梅雨時に頭を悩ますのが毎日通勤に履いている革靴ですよね。

濡れないように気をつけても濡れてしまうのが革靴です。

お手入れはどのようにしたらいいのか、早く乾かす方法があるのか知りたいですよね。

また、カビが生えてきてしまったらどうしたらいいのか考えただけでも憂鬱でしょう。

そこで、お気に入りの革靴の梅雨時のお手入れの仕方や、濡れた革靴を早く乾かす方法、カビの落とし方を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

梅雨時の革靴のお手入れ

通勤で履く靴はほどんどの人が革靴ですよね。

梅雨だからといって特に男性は長靴を履いて出勤する人は少ないでしょう。
いや、ほとんどいないと言っても過言ではないですよね。

 

普段はな革靴を長持ちさせようと、何足か用意して毎日ローテーションしている人は多いですよね。
工夫して大切に履いている靴が梅雨のシトシト雨に濡れてしまったらそのままにしておくことなんてできません。

 

ただ革靴は雨に強いという訳ではありませんが、濡れたらもうダメというわけではないので、哀しまないでくださいね

 

それでは、梅雨時の革靴のお手入れ方法について紹介します。

雨に濡れる前のお手入れの仕方

1.梅雨の時期に関わらず革靴は普段から、汚れやキズを防ぐために靴クリームを塗るようにここをがけましょう。

クリームに含まれるロウの成分が革靴の表面をコーティングして下地を整えてくれます。

 

2.次に革靴に防水スプレーをかけておきましょう。

防水スプレーは雨だけでなく汚れや油によるシミも防げますよ。

 

防水スプレーを出かける直前にスプレーする人も多いようなのですが、これでは効果は出にくいのでNGです。

なんと、防水スプレーは事前にスプレーして乾燥させてからでないと効果期待できないそうです。

 

おすすめの防水スプレーのやり方は次の通りです。

スプレー → 乾燥
この流れを2~3回繰り返すと効果がアップすると言われています。

また、革靴の縫い目にもスプレーすれば完璧とのことです。

 

ただ、防水スプレーがNGの素材もあるので気をつけましょう。

エナメルやビニール素材の靴は、水を通さないように膜がはられているので、防水スプレーの成分が表面にとどまって曇ってしまいます。

雨に濡れた時のお手入れの仕方

1.梅雨時期のシトシト雨に革靴が濡れてしまったら、雨にに濡れた箇所の水分は柔らかい布やタオルで早めに拭きましょう。

革靴は濡れたままにしておくと、革靴の色がまだらになったり、色褪せたり、型崩れの原因になったりします。

 

2.革靴を乾かしましょう。

一番のおすすめは、シューツリーにかけ乾かすことです。

でもシューツリーなんで持ってない人の方が多いですよね。
わざわざ購入しなくても大丈夫です。

クリーニング屋さんからもらった針金ハンガーを活用して簡単シューズハンガーを作っちゃいましょう。

針金ハンガーの両端を上方向にまげて、革靴のつま先がひっかかるようにしましょうね。

 

ちなみに、
私が依然、主人の革靴を乾かす時にやっていた、靴の中に新聞紙(またはキッチンペーパー)を詰める方法は、こまめに交換できない場合は逆効果になるとのことなので注意しましょう。

新聞紙(またはキッチンペーパー)が水を吸って湿気が発生し、革靴の中にこもってしまうということです。
確かにこまめに交換しなかったらいつになっても革靴の中は乾いてくれそうにありませんよね。

こまめに交換できるのであれば、この方法でもOKです。

 

3.革靴にクリームを塗りましょう。

水に濡れた後乾かしてそのままにしておくと、革のひび割れの原因になります。

靴用のクリームで油分を補給してあげるのです。
このとき、薄く均等にムラが出ないようにクリームを塗りましょうね。

 

4.防水スプレーをスプレーしましょう。

雨に濡れた革靴を早く乾かす方法は?

雨に濡れた革靴を早く乾かすために、革靴をドライヤーで乾かす人がもしいたとしたらそれはNGですから絶対に止めましょうね。

一気に高温で乾かすと、革のひび割れや変形の原因になる可能性があります。

こまめに新聞紙(またはキッチンペーパー)を交換する

雨で濡れてしまった革靴のつま先まで届くようにギューっと出来るだけ隙間なく丸めた新聞紙(またはキッチンペーパー)を詰めます。

この時、新聞紙(またはキッチンペーパー)を詰めたままにしておいては前述した通り逆効果になってしまうので、注意しましょう。

こまめに何回も交換しましょう。

つま先を上向きにして乾かす

靴は平らな場所に置いて乾かしていたのでは中々乾きません。

つま先は乾きにくいので上向きにしましょう。

前述したように針金ハンガーでシューズハンガーを作り、風通しが良い場所にかけておきましょう。

 

針金ハンガーでシューズハンガーを作るのが面倒な場合は、つま先を上にして壁などに立てておきましょう。
平らな場所に置いておくよりは風通しが良くなります。

風が通る場所で乾かす

玄関で乾かすのはおすすめできません。
玄関では湿気が滞ってしまいますよ。

扇風機やエアコンの風を利用しましょう。

この時、靴の中に風が当たるように工夫してくださいね。

梅雨時の革靴のカビの落とし方は?

保管する場所も湿気の多い場所は避けていたはずなのに、大切な革靴にカビが生えてしまったらショックですよね。

カビを見つけたら落とすしかありません。

 

それでは革靴のカビの落とし方を紹介しますね。

1.大まかなカビをブラシ(使わなくなった歯ブラシなど)で取り去ります。

 

2.お湯を少しつけて固く絞った布でカビの付着した部分を拭き取ります。

 

3.陰干しでしっかり2~3日乾かします。

 

4.革靴にクリームを薄く均等にムラが出ないように塗ります。

 

5.防水スプレーをスプレーします。

 

6.もう1度しっかり陰干しで乾かします。

 

※カビを取るのに使ったブラシ(使わなくなった歯ブラシなど)た布は捨てましょう。

まとめ

うっとうしい梅雨のシトシト雨で、革靴は泣いてしまいます。

濡れる前の事前のお手入れをしっかりしておきましょう。

もしも濡れてしまってもなるべく早く乾かす工夫をし、時間を置かないでお手入れをすれば大丈夫です。

カビが生えてしまってもカビを落とし乾燥させ、保湿クリームを塗って防水スプレーをスプレーすればいつもの革靴に戻ってくれますよ。

革靴のお手入れ方法とその頻度 雨に濡れた後シミの対処方法は?

こちらの記事も参考にしてください。