香水はつける場所によってTPOを使い分けられます。

しかし、香水を買ってはみたけれど、実は香水のつけ方が良く分かっていない人が多いのです。

また、どのくらいいつつけたらの量をいつつけたらいいのか、量の目安たタイミングも怪しいですよね。

そこで香水初心者の人にも良くわかる、香水をつける場所、量の目安、タイミングなどを紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

香水をつける場所でTPOを使い分けるには?

香水をつける場所によって、香りの強さを調節する事が出来るので同じ香水でも香り方が随分違ってきます。

そこで、プライベートや仕事などTPOで香りを使い分けをしてみましょう。

香水は清潔な肌に

まず、香水を体につける時は、お肌が清潔な状態の時につけましょう。

シャワーをあびた後などは理想的です。

汗の臭いを消そうと香水をつけるのはNGです。

香水が汗と混ざってしまっては、あなたのお気に入りの香りではなくなってしまうだけでなく、周りの人には異臭に感じてしまわれる可能性があるので注意しましょう。」

香水は体温が高い場所に

基本、香水をつける場所は太い血管の通っているところ、体温が高い場所につけます。

ただ、体温が高すぎる場所(心臓の近くや脇)などにつけると匂いが強くなりすぎて、香水本来の匂いが変化してしまう可能性があるので、心臓の近くや脇などにつけることは控えましょう。

香水をつけるポイント

香水は全身に少しずつつけるのが「ふわっ」と香らせるポイントです。

香りは下から上に立ち上る習性があるので、ヘビーなものは下半身に、ライトなものは上半身にとつけ分けるのが良いでしょう。

また、日本は湿度高いので香水の付け方には注意が必要です。

湿度が高ければ高いほど、香りは重く感じられます。
湿度によって香りの重さも変わるのですから、香水って繊細なんですよ。

さらに、1回でスプレーの出る量もメーカーによって違うので、香りの持続とスプレーの出る量なども考えてつける場所を決めましょう。

香水をつける際のおすすめの場所は次の通りです。

一般的には、ほんのり香らせたい時は下半身中心につけ、しっかり香らせたい時は手首や上半身と言われています。

ほんのり香らせたい時

・ひざの裏

・足首

・太ももの内側など

香りは下から上に上がるので、軽やかに香るように下半身に意識してつけるのがよいでしょう。

また、香りをほんのり長く楽しみたい時は、体温の低い位置に付けるようにしましょう。

ズボンの場合は足首に、スカートの場合はひざの裏にがおすすめです。

洋服を着る前にウエストに付けるとよりさりげなく香ります。

しっかりと香らせたい時

・耳の後ろ

・手首の内側

・うなじなど

香りをしっかりと香らせたい時は、体温の高い位置につけるのがよいでしょう。

体温が高い位置に付ける事で、脈を打つと同時に香りがしっかりと香るのです。

しっかり香らせたい時におすすめなのは、特に体温が高い手首です。

ただ、香りが飛ぶのも早いので、こまめにつけ直す必要があります。

香水をつけるのにNGな場所

★髪の毛

香水を髪へ直接つけるのは避けましょう。

香水にはアルコールが含まれいるので、髪の毛が痛む原因になります。

髪の毛に香りをつけたい場合は「ヘア・フレグランス」や「香油(パフューム・オイル)」が良いですね。

特に、ビタミンE配合の「アルガンオイル」入りのヘア・フレグランスや香油(パフューム・オイル)は髪の毛にも良いと言われています。

★衣服

衣服への使用もシミの原因になりますのでやめましょう。

★紫外線にさらされる場所

直接紫外線にさらされる場所も要注意です。

香水の成分の中にはシミの原因と言われている成分もあるので、直射日光の当たる場所につけるのは避けるようにしましょう。

★鼻に近い場所
香りは下から上に香ってくるので、鼻に近い場所につけると「嗅覚疲労」を起こして、自分の香りがわからなくなってしまうことがあるので注意しましょう。

香水をつける量の目安は?

香水をつける時の量って難しいですよね。

自分では香り方が少ないと思っても、相手によって香りは強く感じたり、気になったりするものです。

つけすぎという人に出会うことってありませんか?

私の花が敏感という訳ではないと思うのですが、電車の中や職場でもハンカチで鼻を押さえなくては気持ちが悪くなるくらいの人にはまいってしまいます。
まさか、「つけ過ぎですよ。」なんて言えないですからね。

香水をつける位置にもよりますが、手首やウエストなどの上半身につける場合、1回に1~2プッシュを目安にしましょう。

ひざ裏やくるぶしなど下半身につける場合は、1回に5プッシュまでを限度としておきましょう。

いずれも、こすって広げてはいけません。
よく手首などで、香水をつけた後にこすり合わせている人がいますがNGです。

トントンと叩くようにつけると品のある香り方になります。

香水をつけるタイミングは?

香水は、つけてから3段階に香りを漂わせていきます。

トップノート → ミドルノート → ラストノート

トップノート

一番初めに発する香りなので、ややきつく香り立ちますが10分程でだんだんと次の香りに移り変わります。

ミドルノート

その香水の香りが一番バランス良く表されるメインの香りで、30分~1時間後くらいに香り立ちます。

ラストノート

ラストに残香性の高い、ムスクやバニラ系などの香りがじんわりと残ります。

香水がちょうどよく香る時は付けてからおおよそ30分後なので、出かける30分前くらいにつけておくのがちょうどいいタイミングです。

しかし、これはあくまでも一般的にはということなので、お気に入りの香水を使っていく中で3つの移りゆく香りの時間を把握し、あなたの一番好きな時間帯をみつけましょう。

その中で一番好きな香りの時間に合わせ、出かける前に前もって香水をつけることで、より香水を楽しむ事ができるのです。

まとめ

香水はとても繊細です。

つけすぎには十分注意して、繊細な香水を操れる素敵な女性を目指しましょう。

香水の種類パルファム・トワレ・コロンの違いとつける場所や持続時間は?

こちらの記事も参考にしてください。