シャープから発売された「世界初!」
蚊取り機能搭載プラズマクラスター空気清浄機(蚊取空清FU-GK50)に興味を持っている人は多いのではないでしょうか?

実は私もその一人です。

蚊を取るのに薬剤を使わないっていうのが一番の特徴。
私はここに参っちゃいました。

でも薬剤を使わずにどうやって蚊を取るのか蚊を取る仕組みに興味がわいてきますよね。

また、プラズマクラスター空気清浄機だってお安くないのに蚊取り機能が付いたとなると価格はいくらなのか?
そして、蚊をくっつけるシートの価格や交換頻度も気になりますよね。

そこで今回、これらの疑問点について調べてみました。

シャープ 蚊取り機能付き空気清浄機(蚊取空清FU-GK50) どうやって蚊を取るの?仕組みは?

蚊取り機能搭載プラズマクラスター空気清浄機(蚊取空清FU-GK50)、蚊を取るのに薬剤を使っていないってのが一番の特徴ですが、いったい薬剤を使わずにどうやって蚊を取るというのでしょうね。

次の3つのステップによって、薬剤を使わずに蚊を取っていくのです。

なんと、蚊の習性を使って蚊を誘うようですよ。

蚊が好む紫外線(波長360mn)を放出するUVライトを使う

蚊は、紫外線に呼び寄せられる習性があるので、蚊が好む紫外線(波長360mn)を放出するUVライトを使って、蚊を空気清浄機の近くにおびき寄せます。

蚊が反応する黒色をボディに使う

また蚊は、黒色に反応するします。

だからそんな蚊の習性を利用して、蚊取り機能付き空気清浄機(蚊取空清FU-GK50)の黒いボディに蚊を近づかせるのです。

暗がりや物陰に隠れたがる蚊に小さな窓を使う

暗がりや物陰に隠れたがる蚊の習性も利用し、空気清浄機の小さな窓に蚊を呼び寄せます。

小さな窓に蚊を呼び寄せたら、強力な吸引力で蚊を吸い込むのです。

 

このように、いろいろな蚊の習性を巧みに利用して呼び寄せた蚊は、空気清浄機の吸引する気流によって吸い込まれていきます。

気流によって吸い込まれた蚊は蚊取りシートで捕獲

気流によって吸い込まれた蚊は、空気清浄機の中に設置してある、取り替え可能な強力粘着式の蚊取りシートにしっかりと捕獲されるのです。

シャープ蚊取り機能付き空気清浄機(蚊取空清FU-GK50) 価格はいくら?

蚊除け対策に嬉しい、薬剤をつかわない蚊取り機能付き空気清浄機は魅力できですが、その気になる価格はいくらなのか気になりますよね。

気になる価格は、ちょっとお高めな50,000円前後です。

 

でも、花粉PM2.5ホコリニオイウイルスなどに対応してくれるということは一年中活躍してくれるということなので、考えようによってはお高いとは言い切れないかもしれませんね。

 

空気清浄機をこれから買う予定がある人は、ぜひ検討してみるのも良いのではないでしょうか。

シャープ蚊取り機能付き空気清浄機(蚊取空清FU-GK50)強力粘着式の蚊取りシートの価格と交換頻度は?

シャープ蚊取り機能付き空気清浄機(蚊取空清FU-GK50)で捕獲した蚊は、強力粘着式の蚊取りシートに次々とくっついていきます。

ということは、蚊がくっついて来たら強力粘着式の蚊取りシートは交換する必要がありますよね。

シャープ蚊取り機能付き空気清浄機(蚊取空清FU-GK50)強力粘着式の蚊取りシートの価格

強力粘着式の蚊取りシートがいくらなのかお値段を紹介しますね。

交換用の強力粘着式蚊取りシートのメーカー希望小売価格は1枚1,400円、こちらもけっこう高いようなきがしますが、問題は交換頻度です。

シャープのホームページでは、強力粘着式蚊取りシートの交換の目安は約2ヶ月となっています。

 

1ヶ月700円で蚊を取る薬剤を使わなくていいのならこれもまたお高いとは言えないかもしれませんね。

蚊がほとんどいないと思われる冬でも生き延びている蚊はいるようで、冬場でも強力粘着式の蚊取りシートに数匹はくっついてくるとのことです。

シャープ蚊取り機能付き空気清浄機(蚊取空清FU-GK50)強力粘着式の蚊取りシートの交換頻度は?

このように冬場でも強力粘着式の蚊取りシートは使用しています。

蚊だけでなくホコリも強力粘着式の蚊取りシートに付着するため、冬場の交換タイミングも他の季節と同様2ヶ月になるとのことです。

 

蚊がいっぱい付いた粘着シートを捨てるのはちょっと気持ち悪い感じがしますが、粘着シートには2つに折りたたむ仕様になっているので、蚊やほこりがたくさん付いた粘着面が見えないようになっているとのことです。

 

実際、夏に2ヶ月も使い続けたら相当数の蚊がくっついていそうなので、2つに折りでたたんだとしても蚊を目にするの明らかです。

 

ちょっと気持ち悪いというか目にするのが怖い感じがしますよね。

使用後の強力粘着式の蚊取りシートは2つに折り畳んで通常のゴミとして捨てましょう。

まとめ

この蚊取り機能搭載プラズマクラスター空気清浄機(蚊取空清FU-GK50)はASEAN地域ですでに発売されている製品です。

ASEAN地域では空気清浄より蚊除け対策のほうが重視され、その問題を解決するために蚊取空清の開発がスタートしたとのことです。

蚊取空清FU-GK50 蚊取り機能搭載プラズマクラスター空気清浄機の特徴

日本でも2014年にデング熱、そして今年は中南米でのジカ熱の感染が拡大し、蚊がおよぼす問題は私たちに身近なことになってきてますね。
蚊除け対策は各々、各家庭でしっかり行っていきましょう。

デング熱の症状や潜伏期間と予防策 人から人への感染経路はある?
日本脳炎の予防接種を受けてない赤ちゃんの予防は?症状や感染経路は?
こちらの記事も参考にしてください。