ヘルパンギーナは夏の3大感染症の一つですが、1人目の子供の場合はどのような症状が現れるのかわからないと言うお母さんは少なくないようです。

俗にいう「夏かぜ」と呼ばれる病気ですが、大人にうつるものなのか心配でしょう。

また手足口病とはどんな違いがあるのか気になりますよね。

そこで、ヘルパンギーナとはどんな病気なのか、現れる症状、大人にうつるものなのか、手足口病との違いを紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

ヘルパンギーナとはどんな病気?

「ヘルパンギーナって?」このようにどんな病気なのか知らないと言う、新米のお母さんが意外に多いようです。
子供がいる人は、一度は耳にしているのではないでしょうか。

ヘルパンギーナとは、夏の3大感染症(手足口病、プール熱、ヘルパンギーナ)の一つです。

主に夏場、乳幼児や子供を対象として発症しやすい、ウイルス感染症で俗にいう「夏かぜ」と呼ばれる疾患です。

ヘルパンギーナにかかる年齢は、5歳以下の子どもが全体の90%を占めていて、その中でも最も多いのが1歳代です。

毎年、日本では5月ごろから流行が始まり、7月にかけてピークをむかえます。
そして、8月ごろから減少しだし、9月~10月頃には流行が終わります。

ヘルパンギーナを引き起こす病原体の主な病原はエンテロウイルスです。
エンテロウイルスの「エンテロ」とは「腸管」を意味し、このウイルスはその名の通り腸管内などで増殖します。

この中でも主に「コクサッキーA型ウイルス」がヘルパンギーナの原因となります。
またエコーウイルスなども関係している場合があります。

エンテロウイルスは夏風邪の一つ手足口病の原因にもなります。
ときに髄膜炎などを起こしてしまうこともある怖い病原体でもあるんです。

ヘルパンギーナの症状と手足口病との違い

それでは、ヘルパンギーナの症状を紹介しますね。

ヘルパンギーナの症状

ヘルパンギーナの代表的な症状は次の3つです。

突然の高熱(38~40℃)が出でる

・口内炎や口の中に水泡ができる(複数)

喉や口蓋垂(のどちんこ)に強い炎症を発症する

突然の高熱(38~40℃)はほとんど2~3日以内には熱が下がるのですが、喉の痛みは食事を飲み込めないくらいとてもひどいことが多いです。

またヘルパンギーナの独特の症状とも言える口の中の水泡は、口腔内の上あご部分や咽頭部周辺に多く発症する点も症状の特徴です。
この口腔内の水泡は一つだけとは限りません。
多数発生するケースも多く、水泡の直径は2~4mm程度の大きいのも特徴の一つで、お母さんの目みても十分確認できるサイズだというのですから可哀想の一言ではすみません。
子供の小さい口の中に大きい水泡が多数出来ることを考えただけでも恐ろしくなりますよね。

上記の3つの症状以外にも下記のような症状が現れる場合もあります。

・高熱による倦怠感

関節の痛み

・稀に6歳未満では急激な発熱に伴う熱性痙攣

要注意の症状とは

首の痛みや頭痛に加えて吐き気、嘔吐の症状がみられた場合は髄膜炎を疑ってください。

これらの症状はヘルパンギーナの原因となる、コクサッキーウイルスなどのエンテロウイルス群が口腔内の喉や腸管内で増殖する特徴を持つためです。

ヘルパンギーナと手足口病との違いは?

ヘルパンギーナと手足口病は主に夏場に流行し、発熱と口の中に水泡が出来るという症状が似ている為、医師であってもどちらなのか判断が難しい場合があると言われています。

では、ヘルパンギーナと手足口病との違いのポイントは何なのか紹介しますね。

ヘルパンギーナ
ヘルパンギーナの発疹は口の中の水泡だけなので、見た目はあまり辛そうではありませんが、子供にとっては大変つらい症状だということをお母さんは理解しておいてくださいね。

手足口病
手足口病の発疹は口の中の口内炎ができた後にさらに手、足、または全身に発疹ができるので、見た目はとても痛々しそうですが、意外に子供は元気な場合が多いのです。

ヘルパンギーナは大人にもうつるの?

残念ですが大人にもうつります
ヘルパンギーナはウイルス性感染症です。

家族内にヘルパンギーナの症状を発症した子供がいる場合は、もう既に家族内でウイルス感染を起こしている可能性があります。

このように、大人がヘルパンギーナに感染するケースは、子供からの2次感染によるケースが最も多いのです。

また、「以前かかったことがあるから私は大丈夫!」などと油断しないでくださいね。
ヘルパンギーナは何度も発症する可能性があるのです。

大人が症状を発症する多くのケースは免疫力が低下していて、体調不良状態の時に感染してしまいます。
大人は子供と比較すると免疫力も体力も強いのですが、いったん大人が感染した場合は、39度を超える高熱など重い症状が続く事もあります。

子供が幼稚園や学校などでヘルパンギーナにうつってしまった場合は、お母さん自身の体調をしっかりと整えて、症状を発症させない自己管理が大切です。

ヘルパンギーナは数日で回復する病気です。
しかし症状がピークの時には、強い倦怠感や関節の痛みなども伴うので、大人の発症のケースは高熱が発症している数日間は仕事を控えることをおすすめします。

 

ちなみに、
子どもにヘルパンギーナの可能性が検討される場合、口の中をみると水泡や口内炎などの特徴ある症状を確認できます。
しかし、接触感染、飛沫感染を感染経路とするウイルスなので、口の中の水泡を直接手で触れたり、マスクをしないで覗き込むことは極力避けましょう

まとめ

ヘルパンギーナは高熱が出るので、まずは安静に過ごしましょう。
そして、脱水症状を防止するために水分補給をしっかり行うことが大切です。

高熱も2~3日程度で徐々に熱が下がります。

ただ、高熱が2~3日経っても下がらない場合は、髄膜炎等の合併症を発症している可能性もあるので、必ず病院の診察を受けましょう。

⇒  手足口病の口内炎はいつ治る?痛みがある時の赤ちゃんの食事は?

参考にしてください。