爪のでこぼこや縦線が気になっている人は多いようです。
男性も女性も爪はピンク色で、ピカピカに光っていてほしいですよね。

爪のでこぼこや縦線は何が原因なのかどんなケアをしたらいいのか気になりますよね。

また爪に黒い線が現れたら病気の可能性もあるようなので、何科に行ったらいいのか知っておきましょう。

そこで、爪のでこぼこや縦線の原因とケア方法、黒い線が現れたら何科を受診したらいいか紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

爪のでこぼこや縦線の原因

爪のでこぼこした縦線はなぜできるのか不思議ですよね。
昔はツルツルしていたはずと思っている人は多いでしょう。

 

爪のでこぼこした縦線原因は爪ではないようです。

「えっ?」と耳を疑っちゃいますが爪以外にあったのです。

爪のでこぼこした縦線は、爪自体に問題あるのではなく、爪の下の皮膚に問題があるのです。

その問題は、驚くことなかれ老化現象なんです。

 

爪は指の皮膚に密着してくっついていますよね。

この指の皮膚が、お顔のシワのように縦にシワができちゃうと考えられているんです。

そして、そのシワの入った皮膚に密着している爪に、一緒にシワができてしまうんです。

このように、爪が皮膚に押され引っ張られて、でこぼこした縦線を爪に浮き上がらせていたんですね。

 

だから、爪自体がシワになっているのではなく、指の爪裏側の皮膚のシワが表に爪を通して写っている状態ということです。

老化が爪にまで現れるなんて、なんだか悲しくなってきちゃいますね。

爪のでこぼこや縦線のケア方法

爪のゴツゴツした縦線は老化現象が原因なので、縦線を消すには指の爪裏のシワを消すことです。

それは、体の老化現象と戦うということになります。

まだまだ薄い爪の縦線の場合

まだまだ薄い爪の縦線なら、ネイルケア用のヤスリを軽く当てるだけで綺麗になります。

しかしこれは、あくまでならす程度に削るのを基本としておきましょうね。

綺麗にしたい一心でいつまでも長く、強くヤスリを当てるのは危険ですよ。

あきらかにでこぼこした縦線が入ってる場合

あきらかにでこぼこした縦線が入ってる場合は、ネイルケア用のヤスリで削っても完全には綺麗に消えるものではありません

爪は思っているほど分厚くないので、過剰に削り過ぎると割れて出血し激痛を伴うことになります。

 

このように、どうしても爪にばかり目がいきがちですが、実際は皮膚の老化現象がによるシワと同じなのだから、爪のシワだけど皮膚全体のシワと考え、目元、顔、手などのシワと同じ対策をすればいいのです。

しかし爪の場合は、目元、顔、手などのシワのように美容液を塗ったり、エステに行ったりできませんよね。

だって、悪いのは爪ではなく爪の裏の指の皮膚が問題なんですから。

美容液を爪の上から塗っても弾いてしまい、爪裏には浸透しないから無駄です。

だからできることはたった一つです。

体の内側からのアンチエイジングやエイジングケアをすることです。

アンチエイジングの基本

アンチエイジングの基本は、加齢によって失われる若さの源の「成長ホルモン」の分泌量を増やすことです。

次のような方法で成長ホルモンを増やしていきましょう。

★毎日の食事
・空腹の時間を必ず作る
・血糖値を急激にあげない
・タンパク質を必ず摂る
・アミノ酸をしっかりと摂る

★運動は激しくないものを選ぶ

★しっかりと睡眠を取る

★寝る前の食事は避ける

★ストレスを溜めない

★恋愛で心をドキドキワクワクさせる

 

爪のゴツゴツの縦線だけでなく、
髪の毛の伸びや艶、肌の張りなどの美容面、ケガをした時の治りの早さ、翌日の朝の疲労感の違いの健康面、これらも「成長ホルモン」の分泌量を増やすことで満足できるようになるはずです。

爪の黒い線が気になる何科に行く?

爪の異常はほとんどの場合、加齢による老化現象や生活習慣、栄養不足、ストレスによるものが多いですが、中には取り返しの付かない大きな病気の前触れという事もあるので、特に爪に黒い線が現れときは病院を受診しましょう。

 

では、何科にいったらいいのか紹介しますね。

爪は硬いことから骨のようなものと勘違いされることが多いですが、実は皮膚の付属器官なんです。

髪の毛や皮膚と同じ「ケラチン」というタンパク質の一種でできていて、髪の毛と爪は一緒の性質なんです。
皮膚の角質が硬化することで爪になるのです。

だから基本的には、爪が病気になったときは皮膚科の病院を受診するのがいいでしょう。

 

しかし、爪の症状によって皮膚科でなく他の専門科に受診する方がいい場合もあるんです。
爪の変色や変形などは他の病気が潜伏している場合があります。

内科もしくは大きな総合病院を受診しましょう。

 

指の爪全体に黒い線や斑点が現れている場合や、爪の色が赤や灰色などに変色している場合は、内臓や肝機能系のトラブルまたは悪性腫瘍の可能性があると言われています。

爪の色が白濁色になれば、肝硬変、肝臓ガン、慢性肝炎などが疑われます。

またばち指になれば、肺がんや肺気腫などが疑われます。

 

まさに爪は体調のバロメーターと言われていることが納得できますね。

まとめ

気になる爪のゴツゴツした縦線は老化現象が原因です。

若さの源の美容面にも健康面にも効果のある「成長ホルモン」の分泌量を増やして爪のゴツゴツした縦線を消しましょう。
爪が変色、変形したからといってすべてに他の病気があるわけではありません。

疑いすぎるのはよくありませんが、爪が体調を知らせてくれているかもしれません。
症状が気になる時は病院を受診することをおすすめします。

爪の異常は老化では無い場合もあります。

⇒ 水虫の部位(種類)ごとの症状と治し方 市販薬でも治せるの?

参考にしてください。