京都嵐山の紅葉名所4選(天龍寺、宝厳院、常寂光寺、二尊院)の見ごろや基本情報とアクセス、駐車場、おすすめの立ち寄りスポットについて紹介します。

誰もが憧れる京都嵐山の紅葉は、ハイシーズンは混雑するからとの理由で二の足を踏んでいる人も少なくないようですが、朝の澄んだ空気の中で朝日を浴びる贅沢な時間の散歩で見る紅葉は一級品です。
人もまだ少ない早朝散歩で紅葉を楽しみましょう。

京都嵐山の紅葉名所 天龍寺(てんりゅうじ)

天龍寺は京都市内の最も西に位置するために、京都一早く昇る朝日が鮮やかに色づいた紅葉を照らし出します。

嵐山や亀山を借景として、曹源池庭園や庭の裏の紅葉のトンネルの美しさに眠気も吹っ飛んでしまいます。

紅葉の見ごろ・種類・規模

■見ごろ
11月中旬 ~ 12月上旬

■種類
・カエデ
・サクラ
・ドウダンツツジ
・ハナミズキ など

■規模
約300本

天龍寺の基本情報

■住所
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68

■TEL
075-881-1235

■参拝時間
8:30 ~ 17:30(北門は9:00開門・17:00閉門)

※10月21日~3月20
8:30 ~ 17:00(北門は9:00開門・16:30閉門)

※2017年情報
・11月11日(土)~ 12月3日(日)
7:30 ~ 17:30

【受付場所】
・庭園受付
・庫裏受付
・北門受付

■休日
無休

■参拝料金
庭園(曹源池・百花苑)
・高校生以上 500円
・小中学生  300円
・未就学児  無料

※諸堂(大方丈・書院・多宝殿)参拝は300円追加、法堂(はっとう)特別参拝は別途500円
行事等により諸堂参拝休止日があります。

法堂(雲龍図)特別公開

加藤又造画伯が描いた「雲龍図」です。

通常参拝料とは別に500円

土日祝日のみですが、春・秋は毎日公開期間あります。
9:00~17:00(10月21日~3月20日は16:00閉門)

【2018年 秋の特別参拝(毎日公開)】
●期間
2018年9月1日(土)~ 12月2日(日)
嵐山花灯路期間 2018年12月8日(土)~ 17日(月)

天龍寺へのアクセスと駐車場

■電車利用の場合
・京福電鉄嵐山線 「嵐山駅」より すぐ
・JR嵯峨野線 「嵯峨嵐山駅」より 徒歩約13分
・阪急電車 「嵐山駅」より 徒歩約15分

■バス利用の場合
・市バス 11、28、93番 「嵐山天龍寺前」下車 すぐ
・京都バス 61、72、83番 「京福嵐山駅前」下車 すぐ

■車利用の場合
名神高速道路 京都南ICより  約30分

■駐車場情報
・収容台数
自家用車(100台)

・料金
乗用車(1回 1,000円)
タクシー:2時間 500円

・営業時間
8:30 ~ 17:30(17:30に閉門)
※10月21(土)~ 3月20日(火)17:00に閉門

京都嵐山の紅葉名所 宝厳院(ほうごんいん)

宝厳院の庭園は室町時代の禅僧策彦周良禅師によって作庭され、「獅子岩」等の巨岩を配した借景回遊式庭園です。
江戸時代の京都の名所名園を収録した「都林泉名勝図会」に紹介されています。
嵐山を借景に、深紅や黄色に色づく木々と緑の苔とのコントラストはとても美しく、毎年春と秋のみ本堂襖絵とともに特別拝観でき、紅葉の見ごろにはライトアップも行われます。

昼間の様子

 

夜のライトアップの様子

紅葉の見ごろ・種類・規模

■見ごろ
11月中旬 ~ 12月上旬

■種類
・モミジ
・カエデ
・ドウダンツツジ など

■規模
約300本

宝厳院の基本情報

■住所
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町36

■TEL
075-861-0091

2018年 秋の特別拝観

●開催期間
2018年10月6日(土)~ 12月9日(日)

●拝観時間
9:00~17:00

●受付終了
・本堂 16:30
・庭園 16:45

●拝観志納料(庭園)
・大人   500円
・小中学生 300円

宝厳院・弘源寺割引共通券900円
【宝厳院本堂特別公開】
大人500円・小中学生300円の別途志納料が必要です。

2018年 秋の夜間(ライトアップ)特別拝観

●開催期間
2018年11月9日(金)~ 12月2日(日)

●拝観時間
17:30~20:30

●受付終了
・本堂 20:00
・庭園 20:15

●拝観志納料(庭園)
・大人   600円
・小中学生 300円

【宝厳院本堂特別公開】
大人500円・小中学生300円の別途志納料が必要です。

宝厳院へのアクセスと駐車場

■電車利用の場合
・JR嵯峨野線 「嵯峨嵐山駅」より 徒歩約10分
・京福電鉄嵐山線 「嵐山駅」より 徒歩約3分
・阪急電車 「嵐山駅」より 徒歩約10分

■バス利用の場合
・市バス
JR京都駅前より 28番乗車 「嵐山天龍寺前」下車 徒歩約5分
・京都バス
JR京都駅前より 72番・73番乗車 「京福嵐山駅前」下車 徒歩約5分

■車利用の場合
名神高速道路 京都南ICより  約30分

■駐車場情報
最寄りの天龍寺駐車場(有料)を利用しましょう。

・収容台数
自家用車 120台

・料金
普通車  1回 1,000円

・営業時間
8:30 ~ 17:30(17:30に閉門)
※10月21日「~ 3月20日17:00に閉門

京都嵐山の紅葉名所 常寂光寺(じょうじゃっこうじ)

常寂光寺は万葉集や百人一首にも登場し、塀のない小倉山の中腹にある古刹です。
境内一帯には樹齢30~120年のオオモミジやイロハモミジの古木が茂っていて、高さ12mほどの紅葉が多宝塔にかかる景色が有名で、高台からは京都の街が一望できます。

紅葉の見ごろ・種類・規模

■見ごろ
11月中旬~12月上旬

■種類
・イロハモミジ
・オオモミジ など

■規模
約200本

常寂光寺の基本情報

■住所
京都府京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3

■TEL
075-861-0435

■時間
9:00 ~ 17:00(最終受付16:30)

■休日
無休

■拝観料
500円

常寂光寺へのアクセスと駐車場

■電車利用の場合
・JR山陽本線 嵯峨野線 「嵯峨嵐山駅」より 徒歩約15分
・京福嵐山線 「嵐山」より 徒歩約20分

■バス利用の場合
・市バス 嵯峨小学校前下車  徒歩約10分
・京都バス 嵯峨小学校前下車  徒歩10分

■車利用の場合
名神高速道路 京都南ICより  約30分

■駐車場情報
常寂光寺には駐車場はありません。

二尊院が隣接しているので、同時参拝して駐車場をお借りすることも可能かもしれませんが、収容台数が少ないのでできるだけ公共交通機関を利用しましょう。
【二尊院駐車場】
・収容台数 10台
・駐車料金 無料
・参拝時間 9:00~16:30

京都嵐山の紅葉名所 二尊院(にそんいん)

二尊院の寺名は阿弥陀如来と釈迦如来の2体を本尊として祀ることに由来しています。
まるで別世界へ誘うような美しい「紅葉の馬場」と呼ばれる約200mの参道は息をのむほどです。
境内奥の時雨亭は、藤原野定家が「百人一首」を選定した場所とされています。

紅葉の見ごろ・種類・規模

■見ごろ
10月下旬~12月上旬

■種類
・イロハモミジ
・オオモミジ など

■規模
約200本

二尊院の基本情報

■住所
京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27

■TEL
075-861-0687

■拝観時間
9:00~16:30(受付終了)

■休日
無休

■拝観料金
・大人(中高生以上) 500円
・小人(小学生以下) 無料
※障害者手帳を受付で提示すると無料で拝観できます。

二尊院へのアクセスと駐車場

■電車利用の場合
・JR山陰本線 嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」より 徒歩約15分
・京福嵐山本線 「嵐山駅」より 徒歩約15分

■車利用の場合
名神高速道路 京都南ICより  約30分

■駐車場情報
収容台数が少ないので、できるだけ公共交通機関を利用しましょう。

・収容台数  10台(無料)

京都嵐山の紅葉名所でのおすすめ立ち寄りスポット

嵯峨豆腐を使った湯豆腐で歩き疲れた体を温め、自家製スイーツに癒されましょう。

西山艸堂(せいざんそうどう)

天龍寺塔頭の一つ、妙智院の境内にある湯豆腐のお店です。
メニューは「湯豆腐定食」のみです。

■住所
京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町63
075-861-1609

■営業時間
11:30~17:00(ラストオーダー16:30)

■休日
水曜日
月1回、火曜日不定休

■駐車場
無し

さがの楓カフェ

美しい楓に囲まれた自家製スイーツが自慢のお店です。
お店の周りの紅葉も見事で、店内からも窓越しに嵯峨野の田園風景を眺めることができます。

■住所
京都府京都市右京区嵯峨小倉山堂ノ前町21-8
075-756-7415

■営業時間
12:00~17:00(季節により変動有り)

■休日
水曜日(季節により変動有り)

■駐車場
収容台数   2台(無料)

まとめ

京都嵐山の鮮やかな深紅に紅葉したオオモミジやカエデ、イロハモミジにどっぷりと癒されましょう。

ハイシーズンの混雑は避けて塔ることはできませんが、早朝散歩がねらい目です。
早起きは参拝に得です。