流行すると、猛威をふるうインフルエンザですが、赤ちゃんはインフルエンザの予防接種をいつから受けることが出来るのでしょう。

副作用はあるのでしょうか?

赤ちゃんをインフルエンザから守るためには予防接種は受けるべきなのでしょうか?

そこで、赤ちゃんがインフルエンザの予防接種を受けられる時期や気になる副作用、予防接種を受けるべきか否かについて紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

赤ちゃんはインフルエンザの予防接種をいつから受けることができるの?

インフルエンザの予防接種は赤ちゃんの場合、生後6か月(満6か月)から受けることができます。
しかし、希望する人だけが受ける「任意接種」なので、費用は全額自己負担です。

生後6ヶ月未満の赤ちゃんにインフルエンザの予防接種しないのは、まだまだこの時期はお母さんからの免疫が働いていることが期待されているからです。

インフルエンザの予防接種を2回接種する必要性

日本では、インフルエンザの予防接種は、生後6ヶ月~3歳未満、そして3歳~13歳未満については、2回の接種をすすめられていています。

・6か月 ~ 3歳未満 1回0.25ml × 2回  計0.5ml
・3歳 ~ 13歳未満 1回0.5ml × 2回   計1ml

 

13歳未満にインフルエンザの予防接種を2回する理由は次の通りです。

赤ちゃんや子供は常に家族に守られています。
だから、まだ様々なウイルスや菌に触れていません。
そのため、大人に比べるととても免疫力が低いので、赤ちゃんや子供がより高い効果を得るために、インフルエンザの予防接種は2回必要なのです。

 

2回接種することによって予防接種の効果は、1回のみ打った時と比べて、10倍ほど上がると言われています。

これを、ブースト効果といいます。

ブースト効果は、2回の予防接種をしないと期待できません。
赤ちゃんや子供がインフルエンザの予防接種を受けるときは、しっかりと2回受けるようにしましょう。

こちらの記事も参考にしてください。
赤ちゃんインフルエンザ予防接種の時期と他の予防接種の兼合い 費用は?

赤ちゃんにインフルエンザの予防接種 副作用は大丈夫?

インフルエンザの予防接種を受けてあらわれる副作用(副反応)は下記の通りです。

◇局所反応(10%程度)

・発赤
・腫脹
・疼痛 など

◇全身反応(1%以下)

・発熱
・悪寒
・頭痛
・倦怠感
・嘔吐
・下痢 など

 

このような症状は、通常2~3日で消えるので特別に処置をする必要はありません

しかし、赤ちゃんは言葉が話せないので辛さを訴えられません。
お母さんが赤ちゃんの様子を見ていて、心配な時には医師に相談しましょう。

卵アレルギーを持っている赤ちゃんの場合

通常なら2~3日で消える副作用(副反応)ですが、問題なのが卵アレルギーを持っている赤ちゃんの場合です。

 

インフルエンザワクチンの製造に鶏卵を使っているので、微量ですが卵の成分がワクチンの中に間違いなく残存します。

そのため、卵アレルギーの人がインフルエンザワクチンを接種すると、じんましん発疹口腔のしびれなどの「アナフィラキシーになるかもしれません。

※アナフィラキシー」とは、極めて短い時間のうちに、全身にアレルギー症状が出る反応のことです。

 

まだ離乳食があまり進んでいない赤ちゃんの場合、食べ物のアレルギーがあるかわからないこともあり得ます。
この場合は、卵ボーロなどを少しづつ口に含ませてあげて確認してみるのがいいと言われています。

やはり、1歳未満の赤ちゃんの予防接種を受ける場合は、かかりつけの小児科のお医者さんに相談することをおすすめします。

 

我が家の息子の子供、簡単に言うと私の孫は卵アレルギーでしたが、かかりつけの小児科のお医者さんと相談をして、インフルエンザの予防接種をしていました。
気にしていた副作用(副反応)も大丈夫でした。

お母さんやお父さんは気に病んで悩むより、まずは信頼できる医師に相談ですね。

副作用(副反応)のリスクを少なくするための注意点

ワクチン接種によるアナフィラキシー反応は、接種後30分以内に起こることが多いので、ワクチン接種後30分は場所を移動したりせずに、安静にして赤ちゃんの様子をみましょう。

また、接種した当日は激しい運動をさせないようにし、入浴時は注射した所をこすらないように気をつけてください。

予防接種後に副作用が出た場合は、速やかに接種してもらったお医者さんに相談しましょう。

赤ちゃんはインフルエンザの予防接種を受けるべき?

流行すると猛威をふるうインフルエンザは大人でもとてもつらいですよね。
もしも、小さな身体で辛さを訴えることが出来ない赤ちゃんが、インフルエンザに感染してしまったら、そう思うだけで心配です。

でも、副作用(副反応)も心配というお母さんやお父さんも少なくないでしょう。

生後6ヶ月を過ぎていたら、赤ちゃんにインフルエンザの予防接種を受けさせるべきなのでしょうか?

受けさせるか否か、これはお医者さんによっても判断が分かれるようです。

 

厚生労働省から発表されている資料では、「1歳未満のお子様本人への接種は、免疫をつけることが難しいため推奨されません。」とされています。

ということは、1歳未満の赤ちゃんがインフルエンザの予防接種を受けたからといって、完全に防げるというわけではないってことになるのでしょうか?

 

しかしよく考えると、大人だってインフルエンザは、新型、A型、B型、C型など毎年流行する型が違っているから、予防接種を受けたからと言って必ずしも感染しないというわけではなく予防のために任意で打っているのです。

 

赤ちゃんにとっても100%予防できなくても、予防接種はインフルエンザの感染を少なくする効果があることは認められています。
インフルエンザは老人と乳児がかかると重症になることも明らかになっています。
そして、インフルエンザは自然発生的に赤ちゃんが発症するものではないのです。

これら3つのことを踏まえて考えてみましょう。

赤ちゃん本人が保育園に行き集団生活をしている場合

赤ちゃん本人が保育園に行き集団生活をしている場合は、インフルエンザの予防接種を受けるのが良いでしょう。

集団生活をしている場合、感染する確率はとても高いです。

もしも、感染してしまった場合でも症状が軽くなるのであればそれに越したことはありませんね。

赤ちゃん本人はまだ集団生活をしていない場合

赤ちゃん本人はまだ集団生活をしていない場合は、インフルエンザの予防接種は受けなくて良いのかというとそうでもないのです。

家族の中にインフルエンザに感染するリスクの高い人がいる場合

・兄弟など上の子がいる。
・親が医療関係の仕事をしている。
・親が大勢の人と接する販売業の仕事をしている。
・親が通勤に公共交通機関を利用している。

このような場合は、家族全員がきっちりと予防接種をし、家族から赤ちゃんへ感染を防ぐ必要があります。
そして赤ちゃんも、インフルエンザの予防接種を受けていればさらに効果があるでしょう。

家族の中にインフルエンザに感染するリスクの高い人はいない場合

インフルエンザが猛威を振るうと言われている時期(年末から2月末くらい)は、赤ちゃんを連れて人ごみの中への外出は控えましょう

そして次のようなことをしっかり実践しましょう。
これはどのような場合でも同様です。

マスクの着用
・帰宅時の手洗い
うがいの徹底
・部屋の温度や湿度を適切に

 

家族が家の中にインフルエンザウイルスを持ち込まないこと、家の中の環境を整えること、これらの予防策を家族全員で実行することが重要になります。

これらの予防策を徹底し実行することで、赤ちゃんがインフルエンザの予防接種を受けなくても、ある程度防ぐことはできるのではないでしょうか。

しかし、それでも迷ってしまう時は、かかりつけの小児科のお医者さんに相談しましょう。

 

ちなみに、インフルエンザワクチンの効果が現れる時期と効果の持続時間には個人差があります。
一般的に効果が持続するのは、インフルエンザワクチンの接種後、2週間目ごろから5カ月間程度とされています。

まとめ

インフルエンザから赤ちゃんを守るのは、赤ちゃん本人に予防接種を受けさせることも大事ですが、インフルエンザに感染しないように、普段から一緒に暮らす家族が自覚を持って予防策を実行し、ウイルスを持ち込まないことです。

寒い冬、ぜひともインフルエンザに感染することなく乗り切りましょう。