クリスマスに忘年会、そして年末年始、12月は楽しいイベントが目白押しですね。

しかし、楽しいイベントが終わった後には恐怖の正月太りが待っています。

正月太りになるのはどうしてでしょう?

解消するためにはどのような対策をしたら良いのでしょう。

そこで、正月太りの大きな原因、解消するための対策で有効な食事や運動について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

正月太りになる原因は?

正月太りになる原因は、12月からお正月にかけて度重なる忘年会やクリスマス、年末年始などイベントがいくつも重なることが大きく関係しています。

これらのイベントが重なる時期は、ほぼ毎日のように美味しいものを食べますよね。

そして、食べるだけでは収まらずお酒も相当な量を飲む機会が俄然増えてしまうことから、どうしてもカロリーを過剰摂取してしまいがちです。

「食べて、飲んで、寝て。」この繰り返しが1か月に渡り続くわけですから太るのも当然なのです。

 

しかし、正月太りはただ単に食べる量が増えることだけが原因ではないようです。

正月太りの原因に、お正月に欠かせないおせち料理がどうやら関係しているのです。

 

おせち料理は保存食としての意味も大きいために、塩分が多く使われています。
塩分をたくさん摂取すると体内では、血液の濃度を薄めようと水分を保持しようとするため、むくみが生じます。

さらに、年末からお正月にかけてはお仕事もお休みになることから、普段に比べるとあまり動きませんよね、これも太る原因となっているんです。

動かないとリンパの流れが悪くなり、リンパの流れが悪くなるとこれまたむくみやすくなるのです。。

むくむことで見た目も太って見えます。
そして体重増加もしてしまうので、短時間でもかなり太ることになるのです。

 

それでは、今までのことをまとめてみましょうね。

正月太りの主な原因は次のようなことが考えられます。

・食べる量が増えることからの食べ過ぎ

・塩分をたくさん摂取することからのむくみ

・時間や日常生活、食事が不規則になる

・あまり動かないことが多いので運動不足

 

このように、普段と違う生活をしてしまうのが12月からお正月にかけてなので、お正月もしっかりと動くようにして、規則正しい生活やバランスの良い食事を心がけ、さらにカロリーなどの管理をしていくようにしましょう。

そこで、カロリーを管理をしていくうえで重要になってくる、お正月料理やおせち料理のカロリーを紹介しますね。

お正月料理のカロリー

・お餅(118kcal)

・お雑煮(300kcal)

おせち料理のカロリー

・お煮しめ(314kcal)

・栗きんとん(170kcal)

・お多福豆(166kcal)

・昆布巻き(153kcal)

・伊達巻(80kcal)

・田作り(78kcal)

・黒豆(57kcal)

・かまぼこ(40kcal)

・紅白なます(39kcal)

・数の子(20kcal)

正月太りを解消するための対策 食事は?

正月太りを解消するため対策で、食事でまず実行したいことを紹介します。

ダラダラと食べるのはやめましょう

お正月は、お腹が空いていないけれど、暇なのでつい食べてしまう癖がついてしまう方がおお多いので、だらだらと四六時中口を動かすようなことはやめましょう。

間食はやめましょう

朝食、昼食、夕食、3食をきちんと食べて、しばらくはおやつなしでガマンしましょう。

目に付くところに食べ物を置かないようにしましょう

目の前に食べ物があるとつい手が伸びてしまうと言う方は、意志を強く持ちましょう。

 

具体的な食事の仕方

それでは、具体的な食事の仕方について紹介します。

まずは食べる順番に気をつけ、スープやサラダから食べるようにしましょう。

 

野菜を食べる時は、ブロッコリーやキャベツ、ナス等の炭水化物の少ない野菜を食べましょう。

 

太らないようにと野菜ばかりでも良くありません。
バランス良く魚や肉も食べましょうね。
魚は良質な油で痩せ効果があり、肉は油の少ない赤みの肉を食べるようにしましょうね。

 

そして、代謝が上がる生姜などをたくさん使うのも良いでしょう。

 

肝心なことは、食べ過ぎないことです。
朝食、昼食、夕食、3食とも腹8分目を心掛けましょう。

 

正月太りは元の体重に戻すだけなので、1週間ほど頑張れば増えた分は解消できるはずです。

正月太りを解消するための対策 運動は?

正月太りを解消するのに効果的なのは、運動で脂肪を燃焼させることです。

脂肪の燃焼に欠かせないのが、「有酸素運動」です。

有酸素運動とは

有酸素運動とは酸素を多く体に取り入れ、十分な呼吸をしながらできる運動のことです。

主なものは、水泳、ウオーキング、ジョギングです。

 

有酸素運動をすることにより、新鮮な酸素が全身の細胞に供給され、細胞が活性化し脂肪の燃焼が起こり始めます。

脂肪の燃焼は有酸素運動を初めてから、約15分~20分くらいの時間が必要です。

 

ただ、有酸素運動を頑張り過ぎると、早く浅い呼吸になってしまい脂肪の燃焼に必要な酸素が不足してしまい、息苦しくなって無酸素運動になってしまうこともあるので注意しましょう。
心臓をバクバクさせる体につらい運動は必要ないのです。

 

運動でおすすめなのはウォーキングです。

 

エスカレーターを使わないで歩く、または電車を一駅手前で降りてウォーキングするなど、日常生活に取り入れるのが一番良いのです。

 

気温の低い冬はカロリーを消費しやすいので、ウォーキングをすれば早く痩せることができますよ。
体温を上げるために体がカロリーを使って体温を上げようとするので、寒いところにいればいるほど痩せることになるのです。

まとめ

イベントの多い時期はついつい気が緩んでしまいます。

でも今この時を怠けたら脂肪は取れません。
正月太りのままになってしまいますよ。

腹八分を心がけ、ウォーキングを始めましょう。

ウォーキングといっても特別なことをするのではなく、エスカレーターを階段に変えるなど、普段の生活の中で少しずつ増やしていきましょう。