脇汗の臭いが気になる季節がやって来るとどのような対策をすればいいのか、周りの人を不快にさせていないか悩んでいる人は少なくありません。

脇汗の臭いがついた衣服も気になり、臭いの落とし方を知りたいと思っていることでしょう。

また、普段使っている制汗剤も効果的な使い方があるのかも気になりますよね。

そこで、脇汗の臭い対策、臭いを落とす洗濯方法、制汗剤の効果的な使い方を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

脇汗の臭い対策

冬には気にならなかった脇汗の臭いも、じんわりと汗をかくようになる季節になると、「この臭いは周りの人たちに不快な思いをさせているのではないか。」と神経質になっている人は少なくないようです。

脇汗の臭いでエチケット違反をしない為にも、脇汗の臭い対策は重要ですね。

それでは、脇汗の臭い対策を具体的に紹介しますね。

まず脇汗を予防するためには、汗や皮脂を長時間お肌に残さないようにすることが大切です。

「脇汗をそのまま放置すること」が汗や皮脂から嫌なニオイを発生させてしまう原因になるのです。

汗をかいたら直ぐに拭く

顔や首に汗をかいた時と同じように、汗をかいたら直ぐに清潔なタオルで拭きましょう。

顔や首の汗が直ぐに拭けているのに、脇の汗が拭けないなんて怠慢としか言いようがありません。

 

ただしタオルがすでに汗臭く不潔になっていたら、いくらすぐに汗をかいてすぐ拭いても、汗臭く不潔なタオルで拭いたのでは拭く意味が無くなってしまいます。
だから汗拭きタオルは何枚か持ち歩くようにしましょう。

 

汗拭きシート(デオドラントシート)を使用すれば常に清潔なもので汗を拭けるので良いのですが、中にはお肌がデリケートな人もいて痒くなったりかぶれてしまう場合があるので注意してくださいね。

身体を常に清潔にするよう心がける

朝起きたらシャワーで、就寝中にたっぷりかいた汗を殺菌成分の入ったボディソープや石けんで洗い流しましょう。

また夜の入浴時にも、殺菌成分の入ったボディソープや石けんを使用し、体に付いている汚れと汗をスッキリと洗いながしましょう。

通気性の良い服を着る

汗をかきやすい季節は、「通気性」を第一に考え衣服を選びましょう。

 

もしも職場が制服ならば、シャツは着替えの分1枚をロッカーに用意しておくと安心です。

脇汗で濡れて湿ったシャツやブラウスをそのまま着ているのはNG着替えることがとても脇汗の臭いには効果的なのです。

おすすめの通気性のある素材

通気性のある素材で一番におすすめしたい素材は麻(リネン)です。

麻(リネン)は吸水(吸汗)発散性、清涼感に優れものすごく乾きが早いのが特徴なのです。

 

綿(コットン)も悪くはありませんが、吸水性(吸汗)には優れているのですが、発散性に乏しいため衣類に汗が残りやすいので、これが脇汗の臭いの原因になってしまうので、こまめに着替えることが必要となります。

 

脇から出た汗は衣類のわきの部分にしみ込み、同時に菌が繁殖して衣類の脇の部分で臭いを発生させてしまいます。
だから脇汗の臭いを皆さん気にしていますが、もしかしたら脇の臭いより衣類からの臭いの方が強い可能性が大なのです。

 

ちなみに、
数年前から夫婦で麻(リネン)の物を一年中身につけるようになりました。
以前は、主人の夏場の脇汗がちょっと気になっていたのですが、麻(リネン)シャツに替えてからピタリと臭いが治まっています。
洗濯もすぐ乾いてくれるので主婦としては嬉しい限りです。

 

皆さん、騙されたと思って麻(リネン)素材のシャツを試してください。

脇汗の臭いを落とす洗濯方法

脇汗の臭い(体臭)を気にしている人が多いのですが、脇の臭いより衣類に細菌が繁殖したことが原因で臭いが発生している場合の可能性が大きいのです。
また、洗濯をしていても服に染み付いてしまった臭いがなんと落ちきれていないという場合もあるのです。

それでは、洗濯で衣服についた脇汗の臭いの落とし方を紹介します。

衣服についた汗や皮脂汚れは時間が経つと、菌が繁殖し臭いが発生し、黄ばみや黒ずみの原因にもなるので出来るだけ早く洗濯しましょう。

予洗いをしましょう

出来るだけ早く洗濯をしたいのですが、すぐさま衣服を洗濯機に入れて通常通りスイッチONしただけでは臭いは落ちてはくれません。

予洗いをして臭いを落ちやすくしましょう。

 

固形の洗濯用石けんを使って脇の臭いが気になる部分をしっかりともみ洗いしましょう。

この時は、約40℃くらいのお湯を使って洗うと臭いは落ちやすいですよ。

 

予洗いが終了したら、洗濯機に入れてスイッチONです。

臭いや汚れが特に酷い場合

洗面器に衣服、水、重曹を約大さじ2(適当)入れ、重曹で一晩つけおきしましょう。

翌日洗濯機に入れて通常通り洗いましょう。

風通しの良い場所で乾燥させましょう

洗濯が終ったらすぐに洗濯槽から出して、風通しの良い場所でしっかり乾燥させましょう。

いつまでも洗濯終了後、洗濯槽の中に入れておくとそこでまた菌が繁殖してしまいます

脇汗の臭いに効果的な制汗剤の使い方

脇汗の臭いにはほとんどの人が制汗剤を使用していると思います。

しかし、皆さんが効果的な制汗剤の使い方をしているかは疑問ですよね。

 

それでは、効果的な制汗剤の使い方を紹介しますのであしたから実行してください。

職場のロッカー室で良く見かけるのが、昼休みすでに汗をしっかりかいている脇に「シュー、シュー、シュー」と制汗スプレーをつけている人です。

これは残念な使い方です。

 

制汗剤は汗をかく前、できれば朝シャワーを浴びた後などの一番肌が清潔な時に使用するのが効果的です。

しかし職場や外出時、活発に動いた後などは、制汗剤を朝使っていても臭いが気になるでしょう。

そんな時に、そのまま制汗剤をつけなおすのはNGですよ。

 

タオルや汗拭きシート(デオドラントシート)などで、脇の汗を一度さっぱりと拭き取ります。
して制汗剤をつけなおしましょう。

 

朝にシャワーをあびて制汗剤をつけたからと安心してはいけません。
一日中効果があるわけではありません。

制汗剤の主流は4種類

制汗剤で主流になっているのは4種類です。

スプレータイプ

ロールオンタイプ

ローションタイプ

シートタイプ

良い香りの商品も揃っています。
いろいろ試して、自分にぴったりのお気に入りを見つけましょう。

ちなみに、
色々なタイプや香りがある中で私のおすすめは、ロールオンタイプで無香料のものです。

なぜ無香料かというと、制汗剤の香りと汗の臭いが混ざり合うのを避けるためです。

まとめ

汗や皮脂を長時間お肌に残さないように、身体を常に清潔にするよう心がけ、通気性の良い衣服を着るようにしましょう。
おすすめは朝素材です。

臭いや汚れが衣服について臭いが気になる時は、 洗面器に衣服、水、重曹を約大さじ2(適当)入れ、重曹で一晩つけおきしましょう。

また制汗剤は汗をかく前、一番肌が清潔な時に使用するのが効果的です。

毎日シャワーを浴び身体を清潔に保ち、汗をかいたらこまめにタオルで拭き、制汗剤のお気に入りを見つけて、気温の高くなるこれからの時期を爽やかに乗り切りましょう。

麻素材の服の特徴と洗濯方法 いつまで着れる?冬でもいいの?
夏場にシーツを洗う頻度とリネン素材がオススメの理由 快眠のための選び方は?

こちらの記事も参考にしてください。