りんご病は子供の病気というイメージが強いのですが、大人にも感染します。

そして大人に感染した時に現れる症状は、子供よりも重いと言われているのです。

もしも妊娠中に妊婦さんが感染してしまったら、お腹の胎児にはどんな影響があるのか心配になってしまいますよね。

そこで、りんご病とはどんな病気なのか、大人が感染した時に現れる症状、妊娠中に感染したときの胎児への影響について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

りんご病とはどんな病気なの?

りんご病は、主な症状が幼児のほっぺが赤くりんごのようになるので、「りんご病という通称」で呼ばれていますがウイルス感染症の一種です。

ほっぺに赤みを帯びる症状をもつことからつけられた名前なので、医学的な病名ではありません。
医学的な正式名称は伝染性紅班(でんせんせいこうはん)です。

 

原因は、ヒトパルボウイルスB19型の感染です。

潜伏期間は約10日~15日程度(長くても20日程度)、長期に渡る潜伏期間にウイルス感染をおこす特徴があります。
注意したいのは、潜伏期間ではまだ症状が確認できないことが多いので、感染の拡大防止が難しいのが現状とのことです。

ただ、一番感染力が強い時期はは風邪症状が出ている時です。

赤いほっぺの症状が現れてきている時には、既にウイルスの感染力は微弱化していて、回復期に入ってからの2次感染はほとんどないと言われています。

潜伏期間中のりんご病だと分からない時が、一番ウイルスの活動期と言うことになりますね。

 

気をつけるポイントはウイルスの飛沫感染です。
感染者の咳やくしゃみなどによって空気中に放出されたウイルスによって感染が拡大します。

りんご病の症状は軽い発熱から始まって、咳やくしゃみが出てきます。
そして、発熱がおさまるころから徐々に発疹が出始めるんです。

感染している時は感染源にならないように意識することが大切ですね。

 

りんご病は1年を通して感染する病気ですが、幼児期~学童(4歳~10歳ぐらい)特に春から夏にかけて患者が増えます。

りんご病は発疹が出てから消えるまで約2週間かかりますが、治療には決まった薬はありません。
対処療法が中心です。

頬の痒みにはかゆみ止めが出ますが、それ以外薬が処方されないこともあると言うことです。

発疹が出ている時は直射日光や入浴に注意しましょう。
帽子をかぶったり、陽に当たりにくい時間帯を選んで外出したり、入浴時は痒みが強くならないよう低温で短時間に済ませるか、シャワーが良いでしょう。

食事は普段通りで大丈夫です。

 

「エッ?」と思われるかもしれませんが、発熱がおさまり徐々に発疹が出始めた頃になったら、外出に問題はありませんよ。
発疹が広がってからは感染力は弱くなっているので外出に問題はないと言われているのです。

ただ、真っ赤なほっぺを見て周りの人たちは、りんご病ではないかと疑い感染させられたら困ると嫌がる人もいるかもしれません。
小さなお子さんが集まる場所に行く時は、ほっぺの赤みが引けてからのほうが良いでしょう。

学校や幼稚園では出席停止の日数は指定されていません。

りんご病に大人が感染したときの症状は?

健康な子供がりんご病に感染してもあまり心配いらないと言われています。
症状に気づかないうちに完治することが多く、まれに脳症などの合併症を引き起こすこともあるようですが、重症化するケースはほとんどみられないからです。

 

では、大人がりんご病に感染したときの症状について紹介します。

これが厄介なことに子供の場合と違い、大人は重症化してしまうのです。

しかも症状は約1ヶ月続くので、精神的にもかなりキツいのです。

大人の症状

・38℃以上の高熱

・めまい

・吐き気

・だるさ

・頬の赤み

・腕や太ももにでる帯状の湿疹

・強い関節の痛み

・手足のむくみ

高熱は約3日ほどで治まりますが、関節痛と湿疹、強い倦怠感に悩まされます。

関節痛は歩くことができない場合もあるほとの傷みと言われています。
湿疹のかゆみはぶり返してくるので、温まって痒みが強くならないよう気を付けましょう。

このような症状が次から次へと約1ヶ月続くことを考えるだけで参っちゃいますよね。

りんご病に効く薬はないけれど、かゆみ止めなどの対処療法は有効なので病院で処方してもらいましょう。

りんご病に妊娠中感染した場合妊婦から胎児への影響はあるの?

妊娠中の妊婦さんがりんご病に感染すると、胎盤を通して胎児にも感染してしまいます。

りんご病に感染した場合、妊婦さんは自然治癒を待つしかありません。
もちろんお腹の中の胎児も同じ治療はできません。

りんご病自体は怖い病気ではありませんが、特に2人目を妊娠中のお母さんは、上の子が幼稚園や小学校でりんご病に感染することも多いので特に注意しましょう。

りんご病に感染した胎児への影響

ヒトパルボウイルスB19型が赤血球のもとになる細胞を壊して胎児に影響がでます。

妊娠中りんご病に感染してしまうと胎児は「胎児貧血」の状態になり、それが進行して「胎児水腫」となると言われています。

りんご病に感染した妊婦さんのうち7割が流産や死産に至ったとの報告もされています。
胎児水腫が発見されるのは、妊娠17~28週の間がもっとも多いようです。

妊娠中りんご病に感染しない為には

妊娠中りんご病に感染しない為に、妊婦さんはどのように予防対策したらいいのか紹介しますね。

・事前に感染を防ぐためにマスクや手洗いを心がけましょう。
2人目を妊娠中の妊婦さんは家族特に上の子にはマスクや手洗いの生活習慣を身につけさせて、感染のリスクをできるだけ抑えましょう。

免疫力を高めましょう。
このウイルスに有効なワクチンはありません。

身体の抵抗力 = 免疫力の強さ

免疫力を高めればウイルスが体内に入ってきても病気になりづらくなります。
免疫細胞の約70%が腸内にあるので、腸内環境を整えましょう。

★腸内環境を整えるには
・ヨーグルトなどの乳酸菌をとりましょう。

食物繊維を多く含むフルーツ(バナナなど)をとりましょう。

植物性乳酸菌(味噌や醤油など大豆食品)をとりましょう。

 

まずは、基本中の基本のマスク、うがい、手洗い、和食中心のバランスのいい食事をとることです。

まとめ

りんご病は決して怖い病気ではありませんが、治療は自然治癒を待つしかありません。

健康な子供がりんご病に感染してもあまり心配いりませんが、大人が感染すると重症化して症状が1ヶ月ほど続いてしまいます。

妊婦さんの場合は、お腹の中の赤ちゃんにも影響が出てしまいます。

マスク、うがい、手洗いなど基本的な生活習慣を徹底し、和食中心の食事をバランス良く食べ、免疫力アップを心がけましょう。

⇒  子供の手足口病は大人にうつるの?大人の症状と予防方法は?

参考にしてください。