全国新作花火競技大会は長野県の諏訪市の諏訪湖を舞台に行われる、全国の意欲ある煙火師たちが長年培ってきた経験と独創的な発想で作る、従来の枠にとらわれない新しいユニークで芸術性の高い新作花火を競う花火大会です。

毎年8月15日に開催される諏訪湖祭湖上花火大会と並び、諏訪の二大花火大会のひとつとして親しまれています。

そこで、「全国新作花火競技大会2018」の日程や開催情報、見どころ、有料観覧席チケットや穴場スポット情報、アクセスや交通規制、臨時駐車場について紹介します。

参考になれれば幸いです。

全国新作花火競技大会2018 日程や開催情報

■開催日時
2018年9月1日(土)
19:00 ~ 20:30
開門時間 15:00予定
※雨天決行です。

■打ち上げ場所
諏訪湖上
長野県諏訪市上諏訪温泉

諏訪湖は花火の打上げ場所、観覧場所として全国でも有数のロケーションを誇ります。

■観覧場所
・諏訪市上諏訪温泉 諏訪湖畔

■打上数
約18,000発(花火最大サイズ 10号玉)

■有料観覧席
有料自由席(石彫公園内)のみの販売です。
※ペットの同伴(入場)はできません。

■屋台
約70店(予定)

■トイレ
あり

■問合せ先
新作花火大会事務局(諏訪観光協会内)
TEL 0266-52-2111

全国新作花火競技大会2018 見どころ

全国でも指折りのロケーションを誇る諏訪湖を舞台とし、全国からから集まった意欲ある煙火師たちが自慢の職人技を競います。
従来の枠にとらわれない一風変わった斬新な発想の花火がメッセージや音楽とともに打ち上がり、諏訪湖ならではの湖面に映り込むラストの水上スターマインは見るものを「あっ!!」と言わせるほど美しく見逃せません。

 

9月に開催されることから、8月の花火大会を見逃してしまった方にも楽しんでいただけます。
なんと言っても、夏場より涼しいので快適に花火を見ることができますよ。

全国新作花火競技大会2018 有料観覧席チケット

「全国新作花火競技大会」には有料観覧席がありますが、石彫公園(諏訪市湖畔子園)内に設けられる有料自由席のみです。
有料ですが自由席なので場所取りは必要になります。

有料観覧席の販売方法は、ローソンチケットとイープラスチケットによる委託販売と現地販売の2種類です。

【ローソンチケット】
■受付期間
7月5日(木)10:00~(完売しだい終了)
■販売枚数
約4,500席
■金額
・大人  1枚 3,000円
・子供(3歳以上小学生まで)1枚 1,500円
■購入可能枚数
1受付 大人、子供合わせて10枚までです。
■販売方法
Lコード 38901
●電話予約
・自動音声予約 0570-084-003(24時間自動音声対応)
●オペレータ予約・問い合わせ
0570-000-407(10:00~20:00 無休)
0570-000-777(10:00~20:00 無休)
●インターネット予約
会員登録が必要です。
●ローソン・ミニストップ店舗での購入
全国のローソン・ミニストップ設置の「Loppi」にて

【イープラスチケット】
■受付期間
7月5日(木)10:00~(完売しだい終了)
■販売枚数
約1,500席
■金額
1枚 4,000円
■購入可能枚数
1受付  15枚
■販売方法
インターネットおよび全国のファミリーマート店頭のFamiポートで購入(電話受付・予約・販売はありません。)
■問い合わせ先
イープラスカスタマーセンター
TEL 0570-06-9911(受付時間10:00~18:00 土日含む)

【店頭販売】
期間中でも売り切れ次第販売終了です。
事前に完売した場合は当日販売はありません。

■販売場所
8月17日(金)10:00~12:00
諏訪市文化センター 2階 第2集会室
8月17日(金)13:00~18:00
諏訪市観光案内所(JR上諏訪駅舎横)
8月18日(土)~ 8月31日(金)9:00~18:00
諏訪市観光案内所(JR上諏訪駅舎横
9月1日(土)9:00~18:00
諏訪市観光案内所(JR上諏訪駅舎横)
9月1日(土)9:30~
諏訪市諏訪湖畔券売所(ホテル鷺乃湯前 諏訪湖側)
■販売枚数
約2,000席
■金額
大人  1枚 2,500 円
子供(3歳以上小学生まで)1枚 1,000円
■購入可能枚数
1人  大人・子供合わせて10枚までです。

全国新作花火競技大会2018 穴場スポット

有料観覧席は席数が限られているので、チケットを手に入れることが出来なかったという方もいらっしゃるでしょう。
そこで無料で花火を観覧できる穴場スポットを紹介します。

■間欠泉センター付近
花火の大きさや音は迫力満点なのですが、仕掛け花火や水上スターマインの見え方が少し斜めに見えます。
しかし、メイン会場の混雑よりは、ゆったりしていて間欠泉センターの階段が座れれば、最高の穴場スポットです。

■諏訪湖ヨットハーバー周辺
打ち上げ会場からも程近く、全国新作花火競技大会の公式臨時有料駐車場が設置される場所なので、車利用の方におすすめです。
ここは、仕掛け花火も水上花火もしっかり見ることのできる穴場スポットです。

■立石公園
立石公園は定番スポットと言える場所です。
ここからの諏訪市街の夜景は美しく、花火とのコラボレーションは最高です。
山腹にある公園なので、車で移動出来る方におすすめです。

■ハーモ美術館周辺
打ち上げ会場から少し距離があるので、比較的車や人の流れが緩やかです。
下諏訪駅から徒歩約10分ほどなので、アクセス抜群です。

■諏訪湖SA
諏訪湖SAは見晴らしの良い場所にあるので、十分にキレイな花火を見ることができます。
帰りの渋滞に巻き込まれないというメリットがあるので、ぜひ帰り方面のSAに駐車することをおすすめします。
早めにSAに入っておきましょうね。

■鳥居平やまびこ公園
打ち上げ会場からは距離がありますが、とても広い公園なのでゆったり花火を楽しめます。
小さな子供や愛犬連れには、ジャンボすべり台やドッグランがありるので、おすすめです。
高台にある公園なので、岡谷市街の夜景と、諏訪湖で打ち上げられる花火を一緒に見て楽しめる穴場スポットです。

全国新作花火競技大会2018へのアクセスと駐車場情報

アクセス

当日はかなりの交通量となり、諏訪市内を中心に交通規制も実施されるので大変混雑します。
臨時駐車場も少ないので、会場へは公共交通機関を利用することをおすすめします。

■電車利用の場合
・JR中央線 「上諏訪駅」下車 徒歩約8分

新宿から中央本線特急で約2時間
名古屋から中央本線特急で塩尻駅(約2時間)→ 中央東線に乗り換え 上諏訪駅下車(約35分)

【帰りの注意事項】
20:00~24:00間、混雑の緩和のため改札口を上り・下りで分けます。
上り(茅野、富士見、小淵沢、甲府、新宿方面)
東口(国道20号側)からの乗車となります。
下り(下諏訪、岡谷、塩尻、松本方面)
西口(諏訪湖側)の臨時改札からの乗車となります。

■車利用の場合
東京、名古屋から中央自動車道で約2時間です。

・中央自動車道諏訪IC → 出口1つ目の信号を左折 → 諏訪湖に出るまで直進 → 上川大橋の信号を右折 約4km

諏訪は、城下町であったこともあり道幅が狭いので、毎年諏訪市内及び周辺の道路は、午後になると駐車場を探す車が連なり諏訪市内を移動するのも厳しい状況です。
また諏訪市への入り口である中央自動車道諏訪IC出口付近は上り、下りどちらも大変な渋滞になります。。

くれぐれも時間に余裕を持って早め行動を心がけましょう。

交通規制

当日諏訪市内各所で交通規制が実施されます。
特に会場周辺一帯の道路は15:00から歩行者天国となり、自動車・自転車の通行はできなくなるので注意しましょう。

2018年の交通規制マップは準備中のため昨年のデータとなります。

臨時駐車場

■有料
【ヨットハーバー】
・収容台数 1,100台(うち障害者専用駐車場 10台程度)
・開場時間 7:00~(昨年データ)
・料金
マイクロバス  12,000円12,000円
特殊車両    8,000円
軽・普通車   3,000円
オートバイ   1,000円

【旧東洋バルヴ跡地・多目的広場(大型予約車専用)】
大型車専用駐車場は予約制です。
7月3日(火)13:00~
TEL 0266-52-2111
諏訪観光協会直通にて予約受付
・収容台数 90台
・料金
大型予約車  15,000円

■無料(普通車のみ)

【県合同庁舎】
・駐車収容台数 300台
・開場時間 10:00~(昨年データ)

【城南小学校校庭、諏訪市役所】
・駐車収容台数 400台
・開場時間 9:00~(昨年データ)

さいごに

従来の枠にとらわれない独創的で斬新な花火が音楽と共に打ち上がる全国新作花火競技会を堪能してください。

真夏の花火と違いその時の気候により、肌寒くなる可能性があるので羽織れるパーカーやカーディガンを持参することをおすすめします。