インスタントコーヒーをお中元やお歳暮で頂いて箱のまましまい込んで忘れてしまい、賞味期限切れなっていたという経験をされた方は多いのではないでしょうか。

インスタントコーヒーのセットが出てきた喜びもつかの間、「飲めない。」では悲しいですよね。

そこで、賞味期限切れでも未開封のインスタントコーヒーは飲めるのか、飲めないのか、飲む以外の使い道や開封後の賞味期限ぎれは飲めるのか紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

インスタントコーヒーの賞味期限切れ 未開封ならば飲めるの?

インスタントコーヒーの賞味期限は約3年です。

でも、賞味期限の3年が過ぎてしまったからと言っても、インスタントコーヒーはコーヒー液を単純に乾燥させたものなので、すぐに品質が劣化して飲めなくなってしまうということはないようです。

未開封で保存状態がよければ、賞味期限を2年ぐらい過ぎていても大丈夫と言われています。

インスタントコーヒーのビンを振ってみて、コーヒーの粉がサラサラした状態だったらOK、問題ありません。
いずれにしても、コーヒーの粉が固まっていなければ特に体には害はありませんから、安心して飲んで大丈夫です。

 

このようにインスタントコーヒーは未開封で保存状態が良ければ、かなり持ちます。

ただ、賞味期限とは味を保障している期限なので、賞味期間を過ぎても安心して飲めますが、インスタントコーヒー本来の風味や香りは落ちていると思ったほうが良いかもしれませんね。

風味や香りもまず1口飲んでから判断してみましょう。

賞味期限切れのインスタントコーヒー 飲む以外の使い道は?

インスタントコーヒーは賞味期限が切れていても、保存状態がよければ2年ぐらい大丈夫と言われても、神経質な方や、インスタントコーヒー本来の風味や香りを楽しみたいと思っている方にしてみたら、「私はやっぱりダメかも。」、「飲むのはちょっとキツイなぁ~。」と感じてしまうでしょう。

でも、「諦めてサッサと処分しょう!」とインスタントコーヒーをゴミ箱にポイ捨てするのはちょっと待ってください。

人さまから頂いたもの、このまま捨ててしまうのは申し訳ないし、勿体ないと思いませんか?

賞味期限切れのインスタントコーヒーも飲む以外の使い道が意外にたくさんあるんですよ。

それでは有効な使い道を紹介しますね。

消臭剤として

フタつきのプラスチックの容器やジャムの空き瓶などのフタに数ヶ所の穴を空けて、冷蔵庫食器棚の隅に置いておきましょう。
インスタントコーヒーの粉がしっかり臭いを取ってくれます。

また、灰皿にそのまま入れて消臭剤として使いましょう。

コーヒーの粉が湿気を含んでしまったら、レンジで「チン」すればOK。
香りも一緒に復活します。

石鹸と一緒に使用

魚の調理で生臭いにおいになった時や、油で手がベトベトになった時に、石鹸と一緒にコーヒーの粉をそのまま振りかけて手洗いましょう。
ほんのりコーヒーの香りのするキレイな手になります。

脱臭剤として

フタつきのプラスチックの容器やジャムの空き瓶などのフタ数ヶ所に穴をあけて、靴箱の隅に置いておきましょう。

インスタントコーヒーの粉が嫌な臭いを消し去ってくれます。

食品として

カレーを作る時にインスタントコーヒーを仕上げに入れるとコクが出て美味しいです。

また、コーヒーゼリーなどのお菓子に利用したり、ホームベーカリーを使ってパンを焼く場合など、牛乳と一緒に入れてカフェオレ風味の美味しいパンを作ってみましょう。

染物に

をインスタントコーヒーで染めるのも良い味わいが出て良いですよ。

用意するものと染める手順

用意するもの
・インスタントコーヒー
・牛乳
・塩
・鍋(染めたいモノが入るサイズ)

1.牛乳を水で3倍くらいに薄め、染めたい布を浸します。

2.十分に布に液体が浸透したら軽く絞ってそのまま2日くらい陰干をします。
牛乳に含まれるタンパク質が染色しやすくします。

3.鍋にお湯を沸かしインスタントコーヒーを1Lに対して大さじ3杯ほど入れ(お好みでOK)ます。

4.コーヒーが沸騰したら染めたい布を入れて、1Lに対して塩を大さじ1杯程入れます。
塩が良く馴染んだら火を止め完全に覚めるまでしばらく放置します。

5.完全に覚めたら取り出し、軽くすすぎ洗いをし後はしっかりと陰干して完成です。

インスタントコーヒー 開封後の賞味期限切れは?

インスタントコーヒーは開封後の保存期間は1か月と言われています。

ただ、開封後、2年以上経過したものを飲んだけれど、まったく問題なかったと言う人もいるようですが、この場合は自己責任でというしかありませんね。

 

コーヒーが瓶の中で固まっていなければ 飲んでも問題は無いとされていますが、コーヒーは本来風味や香りを楽しむものですよね。
なので、賞味期限を過ぎている時点で風味や香りに期待はできません。

できるだけ早くに飲みきりましょう。

 

ちなみに、
開封後の瓶の中のインスタントコーヒーの色が通常の色より白っぽくなったり、さらには黒くカチカチに固まったりすることがあります。
これは、インスタントコーヒーは湿気が大嫌いなので、吸湿してしまうとコーヒーに含まれているカフェインが結晶になってコーヒーの粒の表面に付着してしまい、これがコーヒーの色を変えていたんです。

このような状態でも、カフェインはコーヒーの成分の一つなので、通常より風味が落ちているけれど、飲んでも体に支障はないとのことですよ。

 

我が家もインスタントコーヒーがこんな状態になっちゃったことがありました。
色が変色したインスタントコーヒーを見た時はさすがに、「うわっ! ゲッ・・ カビ??」と嫌な気持ちになりましたが、そうではないと知り安心したことを覚えています。

 

でもコーヒーがカチカチではない状態でも、固まり始めてきたら飲むのは諦めた方が良いでしょう。
香りも風味も落ちていて美味しくありません。

風味がや香りを楽しむのがコーヒーですから、そこまでしてインスタントコーヒーを飲む意味はないですよね。
飲む以外の使い道で有効活用してみましょう。

まとめ

インスタントコーヒーは賞味期限切れでも保存状態が良ければ2年ぐらい過ぎていても大丈夫と言われています。
しかし、残念ですが風味や味は期待できません。

開封後は早めに1ヶ月を目安に使い切るようにしましょう。

お中元やお歳暮でインスタントコーヒーを頂いた場合は、箱から出して目に付く所に置いて、しまい忘れることのないようにしましょう。

また、スーパーなどで購入する時も、 安いからといって大きなサイズを買うよりも、人数に合わせて1ヶ月で使いきるサイズを選ぶことが美味しいコーヒーを飲むコツです。