乾燥肌が原因のシワは冬だけでなく汗をたくさんかく夏にも注意しなければいけません。
北風、暖房、冷房、紫外線、生活習慣などさまざまな身の回りの環境が乾燥肌を作ってしまうのです。

乾燥肌からのシワを改善する方法やお肌に良いとされる食べ物や化粧品についてお伝えします。

シワを改善して若々しいお肌を取り戻しましょう。

乾燥肌からのシワの改善方法

乾燥肌からのシワには保湿が一番重要です。

部屋の湿度を保つ

部屋の湿度を保つ必要があります。

これは冬だけではありませんよ。

湿度が低くなるのは冬場だというイメージがありますよね。
確かに夏はジメジメするほど湿度が高いです。
しかし、それは室外のことです。

近年の夏は酷暑です。
お部屋の中にいても熱中症になってしまうので、必ずどこの家でも朝からエアコンをつけています。
もちろん職場はさらに快適にでしょう。

しかし、このエアコンを使った快適なお部屋の中はお肌には良くない環境なのです。

湿度計を見るとそれはハッキリとわかります。
お部屋の中は冷やし過ぎていませんか? 湿度は50%を切っていませんか?

お肌のために、お部屋の湿度は50%を切らないように心がけましょう。

冬は加湿器を使用する家庭は多いですが、夏の場合はコップに水を入れて部屋の何ヶ所かに置いておくと良いでしょう。

入浴でリラックスする

入浴でリラックスするの良いですよ。
乾燥している肌を潤すのに最適なのは「入浴」です。

ただし、炭酸成分・硫黄成分のある入浴剤は肌を刺激してしまうので避けましょう。
保湿効果・スキンケア効果を表示している入浴剤を使いましょう。

ラベンダーやローズなどのアロマオイルを浴室に垂らしたり、自分のお気に入りの香りでリラックスしましょう。
自分に合ったお気に入りの香りで入浴タイムを過ごすことが出来たら、眉間にシワを寄せるようなことがあった日でもストレスを解消出来ること間違いありません。

お肌に充分に水分を保湿できるのが入浴タイムです。
面倒がらずに自分を解放するための大切な時間にして、楽しみながらシワの現れた部分のマッサージなどを行いましょう。

顔の筋肉を鍛える

顔の筋肉を鍛えましょう。
乾燥肌でのダメージが進むと、お肌は角質が硬くなり弾力を失ってしまいます

このように顔の筋肉が衰えてくると、笑った時にできる小鼻から口元にかけての「ほうれい線」が癖として残ってしまいます。
これが「表情じわ」と言われるものです。

顔の筋肉を老化させないために、表情筋(顔の筋肉)を活発に動かして鍛えることも重要です。

表情ジワを気にし過ぎて、思いっきり笑うのは控えている人がいるということを聞いたことがありますがそれは誤解です。

笑い顔だけでなく、怒った時、悲しい時、感情を顔に出して筋肉全体を動かす事が、シワの予防にもなると言われています。
表情筋を鍛えることは、血行をよくし新陳代謝を正常にし乾燥肌の改善につながるのです。

乾燥肌からのシワを改善する食べ物は?

常温のお水

乾燥肌からのシワには保湿が一番なので、水分をしっかり摂ることが重要です。

ただし、冷たすぎるものは良くありません。
常温のお水を1日1リットル以上を目安に飲みましょう。

朝起きたら先ずは常温のお水を1杯。
この1杯がドロドロになっている血液をサラサラにしてくれます。

お水は食間に少しずつこまめに摂ることがポイントです。
これは夏の熱中症対策にもなりますね。

食べ物については、バランスよく規則正しく何でも食べることです。
偏食はよくありません。

コラーゲン

特にお肌に良いと言われているのが、コラーゲンです。
コラーゲンの多い食品は次の通りです。
・豚足や手羽先
・牛すじ
・すっぽん
・フカヒレ
・うなぎ
・カレイ
・鮭
・エビ など

ただ、コラーゲンの多い食べ物は即効性はあるのですが、高カロリーのものが多いので食べ過ぎには注意しましょう。

野菜・魚

コラーゲンを生成するにはビタミンCが必要なので、ビタミンCを多く含む食品も一緒に食べるようにしましょう。
季節の野菜などと組み合わせて食べるのがベストです。

抗酸化に優れた栄養素、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEを意識して摂り入れましょう。
冷たい野菜よりも温野菜にして摂る方が、ビタミンはより吸収されます。

■かさつきを抑えるビタミンA
・鶏レバー
・かぼちゃ
・春菊 など

■肌細胞を活性化させるビタミンC
・ピーマン
・カリフラワー
・ブロッコリー
・いちご など

肌乾燥が、アレルギーに伴うもの(DHA・EPA・リノレン酸を含んだ)
・サンマ
・いわし
・あじなどの青魚 など

乾燥からのシワに良い化粧品は?

乾燥からのシワに良い化粧品は、保湿成分の多い「セラミド」や「ヒアルロン酸」配合のものです。

乾燥がひどい場合

一度ひどく乾燥してしまってカサカサになった肌に保湿成分の高いものを入れようとしても効果は期待できません。
(これは実際、私が皮膚科に通っていた時に医師から言われたことです。)
医師からはワセリンを処方されました。
ワセリンやホホバオイルなどの植物オイルや馬油などでお手入れを1週間~10日程続け、肌の調子が落ち着いてきたら保湿成分の高いセラミドなどお手入れをしましょう。

潤い成分を効率的に肌にとりこむには洗顔の見直しも必要です。
お肌の汚れを取る事に集中しすぎて、肌に必要な潤いを奪ってしまっては乾燥肌改善は期待できません。

洗顔料は皮脂をとりすぎないマイルドなものを選びましょう。
熱いお湯でゴシゴシこすらない洗顔が大切です。(適度な油分も必要)

シャワーでお顔を洗い流すことも、水圧が肌に負担をかけるためおすすめできません。

まとめ

乾燥肌からのシワの改善に重要なのは一番に保湿です。

そしてバランスのいい食事に、心身のリラックスです。
ストレスを溜め込まないで、日々笑顔を絶やさない生活することを心がけましょう。

⇒ 顔に現れるシワの種類とシワを作る日常の身近な原因は?

顔に現れるシワの種類や特徴をチェックしましょう。