突発性発疹は何の前触れもなく、急な高熱が出るます。

真っ赤な顔をした赤ちゃんの熱を測り、体温の高さにビックリするお母さんがほとんどです。

初めての高熱は突発性発疹だから大丈夫とよく耳にしますが、どんな症状が現れどんな経過をたどるのか知っておきましょう。

また、周りの人にうつるものなのか、不機嫌な赤ちゃんにはどう対処したらいいのか気になりますよね。

そこで、突発性発疹の症状と経過、うつる病気なのか、不機嫌な時の対処方法について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

突発性発疹の症状や経過

突発性発疹になりやすいのは、ママから貰っていた免疫が切れて、さまざまな病気にかかりやすくなる生後6ヶ月~1歳前後が最も多いとされていますが、2~3歳までかかることもあります。

この病気は乳幼児によくある病気なのですが、生まれてはじめての急な高熱から始まることがほとんどなので、お母さんをとても驚かせちゃうんです。

それでは、突発性発疹はどのような症状がでて、どんな経過をたどるのか紹介します。
人生初の高熱が突発性発疹だったという赤ちゃんは少なくありません。

38度~40度の高熱が出るのが大きな特徴です。
咳や鼻水など目立った異変もなく突然に高い熱が出た場合は突発性発疹を疑いましょう。

突発性発疹は、
突然の発熱ではじまることが多く、高熱は(38度台後半~40度ぐらい)が3~4日続いた後、急に平熱付近まで下がります。
場合によっては、39度の高熱が1週間も続くケースもあるようです。

発熱期間は厳密に3~4日というわけではなく、2日程度で下がる子もいれば5日続く子もいて期間に幅はあるようですね。

その後、熱が下がった後に、顔や身体に赤い不規則な発疹がパラパラと出始めて、半日~1日程度で全身に広がり、2~3日経つと最初に発疹が現れた場所から順にきれいに消えていきます。
この発疹に痒みはありません。

この突発性発疹ですが、高熱の割に元気であることが多いのが特徴と言われているんですが、必ずしもそうではないようです。

風邪のような症状(喉が赤い、鼻水など)がある場合もあったり、不機嫌でぐったりとしていることもあるので、最初の受診では風邪と診断される場合もあるようです。

だから、高熱の後に発疹が出て初めて突発性発疹と診断がおりるんです。

また、下痢をする子も多く、高熱の出始めには嘔吐してしまう子もいるので、お母さんは注意してくださいね。

熱が下がってママがホッとし、発疹が出始めたころ急に機嫌が悪くなる子が多いことでも有名なのです。

突発性発疹のぐずぐずや甘えん坊ぶりは先輩のお母さんたちの間では「不機嫌病」とも呼ばれていて手強いようですよ。

発疹は、赤ちゃんが掻いたりしないので、痒いものではないはずなんですが、なぜかとってもに不機嫌になるこの原因は今のところ不明なんです。
赤ちゃんがしゃべれたらどうして機嫌が悪いのかわかるのにね。
これは永遠に謎かもしれません。

この不機嫌な状態も2日程度でおさまる子もいれば、10日続く子もいて様々です。

突発性発疹はうつる病気なの?

突発性発疹は感染力は弱いのですがウイルスが原因の感染症の1つでうつる病気です。

発熱中は周囲の子供にうつることがあるので注意しましょう。

この突発性発疹は、ヒトヘルペスウイルスの6型と7型、2種類のウイルスが原因となっています。

1度感染すると抗体が得られるのですが、6型と7型は異なるウイルスなので、2度突発性発疹にかかってしまう可能性もあるんです。

感染経路ですが、飛沫感染、経口感染、接触感染の3つです。

・飛沫感染
咳やくしゃみ

・経口感染
感染者の唾液が口から入る

・接触感染
皮膚や粘膜の直接的あるいは手などを通じて

両ウイルスとも、初感染以降は潜伏感染状態となって断続的に唾液中から排泄されます。

過去に感染したことがある親や兄弟から感染する家庭内感染が多いと考えられているんです。

感染力が弱いので、経口感染のような濃厚な接触機会がないとうつりにくいということなんですね。

そして、一般的には伝染病の扱いではないので、保育園内でも流行することは通常ありません。

突発性発疹で赤ちゃんが不機嫌になった時の対処方法は?

発疹が確認できるまでは突発性発疹と診断できないのです。

そのため、高熱が出た段階ではただ発疹が出るのを待つしかありません。

一般的に、突発性発疹が疑われる場合は「3日熱が下がらなかったらまた来てください。」とか、「発疹が出たら来てください。」など、赤ちゃんの症状や様子などを基準にして医師から再受診の予定をいわれることになります。

しかし、赤ちゃんの様子で気になるところがあった場合は、その都度受診しましょう。

突発性発疹には特効薬はありません。
突発性発疹とわかれば特に治療する必要はありません。
抗生剤を使用する必要もないのです。

だから、赤ちゃんが熱を出した時の一般的な対処法で様子を見てあげましょう。

熱を出した時の一般的な対処法

・高熱がある間は体力を消耗しているので、お風呂は控えましょう。
熱があっても全身状態が良ければ、
温かいタオルで体をふいてあげたり、おしりを洗ってさっぱりさせてあげてくださいね。

・脱水症状を起こさないよう、こまめに水分補給をしましょう。
少量ずつこまめに与えましょうね。一度にたくさん飲む必要はありませんよ。

・汗をかくのでこまめに着替えをさせましょう。

・服やふとんで体温調整しましょう。
寒気がある時は温めて、熱が上がって暑がっている時は涼しくしてあげましょう。
しかし、温めすぎや冷やし過ぎには注意しましょうね。

高熱を出して発疹が出て、赤ちゃんがぐずって不機嫌だと、お母さんは不安とストレスとで参ってしまうでしょう。

でも、どんなに機嫌が悪くても1週間もすれば治ります。
心配しすぎないで笑顔でドーンと構えて、気楽に考えていきましょう。

一番つらいのは赤ちゃんです。
お母さんははできるかぎりそばで付き添ってあげましょう。

まとめ

初めての発熱や高熱が続く経験が初めてだとお母さんは不安になり、辛そうなわが子を見るのもこたえてしまうことでしょう。

でも赤ちゃんは、お母さんが優しい笑顔で傍にいてくれるだけで安心して甘えられるのです。

お母さんは慌てずどーんと構えて、しっかり赤ちゃんの様子を観察していましょう。

信頼のおけるかかりつけお医者さんにきちんと診てもらっていれば大丈夫です。

赤ちゃん発熱 温める冷やす?冷やす場所と解熱剤やお風呂は?

こちらの記事も参考にしてください。