子供たちが大好きなアンパンマンの仲間たちに会える横浜アンパンマンミュージアム、「実際に楽しめるのは何歳からなのかしら?」と遊びに行く時期を迷っているお父さんやお母さんもいるようです。

また、混雑している施設の中のフードコートやレストランで食事ができるのかも心配ですよね。
食べ物が持ち込めるなら、お弁当を持って行きたいと思っているお母さんも少なくないでしょう。

そこで、横浜アンパンマンミュージアムを楽しめるのは何歳からなのか、予約可能なレストランと食べ物持ち込みや再入場情報を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

横浜アンパンマンミュージアム楽しめるのは何歳から?

2歳~3歳になれば子供たちもそれなりに、横浜アンパンマンミュージアム楽しむことはできます。

ただ、子供自身がしっかり楽しんで記憶に残る年齢は3歳以上なのではないでしょうか。

 

2歳~3歳になると、アンパンマンの仲間たち(キャラクター)の名前もたくさん覚えて、自分のお気に入りのキャラクターも出てくるんですよね。
正義のみかたのアンパンマンがみんな好きかと思いきや、意外とそうでなかったりするから面白いです。

 

ちなみに、
私の孫はバイキンマンが大好き(3歳頃から)なのですが、最初それを聞いた時には「大丈夫かな?」とばあばは心配したことをおぼえています。

 

また歌もしっかりおぼえて唄えるようなりますし、ダンスまで真似しちゃいます。
せっかくですから、ステージショーを見てみんなで歌を唄ったりできる年齢になってからの方がより楽しめるでしょう。

このステージショーでは、3歳以上のしっかり歌を唄えそうな子供にマイクを向けで、何人かの子供が唄ったり音楽に合わせて踊ったり体操したりという場面もありますよ。

 

実際、孫が1歳7か月の時に横浜アンパンマンミュージアムに連れていったのですが、思う存分楽しませてあげることは出来ませんでした。

とても混んでいたこともあって人の多さに圧倒されてしまったこともあって、抱っこすることが多かったです。
また1歳7か月の頃は、まだ自分のお気に入りが定まっていなかったこともあって、キャラクターのところへ行って遊ぶと言う感じではありませんでしたね。

虹のすべりだい

普段公園などでは滑り台は滑れて大好きだけれど、施設内の「虹のすべりだい」では、子供だけで並んで階段を登って滑り降りるので、1歳7か月の子供には無理でした

アンパンマンの丘

施設内の「アンパンマンの丘」では、アンパンマンやバイキンマンの大きなバランスボールに興味を持って遊びたくてバランスボールのそばまでは行くのですが、大きな体の年齢が上のお友達に取られてしまうので、ボーっと見ている姿はちょっとかわいそうだったなという印象です。

みんなのまち

しかしそれでも、ただ一つだけ楽しそうに遊べたのがありましたよ。
それは、施設内「みんなのまち」の、てっかのマキちゃんのお寿司屋さんです。

これにはハマっていましたね。

だから、私たち家族の最初の横浜アンパンマンミュージアムは、「てっかのマキちゃんのお寿司屋さん」の印象が強いのです。

写真もほどんどがてっかのマキちゃんのお寿司屋さんです。
なんだかちょっと笑えますが、孫の笑顔で楽しんでいる姿が見られて良かったと思っています。

 

このような事からも、何回も横浜アンパンマンミュージアムに行く予定があるのなら、何歳でもそれなりに家族で楽しめるでしょう。

でも、場所も離れていて頻繁に行けない、または1回だけでも行って見ようかなというのであれば、子供自身がアンパンマンの世界をある程度知ることができていて、遊具で遊ぶのに順番が待てて、親と離れてもダンスが踊れたり、キャラクターと触れ合える楽しむことが出来る3歳以上が良いでしょう。

横浜アンパンマンミュージアム 予約可能なレストランに予約は必要?

横浜アンパンマンミュージアムの中で一番大きいレストランがペコちゃんとコラボした「アンパンマン&ペコズキッチン」です。

メニュー豊富なレストランで、不二家レストランのアンパンマンバージョンです。

メニューにも天井や壁にも、アンパンマンキャラクターでいっぱいです。

「アンパンマン&ペコズキッチン」は厳選素材を用いたオリジナルメニューが豊富、ゆったりとした空間で子供、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん全ての年代で楽しんで食事が出来るレストランですよ。
また嬉しいことに予約可能なのです。

 

「イーパーク」という携帯サイトで予約管理をしているので、登録しておくと携帯からいつでも優先予約ができ、登録は無料です。

電話(TEL 045-226-2417)でも優先予約はできるのですが、電話の場合は15時以降ということなので気をつけましょう。

 

「レストランに予約まで入れる必要があるの?」と思うかもしれませんが、昼食時に苦労しないためにも予約を取っておいた方が安心して遊びに集中できるでしょう。
特に、土曜、日曜、祝日のフードコートの昼食時やおやつタイムはいつも混雑しているので苦労します。

けれど、「アンパンマン&ペコズキッチン」の予約を入れておけば、席を探すこともなく、行列に並ぶこともありません。
自分の順番が近づいてくるとメールで知らせてもらえるので、レストラン予約はとっても便利なのです。

 

ちなみに、
孫が1歳7ヶ月の時に横浜アンパンマンミュージアムに行った時、フードコートがとても混んでいて、孫はおとなしく待てる年齢ではなかったので横浜アンパンマンミュージアムから出て食事しようということになったのですが、やはりどこにいっても飲食店は混んでいてアタフタしちゃいました。

後からレストランで予約が取れるのを知って、もっとよく調べてから行けばよかったと後悔したのをおぼえています。

 

また「アンパンマン&ペコズキッチン」の入口で買うことのできる、テイクアウト専門のペコちゃんのミルキーソフトクリームもおすすめです。
「ミルキーはママの味~~」でおなじみミルキー味のソフトクリームです。

しっかりとした「ミルキー味」なので、子供だけでなく大人も疲れたとき食べるとホッとしますよ。

他にはチョコ味やイチゴ味もあって、器はコーン、カップ、持ち帰れるマグカップから選べます。

 

また、お誕生日の「バースデーパック」も楽しそうです。
次はお誕生日に行くのもいいかなって思っています。

子供の誕生日を証明する証明書は必要ありません
自己申告制なので、その日がお誕生日でなく少しずれていてもOKなのは気軽でいいですよね。

・子供の名前入りのデザートプレート

・アンパンマンの台紙入りの記念写真

・ハート風船(無地のふうせん+お誕生日メッセージ)

・店員さんといっしょにハッピーバースデーを歌うキャンドルサービス

1品以上注文 + 600円(税込み)はお得感たっぷりです。

横浜アンパンマンミュージアムに食べ物持ち込みや再入場はOK?

横浜アンパンマンミュージアムのレストランで、子供が騒いで周りを気にするのは嫌だなぁ~と考えるお父さんやお母さんのいますよね。

そんな時、施設に食べ物を持ち込めたら、外に一度出てまた再入場できたらと思いますよね。

横浜アンパンマンミュージアムに食べ物を持ち込める?

残念ながらアンパンマンミュージアム館内で食べ物を食べることはできません

しかし、アンパンマン広場やショッピングモール内のテーブルやベンチでならOKです。

 

混み合っていると、テーブルやベンチでゆっくり食事するのは難しいかもしれませんが、おむすびなどを持参していれば子供がお腹を空かせて騒いだ時には直ぐに食べさせてあげることが出来るので便利ですね。

横浜アンパンマンミュージアムは再入場できるの?

横浜アンパンマンミュージアムは再入場はOKです。

再入場する場合は必ず、2Fで手にハンコを押してもらうことを忘れないでくださいね。

 

横浜アンパンマンミュージアムは、有料スペース、無料スペースに関係なく色々なイベントが用意されているので、有料スペースから無料スペースへ移動し無料スペースから有料スペースへ再入場することを想定しておきましょう。

まとめ

アンパンマンミュージアムに行って子供を十分に楽しませたいのなら3歳以上が良いでしょう。

とても混み合うので、お昼ご飯は「アンパンマン&ペコズキッチン」の優先予約がおすすめです。

お誕生日に合わせてアンパンマンミュージアムに行くのも記念になっていいかもしれませんね。

崎陽軒工場見学の楽しみ方と予約の取り方 プチミュージアムショップやアクセス情報は?

こちらの記事も参考にしてください。