山形県の新庄市で開催される「新庄まつり」は、ユネスコ無形文化遺産に登録された歴史あるお祭りです。

絢爛豪華な装飾を施した20台の山車行列、古式ゆかしい神輿渡御行列、風雅な鹿子踊などが披露され、山車とともに練り歩く、躍動感あふれるお囃子と「チャエレンコヤッサー」の粋な掛け声が街中に響き渡ります。

そこで、「新庄まつり2018」の日程、観覧席やトイレ場所、見どころとスケジュール、交通規制、駐車場やアクセスについて紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

新庄まつり2018 日程や開催情報

開催日時

2018年8月24(金)~ 26日(日)

8月24日(金) 宵まつり 8:30 ~
8月25日(土) 本まつり 7:00 ~
8月26日(日) 後まつり 9:30 ~

※雨天中止です。

開催場所

山形県新庄市市内各所

トイレ

お祭りで誰しもが心配なのはトイレですよね。
しかし、安心してください。

新庄まつりでは、「トイレマップ」が用意されています。
前もってチェックしておくと便利です。

公共施設トイレ、簡易トイレ、トイレ協力店が多数示されています。
さらに嬉しいのは、おむつ交換所まであります。
これなら赤ちゃん連れでも安心できますね。

 

問い合わせ先

新庄まつり実行委員会(新庄商工会議所内)

TEL 0233-22-6855

新庄まつり2018 観覧席

新庄まつりでは、間近でまつりを楽しめるよう有料観覧席が用意されています。

2018年の観覧席情報は現時点では発表されていません。
発表されましたら更新します。

昨年2017年の情報を参考にしてください。

有料観覧席

◇会場
新庄駅前ふれあい広場「アビエス」(新庄駅西口隣接)

◇料金

・8月24日 宵まつり山車行列(19:00頃 ~20:30頃)
・8月25日 本まつり山車行列(10:00頃 ~12:00頃)

スタンド席(2,000円)
スタンド席以外(1,500円)

無料観覧席

新庄まつりの山車行事がユネスコ無形文化遺産に登録されたことを記念して、本まつり(25日)観覧メーン会場のスタンド席(正面席、山車解説アナウンスあり)に招待(先着1,000名様)します。

特典

・通常1,500円のスタンド席を無料
・1,000円相当の記念品進呈

販売期間

2017年7月3日(火)~ 8月18日(金)

受付時間 9:00 ~ 16:00(平日のみ)
※受付は先着順。満席になり次第、販売終了となります。

販売方法

受付専用TEL 0233-23-3844

新庄まつり2018 見どころとスケジュール

新庄まつりとは

藩政時代の宝暦6年(1756)、藩主 戸澤正諶が、前年の大凶作で打ちひしがれている領民に活気と希望を持たせようと、豊作を祈願するために、戸澤氏の氏神である城内天満宮の「新祭」を執り行ったのが起源とされています。

新庄まつりの見どころ

新庄まつりの見どころは絢爛豪華な装飾を施した20台の「山車」の行列です。
この華やかで迫力のある山車は、歌舞伎の名場面や、歴史絵巻を再現し各町内が技を競い合って作られています。

 

 

 

また、古式ゆかしい「神輿渡御行列」は、新庄藩の武士になりきった約200人の侍が神輿を警護し見応え満載です。

 

 

 

さらに、山車とともに練り歩く躍動感あふれるお囃子と「チェレンコヤッサ―」の粋な掛け声が街中に響き渡り熱気は最高潮に達します。

 

新庄まつりのスケジュール

8月24日(金)宵まつり

◇戸沢神社・護国神社・天満宮
・8:30 ~
奉納新庄囃子
新庄城址(最上公園)に鎮座する戸沢神社、護国神社、天満宮に新庄囃子を奉納して新庄まつり3日間の無事と安全を祈願します。

◇駅前ふれあい広場アビエス
・9:30 ~
新庄囃子合同演奏会
山車巡行を前に囃子若連が新庄駅前ふれあい広場アビエスで一堂に会し演奏します。

◇戸沢神社
・10:00 ~
戸沢神社例大祭
戸沢家の始祖である戸澤飛彈守衡盛、新庄移封当時の藩主である戸澤右京亮政盛、11代藩主戸澤正實を祀られている神社「戸沢神社」で、戸沢神社例大祭が執り行われます。

◇市内各所
・12:00 ~
山車市内巡行
各山車若連が完成したばかりの山車を市内各方面にお披露目します。

◇南本町十字路
・18:00 ~
灯入式
天満宮からいただいた御神火を代表者に移す儀式で、来賓、関係者、各若連代表、氏子総代が会し、宵まつりの成功と士気の高揚を図ります。

◇南本町十字路 → 駅前ふれあい広場アビエス
18:30 ~
宵まつり山車行列
市内各方面を巡回していた各山車が南本町十字路で合流します。

南本町十字路出発(18:30)

駅前ふれあい広場アビエス(19:00頃)

8月25日(土)本まつり

◇新庄天満宮
・7:00 ~
天満宮例大祭
新庄まつりの起源とされている祭礼「天満宮祭り」、新庄藩主戸沢家の氏神として尊崇された神社「新庄天満宮」で当時を忍ばせるおごそかな雰囲気のもと、天満宮例大祭が執り行われます。

◇天満宮前広場
・8:30 ~
まつり行列出発式
各若連代表、新庄藩の武士になりきった氏子総代、1番運行を引き当てた山車が集まって、本まつりの成功と安全を祈願します。

◇最上公園
・9:00 ~
神輿渡御行列
神輿渡御行列に参加する氏子総代、各小頭等の面々約200名が、新庄藩の武士になりきって神輿の警護にあたります。

最上公園出発(9:00)

駅前ふれあい広場アビエス到着(9:45頃)

石川町ごきげん通り通過(15:10頃)

最上公園到着(15:45頃)

◇最上公園
・10:00 ~
本まつり山車行列
山車行列も駅前通りを巡行し、駅前ふれあい広場アビエスに向かいます。
宵まつりとは違った表情を見せる山車、勇壮なまつり囃子に合わせた粋な法被姿の若連集のかけ声が会場を包みます。

老人福祉センター前出発(10:40頃)

駅前ふれあい広場アビエス到着(16:00頃)

◇雪の里情報館 山車解散

8月26日(日)後まつり

◇ゆめりあ「花と緑の交流広場」
・9:30 ~
小若連囃子演奏会
エントリーした各囃子若連の小学生以下「小若連」が日頃の練習の成果を発揮し、元気な音色を奏でます。

◇戸沢神社・護国神社
・10:00 ~
奉納 鹿子踊
新庄市北部の萩野と仁田山に古くから伝わる民俗芸能「萩野鹿子踊」「仁田山鹿子踊」が新庄城址戸澤神社と護国神社に奉納されます。

◇駅前通り・本町通り・大町通り・中央通り
・10:00 ~ 16:00
飾り山車
新庄まつりの山車全20台が中心商店街に一堂に展示され、今年は若連による山車の見所解説や、まつり囃子演奏体験などを予定しています。

◇南本町十字路
・13:00 ~
街中鹿子踊(萩野鹿子踊)
午前中に最上公園で奉納された鹿子踊が場所を変え南本町十字路にて行われます。

◇南本町十字路
・16:00
手締式
四方に山車を配した南本町十字路で手締式が執り行われ、新庄まつりは幕を下ろします。

新庄まつり2018 交通規制と駐車場

新庄まつりの3日間(8月24日 ~ 8月26日)、市内各所で交通規制が行われています。
山車運行路とその周辺の道路は、山車の運行時に車両通行止等の規制も行われます。

2018年の情報はまだ発表されていません。
発表されましたら更新します。

2017年の情報を参考にしてください。

山車運行交通規制案内

8月24日(水)宵まつり

8月25日(木)本まつり

8月26日(金)後まつり

駐車場

新庄まつり中(8月25日 ~ 8月26日)下記の2ヶ所の駐車場は利用できません。
・アビエス駐車場
・ゆめりあ北側駐車場

駐車場は、下記の3ヶ所を利用しましょう。
新庄駅東口駐車場(約1,000台)

東山総合公園駐車場

新庄まつり臨時駐車場

無料シャトルバス

無料シャトルバス運行時間 (新庄駅東口⇔東山総合公園)
・8月24日(金)15:00 ~ 21:30(随時運行)
・8月25日(土)9:00 ~ 14:00(随時運行)

駐車場・無料シャトルバス運行時間など詳しくは こちら からご覧ください。

新庄まつり2018 アクセス情報

新庄まつり期間中、新庄市内は山車巡行により交通規制が実施され大変渋滞します。
また、駐車場にも限りがあるので、公共交通機関を利用することをおすすめします。

JR新庄駅下車 徒歩すぐです。

車利用の場合

尾花沢新庄道路新庄ICより約3.7km

電車利用の場合

飛行機利用の場合

まとめ

艶やかな山車や神輿が練り歩く、ユネスコ無形文化遺産に登録された歴史あるお祭りを楽しんでみましょう!

山車が20台集合する観覧メイン会場の駅前ふれあい広場アビエスは撮影に最適なスポットです。

家族でお祭りにお出かけして夏を満喫しましょう。
⇒ 三原やっさ祭り2018日程 やっさ踊りと屋台村&アクセスや駐車場

参考にしてください。