大人から子供まで楽しめる昭和記念公園のコスモスの見ごろと開花時期や開花状況、コスモスまつり、アクセスや駐車場の紹介です。

東京都立川市の国営昭和記念公園は、東京ドームの約40倍の広さを持ち季節の花々が咲く公園です。
例年9月の中旬から、秋を告げるコスモスが開花し始めコスモスまつりも開催されます。

3ヶ所のエリアに咲く550万本のコスモスが時期を変えながら咲き誇る姿を楽しめますよ。

昭和記念公園のコスモスの見ごろや開花状況

昭和記念公園は、東京都立川市と昭島市の両市にまたがる旧米軍立川基地跡に建設された国営公園で、全面積は180ha、東京ドームの40個分、平地の公園としては全国一規模の広大な公園です。

コスモスの開花は、気温より日照時間が影響するため多少のずれはありますが、だいたい例年同じ時期になります。

広大な昭和記念公園で咲くコスモスの見ごろは例年9月中旬から11月上旬です。
そして見ごろの期間は、開花してから2週間から3週間くらいあります。

昭和記念公園のコスモスは広大な敷地の次の3ヶ所で楽しめます。
・みんなの原っぱ 西花畑
・みんなの原っぱ 東花畑
・花の丘

みんなの原っぱ 西花畑・東花畑の種類や見ごろと開花時期

みんなの原っぱは、園内のちょうど真ん中に位置し、南北に約400m、東西に約300mの広大な原っぱです。
約11haで、東京ドームがまるまる2つ入るという広さにビックリしてしまうでしょう。

中央には公園のシンボルツリー高さ20m以上の大ケヤキがあります。
まるで童話の世界のようです。

私は思わず、「このー木なんの木、気になる木・・・」と唄ってしまいました。
ケヤキと知ってはいましたが、そんな大らかな気持ちにさせてくれる原っぱです。

この原っぱの東と西にある2つの花畑でコスモスが開花します。

みんなの原っぱ・西花畑

■見ごろ
10月下旬~11月上旬

■開花時期
10月下旬~11月上旬

■品種
イエロー系3品種(80万本)
・イエローキャンパス
・イエローガーデン
・サンセットイエロー

みんなの原っぱ・東花畑

■見ごろ
9月下旬~10月上旬

■開花時期
9月中旬~9月下旬

■品種
ピンク系1品種(70万本)
・ハッピーリング

花の丘

花の丘は、約15,000㎡の広大な花畑です。

コスモスが花の丘一面に咲き、丘の上からは立川駅方面が一望できます。

みんなの原っぱ 花の丘の種類や見ごろと開花時期

■見ごろ
10月中旬~10月下旬

■開花時期
10月上旬~10月下旬

■品種
ピンク、赤、白の大輪系1品種(400万本)
・ドワーフセンセーション

昭和記念公園コスモスまつり2018 日程や基本情報

昭和記念公園コスモスまつりは、例年コスモスの見ごろ9月中旬~11月初旬に開催されています。

2018年の情報が発表されましたら追記いたします。

2017年の参考情報です。
■開催日程
2017年の日程
9月 16日(土)~10月29日(日)

■開催場所
国立昭和記念公園
東京都立川市緑町317
園内3ヶ所のエリア(みんなの原っぱ・西花畑・東花畑に、花の丘)

花の丘は日本庭園先、こもれびの里近くになります。

■本数
約550万本

■開園時間
・9月
土日祝(9:30 ~ 18:00)
平日 (9:30 ~ 17:00)
・10月(9:30 ~ 17:00)
・11月(9:30 ~ 16:30)

■入園料(4月1日より変更)
・大人(15歳以上)450円
・小人(小・中学生)無料
・シルバー(65歳以上)210円
【2日間通し券】
・大人(15歳以上)500円
・シルバー(65歳以上)250円
【年間パスポート】
・大人(15歳以上)4,500円
・シルバー(65歳以上)2,100円

⇒ 越後丘陵公園のコスモス見ごろと営業時間 アクセスと駐車場&立ち寄りスポット

年間入園パスポートを購入して全国の国営公園を利用してみましょう。

■秋の無料入園日
9月17日(月・祝) 敬老の日(65歳以上)
10月21日(日)秋の都市緑化月間
10月28日(日)秋の都市緑化月間

■パークトレイン
広大な公園は季節の花を楽しむ以外にも、ボート、バーベキュー、子どもさんの遊び場、ドッグラン、レストラン、サイクリング、日本庭園、盆栽苑など、さまざまは施設あります。
しかし、歩いて回るのは大変です。
特に、小さな子供や高齢の方には相当大変でしょう。

そこでおすすめしたいのがパークトレインです。
下車する場所は自由ですし、車椅子での利用も可能です。
・一日乗り放題の一日フリーパス券(4歳以上)510円
・1回利用(下車無効)で大人(15歳以上)310円/小人(4歳以上中学生以下)150円

コスモス摘み取り体験

例年、コスモスまつりの最終日には、「コスモス摘み取り体験」が開催されます。
しかし、その年の天候(日照不足や暑さ)によって予定よりも早く見頃が終わってしまう場合は、1週間前倒しして開催することもあります。

実際2017年は1週間前倒しで開催されました。

参加費:無料
受付:当日(日時・場所は開花状況により変更の可能性あり)
持ち物:軍手、ハサミ、ビニール袋 など
問い合わせ先:事前に会場・主催者に問い合せするか、公式サイト等で最新情報を確認しましょう。

昭和記念公園へのアクセス情報

電車利用の場合

■高松口
・多摩都市モノレール 高松駅(徒歩約9分)
■あけぼの口
・多摩都市モノレール 立川北駅(徒歩約8分)
・JR中央線 立川駅(徒歩約10分)
■立川口
・多摩都市モノレール 立川北駅(徒歩約13分)
・JR中央線 立川駅(徒歩約15分)
■西立川口
・JR青梅線 西立川駅(徒歩約2分)
■昭島口
・JR青梅線 東中神駅(徒歩約10分)
■玉川上水口
・西武拝島線 武蔵砂川駅(徒歩約25分)
■砂川口
・西武拝島線 武蔵砂川駅(徒歩約20分)

車利用の場合

中央自動車道国立府中ICより8kmです。
中央自動車道国立府中IC下車し、国道20号線を立川方面へ向かい、日野橋交差点を右折します。

昭和記念公園 3つの駐車場

さすがに大きな公園です。
立川口、西立川口、砂川口の3ヶ所に駐車場が併設されています。
営業時間は公園の開園時間と同じです。

■立川口
【普通車】
収容台数 1,755台
・一般        820円
・年間パスポート提示 720円

【原付・自動二輪車】
収容台数 70台
・一般        260円
・年間パスポート提示 210円

■西立川口
【普通車】
収容台数 345台
・一般        820円
・年間パスポート提示 720円

【原付・自動二輪車】
収容台数 40台
・一般        260円
・年間パスポート提示 210円

■砂川口
【普通車】
収容台数 431台
・一般        820円
・年間パスポート提示 720円

【原付・自動二輪車】
収容台数 18台
・一般        260円
・年間パスポート提示 210円

※障害者手帳及び療育手帳、精神障害者福祉手帳の交付を受けている方、もしくは同乗者の方の手帳提示により駐車料が無料になります。

まとめ

東京という都会で、身近に大自然の雄大さを体験できる国営昭和記念公園は、バリアフリーがとても充実しています。
車イス用スロープの整備、多目的トイレの設置等のほかに、各入口に車イス(無料)が用意されています。

駐車場も充実しているので、車を利用したり電車を利用して、スケールの大きさに圧倒されるコスモスを観賞して、秋の訪れを感じてください。

昭和記念公園の紅葉はデートにおすすめ 見頃の時期とアクセス&駐車場

コスモスの次は黄葉や黄葉を楽しみましょう。