃれなエコバックがたくさんあるのでこれらを選びきちんと感を出しましょう。

 

サブバッグは卒業式や入学式以外にも非常に活躍します。
新しく買いそろえても無駄にはならないでしょう。

 

「母親のバッグなんて誰も気にしてないんじゃないの?」、「主役は子供でしょ。」と言う人もいます。
しかしそうでしょうか?
やはり気にする人は気にします。
格好や持ち物でどういった人か判断される可能性だってあるのです。

 

卒業式や入学式は式典です。
きちんとした場では、きちんとしたバッグで出席しましょう。

卒業式や入学式に母親が持つバックがフォーマルバックやブランド物でもいいの?

卒園式や入学式に母親が持つバックが慶弔用のフォーマルバックや有名なブランド物のバッグでも大丈夫なのか悩んでいる母親は多いのではないでしょうか。
慶弔用のフォーマルバックと有名ブランドのバッグそれぞれについて紹介します。

慶弔用のフォーマルバックの場合

フォーマルバックというと、弔事の印象が強いですよね。

しかし、フォーマルバックは慶弔用、弔事専用のものではないので卒業式や入学式に十分使用できます

ただし、黒のスーツに真っ黒なフォーマルバックでは、それこそ不幸があったように見えてしまうので、前述した通り、バッグ専用のアクセサリー(チャーム)や上品なコサージュなどで華やかにし、フォーマルバッグを明るい印象にしましょう。

 

フォーマルバッグは基本シンプルです。
使い方次第でデザインを変化させることができるので、うまく使いこなしましょう。

有名ブランドのバックの場合

有名ブランドのバッグはお値段が高いこともあって、きちんとしたイメージがあると考えている人もいますよね。

しかし、モノグラムやブランドのロゴがプリントされているものは、たとえお値段が高くてもあくまで普段使いなのです。

そして、大きなブランドのロゴ入りのバッグを卒業式や入学式に持つのは、「自慢しているようにしか見えない。」と感じられてしまう可能性があります。

 

卒園式や入学式のような場では、その場に相応しいバッグを持っていくほうが好感が持たれるでしょう。
周囲と合わせることも母親として重要なことです。

 

もしどうしても有名ブランドバッグを持ちたいのであれば、ケリー型のような小さめなで目立ち過ぎないさりげないものを持っていきましょう。
もちろんショルダーバッグではなく、ハンドバッグにしましょう。

まとめ

卒業式や入学式の服装で、小物のバッグ選びは重要です。

こちらの記事も参考にしてください。
卒業式で母親の服につけるコサージュは必要?色や位置に決まりはある?

バッグの色は「黒、茶系、ベージュ」から選べば間違いありません。
有名ブランドのバッグは控えて、フォーマルバッグをうまく活用するのも良いでしょう。

大きさは、財布、スマホ、ハンカチ、ティッシュなど必要最低限が入る程度が理想です。

ポーチ、デジカメ、ビデオカメラ、スリッパなどを紙袋に入れるのはおすすめできません。
トートバックやエコバッグを用意しましょう。