「鶴岡八幡宮 ぼんぼり祭」は、毎年8月の立秋の前日から3日間もしくは4日間(年により)行われる、歴史情緒ある鎌倉の夏の風物詩ともいえるお祭です。

立秋の前日には夏の祓いである「夏越祭」、立秋当日には鈴虫をお供えして秋の訪れを奉告する「立秋祭」、そして源実朝公の誕生日である9日には白旗神社で「実朝祭」が執り行われます。

夜の境内のぼんぼりんの灯りが生み出す幻想的で美しい情景は必見で、期間中は毎年、地元の方だけではなく日本各地から多くの人が訪れます。

それでは、「鶴岡八幡宮 ぼんぼり祭2018」の日程や開催情報、見どころ、アクセス、駐車場情報について紹介します。

鶴岡八幡宮 ぼんぼり祭2018 日程や開催情報

鶴岡八幡宮の境内には、鎌倉在住の文化人をはじめ各界の著名人が書いた書画約400点がぼんぼりに仕立てられ参道に並び、夕方になると、境内はぼんぼりに照らされ幻想的な雰囲気に包まれます。

開催日時

2018年8月6日(月)~ 8月9日(木)

9:00 ~ 20:30頃まで初日6日は夕刻から開始。)
鶴岡八幡宮は21:00に閉門します。

※雨天決行
ぼんぼりは降納されます。

場所

鶴岡八幡宮 境内

神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
TEL 0467-22-0315
FAX 0467-22-4667

イベントスケジュール

・8月6日(月)15:00 ~  夏越祭
・8月7日(火)17:00 ~  立秋祭
・8月9日(木)10:00 ~  実朝祭

屋台

毎年5~6店ほどは出店していますが、お祭りとしては少々少ないです。

問い合わせ先

鶴岡八幡宮社務所
TEL 0467-22-0315

鶴岡八幡宮 ぼんぼり祭2018 見どころ

この祭りの見どころは、鶴岡八幡宮の参道流鏑馬馬場舞殿の周りに灯りのついたぼんぼりが並び、夜のぼんぼりが生み出す幻想的で美しい情景です。

また、ぼんぼり祭の期間中に執り行われるは3つの祭事です。

夜のぼんぼりが生み出す幻想的で美しい情景

 

★約400点のぼんぼり
鎌倉在住の文化人をはじめとした各界の著名人が書いた書画がぼんぼりに仕立て上げられ境内をやわらかな光で美しく照らし出します。

★ひとつひとつ灯されるぼんぼり
夕方になると巫女の手で、ぼんぼりがひとつひとつ灯されて、ぼんぼりが灯された後は境内は夜までにぎわいます。

3つの祭事(夏越祭、立秋祭、頼朝祭)

★夏越祭

 

8月6日(月)15:00 ~

夏の邪気を祓う神事が源氏池のほとりで行われた後、参道で「茅の輪くぐり」を行い健康を祈願します。

舞殿では巫女により「夏越の舞」が奉納されます。

この日は俳句会も催されます。

★立秋祭
8月7日(火)17:00 ~

夏の無事を感謝し、御神前には神域で育まれた鈴虫を供え実りの秋の訪れを奉告します。

★頼朝祭
8月9日(木)10:00 ~
※会場「白旗神社」

源実朝公の誕生日に執り行うお祭りで、実朝公の遺徳をしのび、文芸に優れた実朝公にちなみ、短歌会が催されます。

鶴岡八幡宮 ぼんぼり祭2018 アクセス

電車利用の場合

・JR鎌倉駅 東口下車     徒歩約10分
・JR横須賀線 北鎌倉駅下車  徒歩約22分
・江ノ電 鎌倉駅下車      徒歩約10分
・江ノ電 和田塚駅下車        徒歩約21分

★東京駅から
・JR横須賀線 利用の場合(乗り換えなし)→ 鎌倉駅まで 約57分。

★新宿駅から
・JR湘南新宿ライン 利用の場合(大船駅 → JR横須賀線に乗り換え)→ 鎌倉駅まで 約65分
※逗子行きの場合は大船駅で乗り換える必要なしです。

★新横浜駅から
・JR横浜線 利用の場合(横浜駅 → JR横須賀線に乗り換え)→ 鎌倉駅まで 約40分
・横浜市営ブルーライン 利用の場合(戸塚駅 → JR横須賀線に乗り換え)→ 鎌倉駅まで 約60分

★小田原駅から
・JR湘南新宿ライン、上野東京ライン 利用の場合(大船駅 → JR横須賀線に乗り換え)→ 鎌倉駅まで 約60分(特別快速約45分)

車利用の場合

祭り期間中は、かなりの人出ですので出来る限り公共交通機関でのアクセスがおすすめです。

・横浜横須賀道路 朝比奈IC 約5km

★東京方面から
首都高速から(横羽線または湾岸線経由)→狩場I.C(横浜横須賀道路)→ 朝比奈I.C(県道204号)→金沢鎌倉線を鎌倉方面へ。

★関西方面より
・名神高速、東名高速 → 横浜I.C(国道16号線 → 横浜横須賀道路)→ 朝比奈I.C(県道204号)→金沢鎌倉線を鎌倉方面へ。
・名神高速、東名高速 → 厚木I.C(国道129号線 平塚方面)→ 高浜台交差点を左折し → 国道134号線を約15km → 滑川交差点左折

鶴岡八幡宮 ぼんぼり祭2018 駐車場

祭り期間中はすぐ満車になってしまうでしょう。
どうしても車でお出掛けする必要のある場合は、鎌倉駅周辺の有料駐車場を利用しましょう。

出来る限り公共交通機関でのアクセスがおすすめです。

鶴岡八幡宮ぼんぼり祭 会場駐車場

・収容可能台数 40台程度
・営業時間 9:00~19:30
・料金 60分 600円

そうびえん駐車場

・収容台数 100台
・営業時間 8:00 ~ 17:00
・料金 60分 600円 (平日)・800円(土・日・祝日)

タイムズ鎌倉雪ノ下第5

・収容台数 20台
・営業時間 24時間営業
・料金 20分 200円(8:00~22:00 平日)
60分 100円(22:00~8:00 平日)
30分 300円(8:00~22:00 土・日・祝)
60分 100円(22:00~8:00 土・日・祝)

まとめ

お祭りは雨天決行となっています。
しかし、雨の日はぼんぼりが降納されてしまうので、やはり観に行くなら晴れか曇りの日がおすすめです。

幻想的な美しい情景の中に身を置き、日本の良き夏を味わい楽しんでください。

鎌倉にゆかたはとても良く似合います。

⇒ 初めての浴衣を通販で買って大丈夫?必要な物と簡単な着付け手順

参考にしてください。