汗にはいい汗と悪い汗があります。
その違いは何なのか知りたいですよね。

汗が出ることを嫌う人は多いですが、いい汗ならたくさんかく方が体にはいいのです。

いい汗をかくにはどうしたらいいのか、かいた汗をどのように拭いたらいいのかも気になりますよね。

そこで、いい汗と悪い汗の違い、いい汗をかく方法、汗の拭き方のポイントを紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

いい汗と悪い汗の違いは?

近年は1年中汗をかきますよね。

暑い夏はもちろんですが、冬でも暖房が強めにきいていると、ちょっと動くだけでも汗がじわーっと出てくることがあります。

どうやっても汗から逃げることはできないですよね。

その汗には、いい汗と悪い汗があるのを知ってますか?

最近、汗が臭うような気がして悩んでいたら、もしかしたらそれは悪い汗かもしれませんよ。

それでは、いい汗と悪い汗の違いを紹介します。

人間が汗をかくのは汗を皮膚の上で蒸発させて、体温を下げるためです。

汗の成分のほとんどは水で、残りは塩分と微量のミネラルや乳酸です。

汗腺は汗が出ると、水分だけを残して他の物質を再吸収して血液に戻す働きをしているのですが、その他の物質の再吸収がスムーズに行われているか、いないかによっていい汗と悪い汗の違いが生まれてしまうと言われています。

いい汗とは

水に限りなく近い小粒の汗で、汗をかいてもすぐに蒸発します。

さらっとしていて、ニオイが少ない汗です。
これはミネラルが汗に含まれていないからですね。

汗腺の再吸収力の機能が正常に働いているということです。

このようないい汗は、蒸発する時に体から熱を奪っていくので、体温を下げることができる汗でもあるのです。

悪い汗とは

ベタベタと濃度があり大粒の汗で、大粒の汗は流れるだけです。

ミネラルが血液に戻されないで汗に含まれているので、皮膚に住んでいる菌の栄養分となってしまい臭いの原因となります。

汗腺の再吸収力の機能が低下している状態ということです。

このような悪い汗は、蒸発しにくいので、効率良く体温調節ができません。

さらに悪い汗は、ミネラルを吸収してしまうので、体に必要なミネラルは失われ、体調不良(熱中症など)の原因となってしまいます。

いい汗をかく方法

いい汗をかくようにするには、汗腺機能を正常に働かせることです。

「汗はかかないと、かけなくなってしまうもの」なのです。

汗腺は、人間と限られた霊長類だけに与えられた、脳を熱から守るために作られた高度で新しい器官です。

心臓や筋肉に比べ、未完成の器官なので使わなければすぐに衰えてしまうのです。

通常、体温を1度下げるのに汗は100cc出ればいいのです。
しかし汗腺が衰えてしまうと、 ドッと汗を出さなくてはいけなくなり、その時に大量の水分とミネラルが失われることになるので、熱中症につながることにもなるので注意が必要なのです。

汗腺機能を正常に働かせるには

汗腺機能を正常に働かせるために、休んでいる汗腺を活動させるために、生活そのものを見直してみましょう。

冷房の設定温度

冷房の設定温度24℃以下はNGです。

室内温度が24℃以下では皮膚血管が収縮してしまい、体温を外に逃がす事が出来なくなってしまいます。

エアコンの設定温度は26℃~28℃が汗が蒸発しやすい理想的な温度です。
エアコンをつけていても、ちょっと動くと汗ばむ程度の温度が良いようです。

皮膚が冷たくなっているようでは、汗腺機能は正常に働いてくれませんね。

そして、汗の蒸発は空気の対流が手助けになるので、エアコンと扇風機やサーキュレーターを併用すると良いでしょう。

窓を2カ所、5㎝くらい開けて空気の通り道を作る工夫をするのも良いですね。

1日1回しっとりと汗をかくことを習慣づける

1日1回「しっとり」汗をかくことを習慣づけましょう。

汗が流れるほどの激しい運動は必要ないのです。
日の出前や、日没後の速足の散歩がおすすめです。

手足高温浴

眠っている汗腺が一番多いのが手足なので、その手足を集中的に鍛えてみましょう。

手足の汗腺をお湯に浸けることで、全身の汗腺が活性化すると言われています。

1.浴槽に42~43℃のお湯を張ります。

2.両手のひじから先と両足のひざから下を浸しましょう。
10分~15分間で終了です。

その後お湯を足して半身浴をすると、自律神経のバランスが取れていい汗がかけます。

「手足高温浴」を2週間続けても汗をかかない場合は、汗腺が衰えている証拠かもしれません。

そして入浴後は必ず水分を摂りましょう。

水分は体を冷やさないため、常温の水やリンゴ酢などのクエン酸の入ったドリンクなどがおすすめです。

高齢者の方が「手足高温浴」を試す際は、体調をみながら無理をせずに行いましょう。

上手な汗の拭き方のポイント

汗の拭き方に上手、下手があるなんてと思われる人も多いでしょうね。

汗の拭き方にもとっておきのワザやポイントあったのです。

シャキッと乾いたハンカチで汗を拭いていませんか?

私はシャキッ乾いたハンカチで、せっせと止まらない汗を拭いていました。

実はこれではダメなのです。

汗は濡れたタオルで拭くのが良いのです。

体に熱がこもっている時に汗は必ずかきます。
汗を皮膚の上で蒸発させない限りは、体温は下がりませんよね。

濡れたタオルで拭くことで、汗も一緒に蒸発しやすくなり、皮膚に残る塩分も吸い取ってくれます。

炎天下では、特に濡れたタオルが効果的です。
顔や首などは、濡れタオルで水滴を落として蒸発させれば、体温が効率よく下がります。

寝入りばな、寝苦しくて夜中に起きてしまった時などに試してみましょう。

まとめ

蒸し暑いこの季節、どうやっても汗からは逃げられません。

どうせかくならいい汗をかきましょう。

いい汗のかき方をマスターして、体を健康に保ちましょう。