「赤ちゃんにチョコレートはいつから食べさせていいものなの?」2人目の赤ちゃんを育てているお母さんにとって迷うところではないでしょうか。

上の兄弟が食べていると同じように食べたがるけれど、体の小さい赤ちゃんには悪影響が出そうですよね。

また成分が強くてアレルギーも心配です。

もしも、目を離したすきに上の兄弟のチョコを食べてしまったり、孫に甘い祖父や祖母が食べさせてしまった場合はどうしたら良いのでしょう。

そこで、赤ちゃんにチョコレートを与えていい時期とアレルギー症状、食べてしまった時の対応について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

赤ちゃんにチョコレートはいつから食べさせていいの?

赤ちゃんにチョコレートを食べさせるのは、できれば3歳になってからが良いようです。

乳幼児検診などでも、「3歳まではチョコやジュースは控えましょう。」と言われますよね。

これは、「三つ子の魂百まで」と言われるように、3歳までの食生活がその後に大きく影響するとされているからなのです。

 

初めての赤ちゃんを育児している時は、チョコレートはいつ食べさせていいのかなんて思いもしませんよね。
何も好き好んで、小さな赤ちゃんのうちからチョコレートを食べさせる必要なんてないのですから。

上にお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる場合

ここで問題なのは上にお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる場合ですよね。

悩んでいるのは2人目の育児をしているお母さんですね。
初めての赤ちゃんの時のようにはいかないと言うのが実際のところでしょう。

 

お兄ちゃんやお姉ちゃんにチョコレートを食べさせないのがベスト(理想)です。

二番目の子はなんでもお兄ちゃんやお姉ちゃんの真似をしたがります。

お兄ちゃんやお姉ちゃんが美味しそうにチョコレートを食べていたら、それは当然食べたがるに決まっています。
下の赤ちゃんだけに我慢をさせるというは、ホントにつらいでしょう。

 

でも、お兄ちゃんやお姉ちゃんにチョコレートを食べさせないのが一番だとわかっていても、今までたべさ食べていたチョコレートを今は食べちゃダメといっても、聞き分けられる年齢でもないでしょう。
泣いて欲しがる上の子たちをなだめてわからせる心の余裕も時間の余裕もないのがお母さんの辛いところでもあります。

それでは、お兄ちゃんやお姉ちゃん食べている場面を見せない? そんな隠れて食べさせるのも教育上よくないし変な話です。

小児科の先生からアドバイスを紹介

私も育児中に同じように悩んだ時期がありました。
その時、かかりつけの小児科の先生からお聞きしたことを紹介しますね。

 

少しなめる程度なら1歳前後でも問題なしとのことでした。

幼児期のチョコレートは、お兄ちゃんやお姉ちゃんたちが食べているのを見せてしまったら、食べる量は「小さく1かけら」と決め、口に入れた後は歯磨きをきちんと行い、食べた後のフォローに力を入れるようにしましょうとのことでした。

 

ただ、味をおぼえてしまうともっともっとと欲しがるので、出来るならお兄ちゃんお姉ちゃんに普段からチョコレートを与えるのは控えて、特別の時に食べさせる習慣が出来たらいいねとアドバイスをいただきました。

チョコレートの悪影響とは?

赤ちゃんにチョコレートはどのような悪影響を与えるのか紹介しますね。

砂糖の過剰摂取による病気になってしまう可能性

子供向けのチョコレートは、とても甘くしてあります。

砂糖の摂り過ぎは低血糖や虫歯、肥満など良くないないことばかりです。
これは赤ちゃんだけでなく、大人も全く同じですね。

依存性が高いためどんどん食べたくなる

チョコレートは依存性が高いため、チョコレート依存症になりかねません。
「また食べたい!」と思わせてしまうんですね。

確かに大人でも一度食べると病みつきになってしまいますよね。
大人も注意しなくてはいけませんね。

「デオブロミン」という成分により覚醒効果が作用

テオブロミンはチョコレートに含まれるカフェインに似た成分なので、赤ちゃんにとっては影響が大きいです。

このカフェインに似た成分の覚醒作用で、夜の寝付きが悪くなる子もいるようですよ。

カフェイン = コーヒー というイメージがありますが、チョコレートに似た成分が入ってるなんてびっくりですね。

味覚形成にも影響

味覚は3歳までにほぼ完成されると言われています。

3歳までは出来るだけ、甘味の強すぎるものは控えるのが理想的です。

素材本来の味を楽しめるような、優しく繊細な味のものを味わいさせたいですね。

アレルギーを引き起こす食品でもある

あまり耳にしない言葉ですが「チョコレートアレルギー」というものがあります。
カカオに含まれる成分に対するアレルギー反応です。

赤ちゃんがアレルギーを引き起こすチョコレートアレルギーの症状とは?

赤ちゃんがアレルギーを引き起こす食べ物はたくさんありますが、チョコレートもその一つです。

チョコレートアレルギーは、「カカオ」に含まれる成分に対するアレルギー反応です。

 

アレルギー症状としては、鼻血や嘔吐、下痢などの消化器の症状です。

まれに、けいれんを起こしてしまうこともあるので、たかがアレルギーと甘く見てはいけませんね。

重症の場合には命に関わることもあるので、赤ちゃんが初めてチョコレートを口にするときは、注意深く観察しましょう。

そのほかのアレルギーにも注意

チョコレートには「ニッケル」も含まれているので、「ニッケルアレルギー」を持っているとアレルギー反応が出る場合もあるようです。

また、チョコレートには乳製品が含まれているので、「乳製品にアレルギー」がある場合も注意が必要です。

 

アレルギーはある日突然に発症する場合が多いので、チョコレートを食べた後、鼻血、嘔吐、下痢、けいれんなどの症状が出たら必ずかかりつけの小児科医に相談することをおすすめします。

赤ちゃんがチョコレートを食べてしまった時の対応は?

赤ちゃんがお母さんの見てないところ(知らないところ)で、チョコレートを食べてしまったらどうしたらいいのでしょう。

おじいちゃんやおばあちゃんが孫が可愛くて、おいしく甘いチョコレートを食べさせちゃったり、お母さんが外出している間に、お父さんが泣かれるのは嫌だからという理由から、欲しがるままに与えてしまったり、このようなことは割とよくあることです。

 

飲食したのが異物なら大変ですが、チョコレートは食品なので、赤ちゃんが食べてしまっても危険が及ぶということはほとんどないので、そのまま様子見だけで問題ありませんが、前述したようにチョコレートアレルギーの症状は注意しましょう。

アレルギーの症状が強く重症なときには、病院や救急車の手配などの処置が必要です。

しかし多くの場合、アレルギー反応が引き起こされる確率は低いので、そのまま様子をみても大丈夫です。

 

ただ、おじいちゃんやおばあちゃん、お父さんには、甘い物は虫歯だけでなく危険なアレルギーを引き起こす場合もあるので、簡単にチョコレートは与えてほしくないと説明しておきましょう。

意図的に嘔吐させるのはかえって危険

赤ちゃんがチョコレートを食べたのを見た場合、「すぐに吐き出させた方がいいのでは?」と思ってしまいますよね。

しかし、まだ口の中でモグモグしている時は、口の中から取り出しても構いませんが、すでにチョコレートを飲み込んでいる場合は、無理に吐き出させたりしない方が良いとのことです。
意図的に嘔吐させるのはかえって危険とのことです。

ただ、喉詰めや窒息状態が起こっている時は吐き出させるなどの対応をしましょう。

赤ちゃんの細い食道や気管支に詰まりやすそうな、チョコボールや粒チョコを赤ちゃんの手の届くところに置かないよう注意が必要です。

まとめ

赤ちゃんにチョコレートを食べさせるのは、3歳になってからにしましょう。

しかし、上にお兄ちゃんやお姉ちゃんがいて、食べるのを見て欲しがったときには、食べる量は「少な目の1かけら」と決め、食べた後のフォローは忘れずしましょう。
そして、チョコレートアレルギーの症状に注意をして、初めて口にするときは赤ちゃんをしっかり観察しましょう。

蜂蜜(はちみつ)の栄養効果と赤ちゃんにダメな理由 母乳育児の母親には?

誘惑の多いチョコレートですが、大人も食べすぎには注意しましょうね。