バーベキューを計画して、一番悩むのは食材とその分量ではないでしょうか。
参加人数が多いと見当がつきませんよね。

足りなくても困るし、余ってしまったらこれもまた大変です。

また、デザートも用意した方が良いのでしょうか?

そこで、バーベキューの定番のおすすめ食材と目安となる分量、手軽でおいしいデサートについて紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

バーベキューの定番のおすすめ食材は?

バーベキューには外せない、なくてはならない定番のおすすめ食材を紹介します。

肉類

・牛肉
そのまま焼いてつけだれで食べるのが一般的です。
ステーキ肉だったら塩コショウでシンプルに食べるのがおすすめです。

 

・豚肉
スペアリブは30分以上たれに漬け込んでおきましょう。

 

・鶏肉
串にさして焼き鳥にすると食べやすく、焼肉のたれにつけて食べるのもおすすめです。

 

・ウインナー
焦げやすいのでじっくり中火で焼きましょう。

魚介類

・エビ
殻のまま焼きましょう。
香ばしくて美味しく、見た目も豪華で最高です。
味付けは塩コショウでいただきましょう。

 

・イカ
食べやすくカットして、たれに付け込んでおきましょう。
丸焼きする場合は、はらわたと軟骨は取ってから焼きましょう。

 

・ホタテ
殻付きを選びそのまま器代わりにして、しょうゆとバターで食べましょう。

 

・サーモン
野菜と一緒にアルミホイルにつつんで蒸し焼きで食べましょう。

 

・白身魚
サーモンと同様に、野菜と一緒にアルミホイルにつつんで蒸し焼きで食べましょう。

野菜類

野菜は、焼くものと、焼かないものを分けて考えます。

焼く野菜

焼く野菜は、次の通りです。

・トマト
・玉ねぎ
・イモ類
・キノコ
・とうもろこし
・ズッキー二
・にんにく など

 

◇ホイルで蒸し焼きにする

アルミホイルの上に、スライスした玉ねぎやきのこを乗せ、塩、こしょう、バター、しょうゆなどで味付けします。
アルミホイルに穴が開かないように包んだら、15分から20分程度焼き網の上にのせ、野菜に火が通れば完成です。
ここにお好みで、サーモンや白身魚を一緒に入れてもおいしいです。

にんにくはアルミホイルで包んでホクホクに蒸し焼きにしましょう。
オリーブオイルで煮詰めるのも美味しいです。

 

◇ホイルで直火焼きにする

じゃがいもやさつまいも、玉ねぎは皮付きのまま、丸ごとアルミホイルでくるみ、30分ほど炭の中に入れます。
火が通ったのを確認し、お好みの調味料で食べましょう。

・じゃがいもはじゃがバターにして食べましょう。

・さつまいもは、そのまま焼き芋が甘くて最高です。

・とうもろこしは、事前にゆでておくと焼き時間短縮になります。
生の時は、皮をつけたまま丸焼きしましょう。

・アスパラはオリーブオイルを塗って、塩コショウで食べましょう。

・トマトは、横に半分にカットまたは丸ごと焼きトマトが甘くて美味しいです。

・ズッキー二は肉と一緒に串焼きにして食べるのが断然美味しくておすすめです。

焼かない野菜

焼かない野菜は次の通りです。

・きゅうり
・大根
・セロリ
・レタス
・サンチュ など

炭の火力が安定するまでの、前菜に使用します。

きゅうりや大根をスティック状に切り、マヨネーズなどでディップし、レタスやサンチュはサラダにしたり、肉を包んで食べる時に使いましょう。

その他

・焼きおにぎり(冷凍でもOK。)
・焼きそば
・焼きうどん
・マシュマロ(デザートに)
・フルーツ(りんご・バナナはデザートに)

調味料

・焼肉のたれ
・塩
・コショウ
・レモン汁
・しょうゆ
・酢
・オリーブオイル
・マヨネーズ

バーベキュー定番の食材 分量の目安は?

参加人数が多くなればなるほど分からなくなるのが食材の分量です。
なるべく残さないように調達しましょう。

それでは、分量の目安を紹介します。

一般的には、男性は300g女性は200gぐらいがちょうど良いと言われています。
しかし、この分量の全てを肉にするようなことは控えましょう

 

バーベキューといえば肉ですよね。
その気持ちはよくわかりますが、参加者の中には、肉より魚や野菜派の人がいるかもしれません。

また、いくら好きでも肉ばかりが続くと飽きがきてしまうので、肉以外の食材も適度に準備することをおすすめします。

 

次のようなメニュー構成が鉄板です。

肉類 + シーフード + 野菜 + 締めの一品 + デザート

このようなメニュー構成にしておけば、好き嫌い多い人が参加者がいても安心です。
バーベキューを楽しんで食べてもらえること間違いありません。

肉の分量

肉の分量は  200g × 大人の人数 + 100g × 子供の人数

この肉の分量にハムやソーセージなどの肉類も含みます
ただ、男性が多い場合やお酒より食べるのがメインという場合には、お好みで増量してください。

 

おすすめはソーセージを多めに用意することです。
すぐに焼けるソーセージを多めに用意して、他の食材が焼けるまでのつなぎにするのです。

ビールのつまみになるし、お子さんは大好きなので、大人向けの辛いソーセージや子供向けの小さ目サイズを用意するといいでしょう。

魚介類の分量

魚介類の分量は  50g × 大人の人数

ちょっと少な目に感じるかもしれませんが、魚介類は肉類に比べて焼くのに時間がかかります。
焼き網が大きな場合は、もう少し増やしてもいいでしょう。

ただ、ホタテなどのような1人1個ベースのものは、人数分用意しましょう。

野菜の分量

野菜の分量は  焼き網の大きさで違ってきます。(40cm × 30cmの焼き網で、6~7人程度
10人で40cm × 30cmの焼き網が2台あれば余裕です。

焼き網サイズが足りない場合

焼き網サイズ小さすぎて足りない場合を紹介します。

網を買い足す必要はありません。

焼き野菜の量を減らし焼かない野菜を増やして、網の狭さをカバーしちゃいましょう。

基本的な野菜の分量

基本的な野菜の量は下記の野菜を目安にしましょう。
下記の野菜 × 大人の人数 となります。

・きゅうりなどのスティック野菜は、1人3、4本を目安に準備しましょう。
・トマト 1/4個
・じゃがいも 1/4個
・たまねぎ 1/5個
・きのこ 1/3パック
・さつまいも(中)1/6個
・とうもろこし1/2本

その他の野菜は適量を用意し残った場合は締めの一品で使い切っちゃいましょう。

締めの一品の分量

締めの一品の分量は、焼きそばや、焼ききうどんなどは、1人前(1玉)を3人分でカウントするとちょうどいいです。
焼きおにぎりも、通常の1人前を3人で食べるくらいの量を用意するのが良いでしょう。

デザートの分量

甘党の女性やお子さんが多い場合や辛党でお酒メインの場合などでは、その時のメンバーで変わってくるのでデザートの分量はお好みでOKです。

しかし、アイスクリームやケーキなどその場で食べなければならないものは少な目に用意しましょう。

飲み物(缶ビール・缶チューハイ)の便量

お酒をよく飲む人とあまり飲まない人が半々でバーベキューに参加の場合は、次の通りがおすすめです。
缶のお酒(ビールやサワーなど)4本 × 大人の人数

 

お酒を飲む人が多い場合はもちろん増量しましょう。
また、運転する人がいる場合はノンアルコールビールを忘れずに用意しましょう。

 

ソフトドリンクは、5人で2Lペットボトル1本くらいが良いでしょう。
真夏などの暑い時期には、多めに用意しましょう。

バーベキュー 手軽にできて美味しいデザートは?

バーベキューであっても、やはりデザートは別腹です。
満足度をさらにアップしちゃいましょう。

手軽に出来て美味しいデザートを紹介します。

フルーツポンチ

参加者が大人だけの場合は、サイダーの代わりをスパークリングワインなどにするのも良いでしょう。

季節のフルーツはカットし、ミックスフルーツ缶詰と一緒にサイダーとともにボールに入れます。
4~5人分で、イチゴは1/2パック、キウィ2個、フルーツ缶詰1缶くらいが目安です。

焼きりんご

りんごに砂糖とバターを入れて焼くだけです。

りんごの切り方はアルミホイルに包むのでどんな切り方でも大丈夫ですが、横に切るのがおすすめの切り方です。
焼くときに安定します。

もう少し手間をかけられるのなら、りんごの芯を抜いてまるごと1個で焼くのが見た目もおしゃれでおすすめです。
くりぬいた所にバターと砂糖を入れ焼きあがりを待つだけです。

焼きバナナ

バナナをホイルに包んで10分~15分でOK。
普段食べるバナナより、焼くと甘さが増します。

バナナに切れ目を入れて、チョコを挟んで焼くのもおすすめです。
特に子供は大喜びです。

焼きマシュマロ

金串にマシュマロを刺しクルクル回しながら炭火で軽く焼きます。
マシュマロに焦げ目がつき、溶け出す頃が食べごろです。

私の一押しデザートは、この焼きマシュマロをビスケットにはさみます。
何個でも食べれちゃいます。

 

こちらの記事も参考にしてください。
バーベキュー(BBQ)初心者の場所選びと準備する道具や定番食材は?

まとめ

バーベキューは、屋外だからこそできる手軽で豪快な料理で楽しみましょう。

参加者みんなが満足できるようにメニューは、肉類 + シーフード + 野菜 + 締めの一品 +デザート、このメニュー構成が鉄板です。

食材が余って無駄にならないようにしっかり計画をたてて、当日を迎えましょう。