イチョウの葉っぱが黄色く色づく季節になると、美味しい銀杏(ぎんなん)が恋しくなってきます。

しかし、銀杏(ぎんなん)拾いに行ったり、お友達から頂いたりと一度にたくさん銀杏(ぎんなん)が手に入った時にはちょっと慌ててしまいますね。
いくら美味しくても大量の銀杏(ぎんなん)を一度に食べきることはできません。

銀杏殻つきの賞味期限はどのくらいなのでしょう。
殻はむいて保存するでしょうか。
それとも殻つきのままで?

そこで、銀杏の殻つきの賞味期限や簡単な殻のむき方、おすすめの冷凍保存方法と保存期間について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

銀杏殻つきの賞味期限

銀杏には硬い殻に覆われているから、中の銀杏のみは殻に守られて日持ちするのではないかと思っているかたも多いのではないでしょうか。
そのまましばらく放っておいても、長く食べられそうに見えますよね。

しかし、実際はそうではないのです。

そのまま放っておいて、常温で大丈夫な期間は約1ヶ月間です。

銀杏殻つきを1ヶ月以上そのまま放っておいた場合

1ヶ月以上そのまま放っておくと、銀杏にどのようなことが起こってくるのか紹介します。

・銀杏が乾燥して実が縮んで硬くなってきます。
・銀杏の実は通常緑色をしているのですが、黄色く変色して苦みが出てきます。
・フライパンなどで炒ったあと、銀杏の薄皮がめくれてきません
・銀杏が傷んで中から汁が出てきます。

このように、銀杏の賞味期限を長く伸ばすためには適切な保存方法が必要なのです。

こちらの記事も参考にしてください。
銀杏の栄養や効能と食べ過ぎ注意の目安の個数 あの臭いの成分は?

銀杏の殻の簡単なむき方

銀杏の保存をする前に、銀杏の殻のむき方を紹介しますので覚えましょう。

銀杏の殻は特別な道具を揃える必要はいらないので、本当に簡単に出来ます。
身の回りにある物や主婦の味方の電子レンジで簡単にむくことができるのです。

銀杏の殻むきは身の回りにある物で

準備するもの

・玄関先のコンクリート、ブロック、硬いテーブルなど
・石、かなづち、ドライバーの持ち手など

手順

玄関先のコンクリート、ブロック、硬いテーブルなどの上に、銀杏のとがってる方を上にして手で押さえ、もう一方の手で石、かなづち、ドライバーのを持ち、銀杏のとがってるところを軽く叩きましょう。

ほとんど力を入れなくても面白いように割れますが、押さえている自分の手をたたかないように注意してください。

銀杏の殻むきは電子レンジで

石、かなづち、ドライバーの持ち手などで殻をむく方法は、注意していても勢い余って自分の手や指を叩いてしまうこともなきにしもあらずなので、電子レンジがおすすめです。
電子レンジって今更だけど、とても優れものなんです。

銀杏の殻むきは茶封筒

準備するもの

茶封筒のみ

手順

1.銀杏の殻つきを10個ほど茶封筒に入れて、口を三つ折りにしてふたをしましょう。
この時、茶封筒は使用済みでもかまいません。

ただ、セロハンの窓がついたような封筒はセロハンの部分が溶け出すのでNGです。

2.茶封筒から銀杏が飛び出さないように、必ず折り目を下にして電子レンジ500Wで40~50秒加熱しましょう。
ただ、レンジのワット数の違いや銀杏の量などで加熱時間が異なってくるので、様子をみながら行いましょう。

3.ポンポンと音を出しながら殻がはじけます。
ポンポンとはじける音が1~2回するのを目安にして、茶封筒の中の様子を見てみましょう。

 

ここで、銀杏のはじけるポンポンという音が怖い人は、茶封筒に入れる前にペンチやキッチンバサミで、銀杏に少しひびを入れておくのがおすすめです。

加熱しすぎると、固くコチコチになってしまうので注意しましょう。

また電子レンジがとまっても、時間差で殻がはじけてくることもあるので、すぐに茶封筒のふたを開けないで様子をみましょう。

銀杏 おすすめの冷凍保存方法と保存期間

銀杏を美味しく食べるには、基本的に常温保存が一番適しています。

しかし、1ヶ月なんてアッというまに過ぎちゃいます。
また、美味しいとはいえ銀杏が毎日食卓にのっていたら「またぁ~」という声が家族から聞こえてきそうですよね。

そこで、銀杏の長期保存方法を紹介します。

銀杏は殻つきでも、調理した後でも、長期保存でおすすめなのは冷凍での保存方法です。

銀杏を殻つきのまま冷凍保存する方法

手順

銀杏の殻つきは、そのままフリーザーパックなどに入れて冷凍室へ入れるだけでOKです。

保存期間は約半年間です。

ただ、時間が経つと中の実が固くなる可能性があるので、なるべく早く食べきりましょう。

解凍方法

冷凍のまま電子レンジで加熱して、通常の方法で調理しましょう。

フライパンで殻付きの銀杏を炒ってしまうと、フライパンがだめになってしまう可能性があるので気を付けましょう。

銀杏を調理してから冷凍保存

銀杏は、調理してからの冷凍保存するのが一番のおすすめです。

手順

1.銀杏の殻をむきます。

2.お鍋には殻をむいた銀杏、小量の塩と水を入れてゆでます。
(この時、銀杏を転がしながら薄皮を取ってください。)

3.銀杏を水に上げ冷まします。

4。銀杏は小量をラップで小分けに包んで、フリーザーパックに平らになるように入れ、空気をしっかりと抜いて冷凍保存します。

保存期間は約1年間です。

※調理方法がゆでるのではなく、炒って殻と薄皮をむいたものも同じ方法で冷凍保存できます。

解凍方法

解凍しないで、そのまま茶碗蒸しなどに入れ調理しましょう。

まとめ

銀杏の殻つきの常温での賞味期限は1約ヶ月間です。

この銀杏の賞味期限を先に伸ばすためには冷凍保存がおすすめです。
銀杏は殻をむきゆでてから冷凍保存するのが一番いいでしょう。

殻をむくには電子レンジを利用するのが手間も時間もかからず一番簡単です。

これで今年は、銀杏が大量に手元にあっても困ることはありませんね。