藤沢花火大会の正式名「はふじさわ江の島花火大会」で、片瀬海岸西浜を打ち上げ場所とする、湘南の秋を代表する花火大会です。

直径約480メートルにも広がる特大二尺玉を含め、江の島をバックに3,000発の花火が湘南の夜空に打ち上がります。

暑さが過ぎ去って涼しくなった10月、この時期の花火大会では全国5位にランクインするほど人気を誇ります。

そこで、「ふじさわ江の島花火大会2018」の日程や開催情報、屋台のおすすめや穴場スポット、アクセスや駐車場について紹介します。

参考になれれば幸いです。

ふじさわ江の島花火大会2018の日程と開催情報

■開催日時
2018年10月20日(土)
18:00 ~ 18:45
※小雨決行
雨天、荒天時は中止です。

■打ち上げ場所
神奈川県藤沢市  片瀬海岸西浜(下記の通り2ヶ所)

■花火の打ち上げ数
約3,000発(2尺玉を含む)

ふじさわ江ノ島花火大会の特徴は、湘南の夜空に空中で直径約480mに開く2尺玉(20号玉)です。

その他にもスターマインも色とりどり、さまざまなバリエーション豊かな花火が打ち上ります。

打ち上数は3,000発と少ないように思われますが、45分という長いとは言えない時間内に迫力満点の花火を楽しめます。

■仮設トイレ
仮設トイレ10ヶ所以上
10月という季節がら、心配なのはトイレですよね。
打ち上げ会場の周辺には仮設トイレ10ヶ所以上設置される予定です。

また、その周辺の県立湘南海岸公園や駐車場手間にも公衆トイレがあります。
江の島内でも駐車場の脇には比較的大きな公衆トイレがあるので花火の打ち上げ時間前に用を足すようにしましょう。

■屋台
例年たくさんの屋台・露店でにぎわいます。
主に屋台が集中するには小田急片瀬江ノ島駅の周辺です。

ただ、ほとんど飲食系の屋台で遊戯系は少ないです。
屋台で定番のやきそば、たこ焼き、お好み焼き、フランクフルト、チョコバナナ、わたあめ等々、食べ物や飲み物は揃っています。

おすすめなのは、ご当地グルメのもつ煮や鳥皮餃子です。
肌寒さを感じる10月にはぴったり、ぜひ花火大会と一緒に屋台も楽しみましょう。

ふじさわ江の島花火大会2018 穴場スポット

有料席は既に完売、場所取りも早い時間からは無理、混雑した中で花火を見るのはちょっとつらいなぁ~という人も少なくないですよね。
そこで、穴場スポットを紹介します。

■県立湘南海岸公園
多少打ち上げ場所から距離は離れてはいますが、花火はしっかり見えます。
また、公園の中には腰掛けることが出来る場所や芝生があるので、カップルやお子さん連れには絶好のスポットです。
トイレがあるのも嬉しいですね。

■片瀬海岸・東浜
花火の打ち上げ場所の対岸になるので、打ち上げ場所の西浜の半分程度の混雑です。
対岸でも花火は真下に近い感覚で見ることができるので、かなりの迫力を味わうことができますよ。
ただ、弁天橋越しに花火が打ち上げられるので、場合によっては一部見えにくい時もあります。

■湘南モールフィル藤沢店屋上駐車場
花火大会当日に、湘南モールフィル藤沢店では屋上駐車場を開放してくれます。
商業施設なので、トイレや食事の心配はいらないので、車で行きたいという方にはおすすめのスポットです。
しかし、打ち上げ会場から少し遠いので大きな花火を見たい方には向いていません。

ふじさわ江の島花火大会2018の交通規制やアクセスと駐車場情報

交通規制

例年、海沿いの国道134号線は交通規制は行わないようです。
しかし、会場周辺の住宅街や道路の一部、主に小田急片瀬江ノ島駅、江ノ島電鉄江ノ島駅、湘南モノレール湘南江の島駅の周辺に交通規制が実施される予定です。(おおよそ17:00~21:00ごろ)

また、江の島内の駐車場が満車になった場合には、島へ渡る江の島大橋に車両規制がかかります。

このように、交通規制時間や場所は当日の混雑状況によって変動するので、できるなら公共交通機関を使うのがおすすめです。

電車利用の場合


★最寄り駅
・小田急     片瀬江ノ島駅下車 徒歩すぐ
・江ノ電     江ノ島駅下車 徒歩5分
・湘南モノレール 湘南江の島駅 徒歩5分

【電車所要時間】
■新宿駅より
・新宿駅(小田急 特急ロマンスカー) → 片瀬江ノ島駅 約60分
・新宿駅(小田急 快速急行)→ 藤沢駅(小田急 江ノ島線)→ 片瀬江ノ島駅 約70分
・新宿駅(JR湘南新宿ライン)→ 藤沢駅(小田急 江ノ島線)→ 片瀬江ノ島駅 約70分

■東京駅より
・東京駅(JR東海道本線)→ 藤沢駅(小田急 江ノ島線)→ 片瀬江ノ島駅 約60分
・東京駅(JR上野東京ライン)→ 品川(JR東海道本線)→ 藤沢駅(小田急 江ノ島線)→ 片瀬江ノ島駅 約70分

■大船駅より
・大船駅(湘南モノレール)→ 湘南江の島駅 約15分

■藤沢駅より
・藤沢駅(江ノ電)→ 江ノ島駅 約10分
・藤沢駅(小田急線 江ノ島線)→ 片瀬江ノ島駅 約7分

車利用の場合

ふじさわ江の島花火大会2018が行われる会場の周辺には臨時駐車場の用意はありません。
花火大会当日は交通規制も行われるので、出来るだけ公共交通機関を利用したほうが良いでしょう。

■山梨、群馬、長野方面より
圏央道(さがみ縦貫道路)八王子JCT → 茅ヶ崎海岸IC → 国道134号を江の島方面へ

■静岡、東京、埼玉方面より
東名高速道路 → 厚木IC → 国道129号を平塚方面 → 国道134号線を江の島方面へ

■東京、千葉、埼玉方面より
横浜新道 → 国道1号線を江の島、藤沢方面へ

駐車場

どうしても車で会場に向かいたい人に江の島周辺の有料駐車場を紹介します。
しかし、観光に来られる方も多い島内の駐車場は花火当日は午前中に満車の可能性が高いので、お昼頃には停めらないと考えておいた方が無難です。
十分に時間の余裕を持って早めの行動をこころがけましょう。

1.藤沢市観光協会江の島駐車場
神奈川県藤沢市江の島1-6-7
・収容台数(約78台)
・料金
普通車 400円/60分
大型車 1,000円/60分

2.江の島なぎさ駐車場
神奈川県藤沢市江の島1-2-1
・収容台数(約327台)
・料金
最初の2時間まで620円 以降200円/30分
当日最大料金 1,540円
宿泊料金 500円

3.湘南港臨港道路附属駐車場
神奈川県藤沢市江の島1-12-2
・収容台数(約347台)
・料金
一般利用者 300円/60分 上限額 1,500円
港湾施設利用者 300円/60分 上限額 820円

3.江の島かもめ駐車場
神奈川県藤沢市江の島1丁目11−1
・収容台数(約503台)
・料金
最初の2時間まで620円 以降200円/30分
当日最大料金 1,540円

4.藤沢市片瀬東浜駐車場
神奈川県藤沢市片瀬海岸1-11
・収容台数(約45台)
・料金
400円/60分
5時間以上 12時間未満 2,000円
以降400円/60分

5.江ノ電駐車センター
神奈川県藤沢市片瀬海岸2丁目20-3
・収容台数(約200台)
・料金
200円/30分

6.片瀬海岸地下駐車場
神奈川県藤沢市片瀬海岸2丁目19
・収容台数(約200台)
・料金
210円/30分
当日最大 1,680円
夜間・泊駐車 500円

7.湘南海岸公園中部駐車場
神奈川県藤沢市片瀬海岸3-25-26
・収容台数(約356台)
・料金
210円/30分
平日最大料金 1,650円
土日祝最大料金 2,060円

8.湘南海岸公園西部駐車場
神奈川県藤沢市鵠沼海岸1-17-24
・収容台数(約350台)
・料金
210円/30分
当日最大 1,300円
土日祝最大 1,540円

さいごに

江の島は見どころの多い場所がたくさんあります。
1日時間がある方は、昼は江ノ島観光、水族館、夜は花火大会とプランを練るのも楽しいのではないでしょうか。

湘南の夜空に大輪の花が咲き乱れる様は圧巻です。

寒さ対策をしっかりして秋の花火を思いっきり楽しみましょう。

神奈川の人気花火大会2018の日程や開催情報とアクセスを紹介

神奈川で開催される他の花火大会もチェックしてみましょう。