婚約指輪を彼から贈られた人は、昔から聞く結納返しは「半返し」のように、婚約指輪にもお返しは必要なのか悩んでいるのではないでしょうか?

お返しの相場の値段やお返しする品物も迷いますよね。

また、いつどのタイミングで渡すのかも気になるのではないでしょうか。

そこで、婚約指輪にお返しについて、相場の値段や品物、いつどのタイミングで渡したらいいのか紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

婚約指輪にお返しは必要?

やはり婚約指輪を彼から贈ってもらった場合、お返しは必要です。

以前は

以前は結納の際に、男性側から女性側へお嫁入りの支度金として結納金や婚約記念品を贈るのが普通でした。

この婚約記念品は、結納や両家の顔合わせや食事会の時に取り交わす品物のことなんですが、その婚約記念品の一つに婚約指輪があったのです。

これに対するお返しが、結納返しというものです。

この結納返しは、女性側から男性側へ頂いた結納金の何割かをお金や品物で贈るものです。

最近では

最近はでは、以前のような「結納」を交わすという風習はあまり行っていないのが現実のようです。

さまざまな結婚式のスタイルがあって、結納金を取り交わしたりしないケースも多くなってきていることも確かですよね。
昔のようにお仲人さんが新郎新婦の両脇にいる結婚披露宴もあまり見なくなってきているくらいですから。

しかし結納の儀式は行わなくなってきていても、婚約指輪はプロポーズの時や、それに近いタイミングで男性から女性に贈られることが多いです。

だから、婚約指輪は婚約記念品の一つと考えて、婚約指輪のお返しをするのはマナーなのではないでしょうか。

婚約指輪のお返しは彼への思いやりです。
ぜひ彼に喜んでもらえる、気持ちいい婚約指輪のお返しを考えましょうね。

婚約指輪お返しの相場の値段やおすすめの品物は?

女性からの婚約指輪のお返しは、男性にとっても一生の思い出で記念品になるものなので、きっと彼も楽しみにしていることでしょう。

婚約指輪お返しの相場の値段

それでは、婚約指輪お返しの相場の値段を紹介します。

地域によって異なりますが、一般的に婚約指輪のお返しは指輪金額の半額ほどの値段の品物を贈る「半返し」とされているので目安にしましょう。

例えば、
最近の婚約指輪の平均金額は30万円前後(20万~40万)と言われていますが、このような場合に一般的な婚約指輪のお返しの相場は、10万円~20万円くらいということになりまね。

と言っても、プレゼントを値段で決める必要はありません

 

お互いの経済状況に合わせて多少の金額の増減があっていいのです。
何よりもプレゼントを贈られた彼が喜んでくれることが大切です。

彼から品物のリクエストを聞いて、半返しもしくは女性の予算範囲内で贈るのも良いでしょう。

婚約指輪のお返しのでおすすめの品物は?

彼に喜んでもらうお返しの品物はどのようなものにしたらいいのか女性は悩んでしまいますよね。

婚約指輪のお返しも色々ありますが、一番に人気のがあるのは昔も今も変わらず腕時計のようです。

腕時計は指輪と同じようにいつも身につけられるものなので、仕事でも日常生活でも活躍できるのがいいのでしょうね。

裏面に記念日や言葉を刻印することで、指輪のお返しとしてぴったりです。

腕時計の他には、スーツ 、財布 、万年筆 、ネクタイピンなど長く使える品として人気がありますよ。

しかし、すでにこのような品物は持っているという場合は、彼の趣味で使う物を贈るのも良いかもしれません。

婚約指輪のお返しはいつどのタイミングで渡すの?

婚約指輪のお返しをいつどのタイミングで渡すものなのか、これまた悩んでしまいますよね。

結納を予定している場合

結納を予定しているのであれば、婚約指輪のお返しは結納の日がベストタイミングです。

結納は行わない場合

結納は行わない場合、両家の顔合わせや食事会の時が良いでしょう。

婚約記念品のような意味合いで、プロポーズのときやそれに近いタイミング贈られる婚約指輪ですが、女性はその時から婚約指輪をつけ始めますよね。

 

しかし、両家顔合わせや食事会の席では身につけないようにし、婚約指輪はケースに入れて持参しまししょう。

両家の顔合わせや食事会の場で、彼から婚約指輪をはめてもらい両家の両親に見せましょう。

この時、男性への「婚約指輪のお返し」を贈るのがベストタイミングです。

もしも、時計などの服飾小物などを婚約指輪のお返しをすでに女性から彼へ贈っていて、その時から身につけ始めている場合でも、婚約指輪と同様にケースに入れて両家の顔合わせや食事会へ持参しましょうね。

ただし、スーツを贈られた場合には、両家の顔合わせや食事会の当日に家から着て行ってかまいません

 

自分たちで買った婚約指輪や婚約指輪のお返しだととしても、互いの親に「いただきました。」「ありがとうございます。」と感謝の気持ちを言葉に表し伝えましょう。

このような形式的な段階を踏むことが、良好な人間関係を築く近道になると思います。

 

ちなみに、
私の長男は、婚約指輪のお返しには腕時計を頂きました。
自分の欲しかった腕時計をリクエストしたようです。
両家の顔合わせの時、満面の笑みのなか改めて婚約指輪と腕時計を交換し合ったあと、互いの親に「いただきました。」「ありがとうございます。」の感謝の気持ちを言葉で表してくれました。

まとめ

婚約指輪のお返しは、女性1人で悩まないで、彼と相談しながら決めるのが良いと思います。

彼のリクエストを聞いて女性1人でお買い物をするのも良し、お買い物を2人でするのもありかもしれません。

婚約指輪のお返しは半返しということを彼に伝えて、予算内で納めるようにしましょう。

婚約指輪は彼女と一緒に選ぶもの?種類やデザインとダイヤの質4Cとは?

こちらの記事も参考にしてください。

ところで、
結婚式の日取りは決まりましたか?

⇒ ジューンブライドの由来と梅雨時の日本で人気の理由 結婚式が多い月はいつ?

あなた方のお幸せの参考にどうぞ。