熊野大花火大会は、三重県熊野市で行われる三百余年の歴史を誇る、熊野灘を舞台に繰り広げられる伝統の花火大会です。

お盆の初精霊供養が起源と伝えられる初精霊供養の灯籠焼きは現在でもプログラムに組み込まれ、延々と続く美しい七里御浜や、国の名勝に指定されている鬼ヶ城では「鬼ケ城大仕掛け」など、約1万発の花火が打ち上げられます。
重さ250kgの花火玉を爆発させる「三尺玉海上自爆」は、海面に直径600mもの美しい円形が開花しその姿は他の会場では見られないほどの圧倒的なスケールです。

そこで、「熊野大花火大会2018」の日程や見どころと場所取り情報、交通規制たアクセスと駐車場について紹介します。

参考になれれば幸いです。

熊野大花火大会2018 日程や開催情報

■開催日時
2018年8月17日(金)
19:10 ~ 21:45
※雨天・高波の場合は順延です。
開催や順延の最終決定は、当日の6:00に公式ホームページ等で確認できます。
8月18日(土)・22日(水)・27日(月)・28日(火)のいずれかに順延予定となります。

熊野大花火大会の手ごわい敵は高波です。
花火大会が延期になる場合、雨の影響よりも台風による高波の影響による場合がほとんどです。
空は青空なのに海岸に台風の影響による高波が押し寄せ、延期となったことが過去にありました。
日本のはるか沖合に発生している台風の場合でも、沿岸には5m~10mもの高波が打ち寄せている場合があります。

■打ち上げ会場
三重県熊野市 七里御浜海岸

■打上玉数
約10,000発

■問い合わせ先
熊野市観光協会
TEL 0597-89-0100

熊野大花火大会2018 歴史と見どころ

熊野大花火大会の歴史

熊野大花火大会は三百余年の伝統を誇り、その起源はお盆の初精霊供養に簡単な花火を打ち上げ、花火の火の粉で灯籠焼を行ったのが始まりと伝えられています。
近年花火の規模が拡大しても本来の目的であった初精霊供養の要素は消える事はありません。
現在の花火大会のプログラムにも初精霊供養の灯籠焼きや追善供養の打ち上げ花火が登場します。

熊野大花火大会の見どころ

全速力で走る2隻の船から、点火した花火をつぎつぎと投げ入れる「海上自爆」は海上で半円形の花を咲かせ、花火の火の粉が全速力で走る船を追いかけるように開く様子はスリル満点です。

 

また、400m沖合いに浮ぶ筏に、重さ250kgの花火玉を爆発させる「三尺海上自爆」は海面に直径600mもの美しく広がる半円形が開花し圧倒的なスケールを楽しめます。

 

さらに、熊野大花火大会のフィナーレを飾る「鬼ヶ城大仕掛け」は、国の名勝天然記念物でもある鬼ヶ城という岩場や洞窟を利用して仕掛花火を行い、中でも鬼ヶ城の岩場に、8号から二尺玉までの花火玉を直に置いてそのまま爆発させる大迫力の「鬼ヶ城大自爆」は、岩場での反射音や洞窟での響鳴音も加わり、音と光の衝撃は他の会場では味わえない大迫力の花火です。

熊野大花火大会2018 場所取り情報

■場所取りの解禁日時
2018年8月12日(日)
17:00 ~

■場所取りの規制区域
木本港から井戸川ボックスカルバートまで

観覧スペースには限りがあります。
場所取りによるトラブルが発生しないよう、各々がマナーを守って場所取りの範囲は各々は必要最小限としましょう。

熊野大花火大会2018 交通規制やアクセスと駐車場情報

交通規制

花火大会当日は、会場周辺は交通規制が実施されるので大渋滞します。
出来るだけ公共交通を利用し、早めの行動をとりましょう
渋滞の原因となるような違法駐車は絶対やめましょう。

また、花火の打上開始は19:10からとなっていますが、午後になると電車も道路も混雑し花火開始に間に合わない可能性も少なくありません。
混雑を避けるためにも花火会場へはできるだけ早く到着することをおすすめします。

※2018年の交通規制について追記いたします。

!注意!
上記の交通規制図内の列車運行内容が変更になっています。
0:02 熊野市駅 発上り(名古屋方面) 各駅停車は「津駅」行きから「紀伊長島」行きになりました。

【2017年実績情報】
参考にしてください。

・規制日  2017年8月17日(木)
・規制時間 9:00 ~21:00
・規制場所 熊野尾鷲道路(尾鷲南IC ~ 熊野大泊IC)
・内容
上り(名古屋方面) 交通規制はありません。
下り(和歌山方面) 一般車両通行止め(途中ICからも進入禁止です)

アクセス

■電車利用の場合
JR 「熊野市駅」より徒歩約5分

●名古屋駅から
特急「ワイドビュー南紀号」で熊野市駅まで約3時間です。

●新大阪駅から
・最短ルート     三重県周り、松阪駅から特急「ワイドビュー南紀」(約2時間)
・乗換の少ないルート 和歌山県周り、特急「くろしお」で新宮駅まで約4時間
新宮駅から普通列車で熊野市駅まで約40分です。

■車利用の場合

●名古屋市内から

・東名阪自動車道 → 伊勢自動車道(紀勢自動車道尾鷲北IC 終点)→ 国道42号 → 熊野尾鷲道路(尾鷲南IC 始点 ~ 熊野大泊IC 終点)

●大阪市内から

1.阪神高速松原JCT ⇒ 西名阪自動車道天理IC ⇒ 名阪国道伊勢関IC ⇒ 伊勢自動車道勢和多気JCT ⇒ 紀勢自動車道尾鷲北IC ⇒ 国道42号線 ⇒(熊野尾鷲道路尾鷲南IC~大泊IC)⇒ 至 熊野市街地

2. 阪神高速豊中JCT ⇒ 名神高速草津JCT ⇒ 新名神高速亀山JCT ⇒ 伊勢自動車道勢和多気JCT ⇒ 紀勢自動車道尾鷲北IC ⇒ 国道42号線 ⇒(熊野尾鷲道路尾鷲南IC〜大泊IC)⇒ 至 熊野市街地

3.阪神高速松原JCT ⇒ 阪和自動車道美原JCT ⇒ 南阪奈自動車道葛城IC(終点)⇒ 大和高田バイパス小房交差点右折 ⇒ 国道169号線 ⇒ 至 熊野市五郷町

■バス利用の場合
●名古屋から
三重交通(名古屋南紀線)
名古屋駅(名鉄バスセンター)→ 約4時間

●東京から
三重交通(池袋・大宮線)
JR池袋駅東口 → 約9時間25分
横浜駅東口 → 約8時間20分

臨時駐車場

全ての駐車場で深夜まで開放するので、仮眠などでの利用も可能になります。
当日の熊野市・観光協会公式の臨時駐車場の場所や清掃協力金は、2018年は花火大会前日の8月16日(木)にこちらよりお知らせとなります。

【2017年の実績情報】
2017年のデータを参考にしてください。

駐車料金は清掃協力金として下記の通りです。
・一般車両(2,000円)
木本中学校、大吹峠駐車場は3,000円です。
・バイク(500円)
バイクは有馬駐車場、山崎駐車場、金山駐車場となります。

★山崎運動公園有馬中学校と金山農村公園予定地は翌朝8:00まで駐車可能です。

■有馬駐車場
・P-1 有馬中学校 (130台)
開場時間 7:00 ~
満車予想 8:00頃

・P-2 市営陸上競技場(490台)
開場時間 P1満車後
満車予想 11:00頃

・P-3 市営野球場(390台)
開場時間 P2満車後
満車予想 14:00頃

・P-4 熊野精工・矢田(180台)
開場時間 P3満車後
満車予想 15:00頃

・P-5 旧近大高専有馬中学校 (410台)
開場時間 P4満車後
満車予想 16:00頃

■山崎駐車場
P-6 山崎運動公園有馬中学校 (280台)
開場時間 5:00 ~
満車予想 15:00頃

・P-7 不燃物処理場(200台)
開場時間 P6満車後
満車予想 17:00頃

・P-8 新矢田橋(135台)
開場時間 P-7満車後
満車予想 18:00頃

■金山駐車場
P-9 金山農村公園予定地(800台)
開場時間 12:00 ~
満車予想 16:00頃

・P-10 金山小学校(180台)
開場時間 P-9満車後
満車予想 20:00頃

■その他の駐車場
・P-11 有馬小学校(70台)
開場時間 7:00 ~
満車予想 8:00頃

・P-12 花由(90台)
開場時間 P-11満車後
満車予想 15:00頃

・P-13 旧建設省跡(70台)
開場時間 8:30 ~
満車予想 11:00頃

・P-14 木本中学校 (320台)
開場時間 7:00 ~
満車予想 10:00頃

・P-15 大吹峠駐車場(55台)
開場時間 7:00 ~
満車予想 8:00頃

まとめ

三百余年の歴史を誇り、熊野灘を舞台に繰り広げられる伝統の熊野大花火大会の、海上自爆や三尺玉海上自爆、鬼ヶ城大自爆は他の会場ではなかなか見ることはできません。

ぜひ、大迫力で圧倒的スケールの熊野大花火大会を体験してみましょう。