赤ちゃんがあせもに悩まされるのは暑い夏の他に、寒い冬にも注意しなくてはなりません。

赤ちゃんの肌に赤くてかゆそうなブツブツが現れないように、あせも予防と対策はお母さんは知っておきたいですよね。

予防と対策をしていても、あせもがひどくなったらとびひないうちに病院を受診することも必要でしょう。

そこで、赤ちゃんの夏だけでなく冬にも注意がいるあせもの予防と対策や病院は何科を受診したらいいのかを紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

赤ちゃんのあせもは夏だけでなく冬にも注意が必要

ほとんどの赤ちゃんが悩まされるあせもは、暑い夏に現れる肌トラブルというイメージがありますよね。

ですが近頃では、夏だけではなく冬にもあせもになってしまう赤ちゃんや幼児が急増しているようです。

 

あせもは、汗や肌の汚れなどで汗の通り道の汗腺が詰まり、汗がたまってしまった状態のことを言います。

赤ちゃんはたくさん汗をかきます。
小さな身体ですが汗腺の数が大人と同じくらいあるので、汗腺が詰まりやすいのです。

 

赤ちゃんは代謝がいいので1度にたくさん、大人の2倍~3倍もの汗をかくというのですから、あせもになりやすいと言うのも納得できますね。

 

ただ、夏のあせもはすぐにイメージできますが、「冬にもあせもになってしまうというのはどうしてなのか不思議だわ」というお母さんもいるのではないでしょうか。

最近の住宅は気密性に優れていること、冬場の暖房の暖め過ぎ着させ過ぎ、それに加えて日本の高温多湿の環境が冬場のあせもの原因です。

赤ちゃんのあせもその予防と対策

赤ちゃんのあせもはお母さんが予防と対策してあげることで、あせもになる確率がグンと下がります。

それでは、あせもの予防と対策を紹介しますね。

あせもを予防する体の洗い方

1.石鹸はしっかり泡立てる

石鹸は泡立てネットを使ってしっかり泡立てましょう。

ふわふわの泡でやさしく汚れを洗うことで、赤ちゃんの肌への刺激が少なくなるので肌を傷つけずに、汗や汚れがたまっている場所を清潔に洗うことが出来ます。

2.首や腕のくびれをしっかり洗う

赤ちゃんは首はしっかり洗うポイントです。

赤ちゃんの首はたくさんのシワがありとても短いですよね。
このシワの中にはおっぱいやミルクを吐いてふき取れきれなかったものや、汗、ほこりなどがたまっているのです。

だから皮膚の表面だけを洗ってもキレイにはなりません。
シワを広げてあげてしっかり洗い取りましょう。

その他にも腕や足の付け根など、ムチッとしたシワの部分にも同じように汚れがたまっているので、シワを広げてしっかり洗い取りましょう。

3.水分をしっかりふき取る

体を洗った後は、キレイにあらったシワの部分を広げてしっかり水分をふきましょう。

この時、やわらかいタオルポンポンと皮膚を押さえるように水気をふき取ります。

ゴシゴシこするのはNGですよ。

4.衣服は汗が引けてから着せる

特に夏場のお風呂上りは汗をかいているので、汗が引けてから衣服を着せるようにしましょう。

あせものケア対策

赤ちゃんのかいた汗をそのままにしない、皮膚を清潔にする」これがあせも対策の基本です。

こまめに汗をふき取る

お散歩やお出かけ、お昼寝の後の赤ちゃんの体はとても汗ばんでいます。

赤ちゃんが汗をかいているとお母さんが感じたらまずは、タオルでこまめに汗をふき取ってあげましょう。

この時、濡れたタオルやガーゼで赤ちゃんの皮膚をポンポンと軽く押さえるように、やさしくふいてあげるのがポイントです。

体を洗う時と同様ゴシゴシこするのはNGです。

シャワーで汗を洗い流す

赤ちゃんが大量に汗をかいたときは、シャワーで汗を洗い流してあげましょう。

ただし、石鹸の使い過ぎはには注意してくださいね。
必要な皮脂まで取ってしまうと乾燥の原因になってしまうので、石鹸は一日一回の使用が良いでしょう。

汗はシャワーで流すだけでOKなんです。

ベビーパウダーをつける

汗のかきやすい箇所にベビーパウダーをつけるのも、さらさら感を保つには有効です。

最近ではベビーパウダーは毛穴をふさぐという理由で、昔のように使う人が減っているようです。

しかし、シャワーやお風呂に入って汗を流し、体を清潔にして水分を完全にふき取った体に、ベビーパウダーをつけてあげるのはあせも予防に有効です。

ベビーパウダーには肌から汗や余分な水分をどんどん蒸発させ、乾燥させる働きがあるんです。
だから、赤ちゃんの特に汗がたまりやすいわき足のつけ根などの、タオルなどではふき取りにくいプクプクしたくびれの部分をさっぱり清潔にしてくれますよ。

 

★ベビーパウダーの上手な使い方
要はベビーパウダーの使い方に注意すればいいのです。

つけすぎない
肌に白さが残らないのが適量です。
しわやくびれの奥に、かたまりが残らないよう気をつけましょう。

パタパタはたかない
パフでパタパタはたくのではなく、お母さんの手にパウダー取って両手をこすり合わせ、うっすらと白くなった手のひらを赤ちゃんの体になでつけるようにしましょう。

衣服の選び

通気性と吸湿性の良い服を着せてあげましょう
汗をよく吸う素材や、速乾性のある薄手の素材の服を選びましょう。

赤ちゃんの体に熱がこもらないようにするため、体温調節しやすい半袖や半ズボンを着せてあげるのがおすすめです。

また吸汗を良くするためにと、服の下に肌着を着せるのは赤ちゃんには逆効果です。
大人より1枚少ない服装を心がけましょう。

 

また、おむつの中も蒸れやすいので、特に夏場はこまめに交換してあげてください。

最近は、おしゃれな赤ちゃん用の服がたくさんあります。

しかし夏場の衣服は、肌ざわりや通気性を重要視して選んでください。
服の全面に大きくラバープリントなどがついているととても可愛いのですが、通気性が悪くあせもを引き起こす原因にもなってしまいます。

必要以上に汗をかかないようにする

あせもは汗が原因でできるのですから、汗をかかなければいいということになります。

なるべく、必要以上に汗をかかないようにするようにしたいですね。
ただ、適度に汗をかくことも健康に過ごすためには必要なことなので、赤ちゃんが汗をかきすぎない環境づくりを心がけましょう。

部屋の中は常に風通しをよくして、扇風機やエアコン、サーキュレーターを上手に利用しましょうね。

室温は、外気温マイナス5度を目安に設定して、赤ちゃんの体に直接風が当たらないような注意が必要です。

これはあせもができてしまった時のケアにも有効な対策です。

赤ちゃんのあせも 病院は何科を受診するの?

しっかりあせもの予防や対策をしていても、赤ちゃんの体にあせもが現れるときもあります。
これはしかたありません。

あせもの状態がなかなか良くならない場合や、ごくまれにですが細菌感染(とびひ)を起こして化膿する事もあります。

とびひになると次から次へと体じゅうに感染してしまいますから、自己判断で様子を見るのではなく、あせもはこじらせてしまう前に、病院を受診したほうが良いでしょう。

その時、小児科と皮膚科のどちらを受診したらいいのか悩んでしまうお母さんが多いようですが、小児科を受診しても皮膚科を受診してもどちらでも大丈夫です。

ただ、どちらの科を選択するにしても、信頼できる医師がいる病院を選びましょう。

「本当にこれでいいのかな?」と思いながら薬を塗っていても、良くなるものではありませんよね。

赤ちゃんには皮膚トラブルがつきものですので、一番いいのはどんな時でも頼れる小児科と皮膚科双方に、かかりつけ医をもっておくと良いですね。

まとめ

赤ちゃんに限らず人は汗をかくものなので、赤ちゃんに汗をかかせてはいけないと神経質になりすぎないようにしましょう。

お母さんが予防と対策してあげることで、あせもになる確率がグンと下がります。

「赤ちゃんのかいた汗をそのままにしない、皮膚を清潔にする」を心がけていれば大丈夫です。

それでも、あせもが現れなかなか治らないときは、自己判断で様子を見るのではなく、軽症のうちに病院を受診しましょう。

幼児のとびひの原因と症状 大人にうつる?予防するには?
とびひ 塗り薬の塗り方!市販薬でも効果ある?塗るのはいつまで?
エアコンにサーキュレーター使用は節電効果ある?位置や扇風機との違いは?

こちらの記事も参考にしてください。