香水を買いに行って種類があることにビックリする女性は少なくありません。

パルファム・トワレ・コロン
「なんだこれ?」ですよね。

これらにどんな違いがあるのかわからなという人はとても多いのです。

香水の種類によって、つける場所や持続時間も全然違います。

香水を購入する前にまずは、香水の基礎知識を頭に入れてから、お店に足を運びましょう。

そこで、香水の種類のパルファム・トワレ・コロンの違い、つける場所、それぞれのつけ方や持続時間を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

香水の種類パルファム・トワレ・コロンの違いは?

香りがほのかにただよう女性って素敵ですよね。
女子力をさらにUPしたいと思ったら、やっぱり香りです。

しかし、いざ香水を買いに行くとわからないことだらけではないですか?

素敵な店員さんに、パルファム、トワレ、コロンどちらにしますかなどと聞かれたら、何が何だかわからない状態では恥ずかしいですよね。

そこで、香水の種類パルファム・トワレ・コロンの違いについて紹介しますね。

日本語では香水は、「香水」のという呼び名が一つしかありません。
しかしフランスでは次のように、香水の種類は4つに呼び分けられています。

・パルファン

・オーデパルファン

・オードトワレ

・オーデコロン

香水のボトルの裏を見てみましょう。
必ず、4種類いずれかの記載があります。

それぞれ香水の種類で、持続時間や濃度、つけ方が異なります

持続時間や濃度に法律や行政による規制などはありません。
それぞれのメーカーがそれぞれガイダンスやガイドラインを作成しているので、一般的に次のように分けられています。

パルファン

「パルファン」は香水の最高位ランクに位置しています。

濃度や香りが一番濃く、香水とは本来このパルファンのみを表すのです。
しかし、このパルファンはほとんど世間に出回ってなく、種類もごくわずかです。

ただ結婚式やパーティーなどのお祝いの席での使用には適していますが、職場や日常生活ましてやお葬式などには香りが強すぎるので使用は控えたほうがいいでしょう。

・エタノール濃度
20 ~ 30%

オーデパルファン

「オーデ」とは薄いという意味です。

パルファンよりもちょっと濃度が薄いタイプで、パルファンより気軽につけられて香りの種類もたくさんあり、値段もパルファンより安いので扱いやすく人気があります。

・エタノール濃度
7 ~ 15%

オードトワレ

オーデパルファンよりも軽やかに香ります。

職場や大学など、日常生活で使用する香水に向いています。
あまり香水をつけ慣れていない方にもおすすめな種類です。

ただ、メーカーによってはオーデパルファンのようにしっかり香るものもあるので、試しづけをする時にでしっかり確かめましょう。

・エタノール濃度
5 ~ 10%

オーデコロン

オーデコロンは一番濃度が薄いので、香り方もかなり弱くつけ心地もライトです。

香水は苦手だけどほんのりと香りを楽しみたい人や、気分をリフレッシュしたい時におすすめです。
メーカーによってはとても安く手に入るコロンもありますよ。

・エタノール濃度
2 ~ 5%

香水をつける場所はどこ?

香水はつける場所ごとに香りの広がり方が違います。はどう変わるのかしっかり覚えておきましょう。
TPOにあわせて印象を変えてみましょう。

耳のうしろ・うなじ

体温が高い耳の後ろやうなじは、香水を軽く肌に馴染ませるだけでホワッとほのかに、比較的長時間香ります

手首

手は体の中で一番動く場所なので、手首につけた場合は周りへ香りを広げやすいでしょう。
さまざまなものに触れ香りが薄れやすいので、こまめにつけ直しする必要はありますが、少し強めに香りを放ちたい時はおすすめです。

太ももの内側、ヒザの裏側

太ももの内側、ヒザの裏側につけるとほのかに香りを漂わせることができます。
強く香るのが苦手な人におすすめです。

お腹、胸元

お腹や胸元は体臭と混ざった甘い香りが広がりやすい場所です。

耳の裏やうなじと一緒にお腹や胸元に香りを一吹きすれば、つけ直す必要がないくらい長時間香ります

香水の種類パルファム・トワレ・コロンのつけ方や持続時間は?

香水の種類によってつけ方持続時間は違ってくるので、TPOによって使い分けが必要です。

パルファン

・つけ方
1滴を肌に「点」を落とすイメージでつけましょう。

だから間違って何滴もつけたら大変なことになってしまいますよ。
あなたの周りから人々がスーッといなくなってしまうでしょう。
気分を害する人も出て来てしまうのでくれぐれも注意しましょう。

・持続時間
5時間 ~ 半日程度

オーデパルファン

・つけ方
「線」をイメージして細く伸ばすようにつけましょう。

スプレータイプのものが多いので、中々線のようつけるのは難しいかもしれませんが、あくまでもイメージは「線」です。

・持続時間
5時間程度

オードトワレ

・つけ方
「線」をイメージして細く伸ばすようにつけましょう。

スプレータイプのものが多いので、中々線のようつけるのは難しいかもしれませんが、あくまでもイメージは「線」です。

・持続時間
3時間程度

オーデコロン

・つけ方
「面」をイメージして全体につけるようにつけましょう。

香りは軽めなのでシュシュッと全身ふりかける感じでも大丈夫ですよ。
コロンによっては、空気中にシュシュッとふりかけて、その中を自分が通って香りを全身に浴びられるものもあります。

・持続時間
2時間程度

つけ方の注意点

香水は、つける人の肌表面のph値や体温や環境、その時の気候などによって、同じ香水でも香の飛び方(香り方)が違ってきます。

だから、他の人がつけていていい香りだからといって試しづけなどの確認をしないで買うのはちょっと待ったですよ。

実際に自分の肌につけてどう香るのか必ず確認してくださいね。

そして、くれぐれもつけすぎには注意しましょう。

まとめ

自分の香りに慣れてしまうと、さらにさらにとつけて香りを強めてしまうことが少なくありません。

これでは、通りすぎたその後に素敵な香りを残せる女性ではありませんね。
周りの人に鼻をつままれかねません。

奥の深い香水ですが、あなたに合うあなたらしいお気に入りの香水がみつけ、今年はさらに素敵な女性を目指しましょう。

⇒ 香水をつける場所でTPOを使い分ける 量の目安とタイミングは?

こちらの記事も参考にしてください。