北区花火会は、東京都北区赤羽の荒川河川敷でが開催されます。

毎年10月に開催されていましたが、7回目の今年は9月開催です。
まだ歴史の浅い花火大会ですが、プログラムは全5幕で構成され音楽や物語仕立てなどで、どれも趣向を凝らした演目ばかりです。

また花火会の当日は、11時から商店街のお祭りやイベントも会場周辺で実施されます。
荒川の秋の風情を感じながら、澄み渡る夜空に7,777発打ち上げられる花火を楽しみましょう。

そこで、「北区花火会2018」の日程や開催情報や見どころ、有料席チケットやアクセス、駐車場情報を紹介します。

参考になれれば幸いです。

北区花火会2018の日程や開催情報

■開催日時
2018年9月29日(土)

今年の花火打ち上げ時間は現在未定とのことです。
発表されましたら更新いたします。

【昨年の情報】
11:00 ~ 21:00
花火打ち上げ時間 18:30 ~
※小雨決行、荒天の場合は中止です。

■打ち上げ場所
荒川河川敷・岩淵水門周辺(赤水門エリア・青水門エリア)
東京都北区志茂5丁目41-2

■打上数
7,777発

■問い合わせ先
北区花火会事務局(月~金10:00~17:00)
TEL 03-6319-3973

北区花火会2018の見どころ

北区花火会とは

「北区花火会」は北区を代表する民間団体が中心となり、地元の人々が協力しながら開催する秋の花火大会です。
花火大会ではなく「花火会」としたことには、北区民ひとりひとりが力を合わせて協力しながら盛り上げていく手作りの催しなので、親しみを込めて「花火大会」とはせず「花火会」としたのです。

今まで以上に、子どもからお年寄りまですべての北区民が地域へ愛着を感じ絆を深め、花火会を荒川の地域資源を活用した新しい観光事業として「北区の地域振興」と「地域イメージアップ」を目的としています。

見どころ

北区花火会は全5幕で構成されるのですが、特に音楽花火は、コンサート会場にいるような美しい音響で大迫力の花火を体感できます。

また物語仕立ての花火など、趣向を凝らした演目は一瞬たりとも見逃せません。
そして水門と花火のコラボレーションは最高です。

北区花火会2018の有料席チケット

北区花火会2018も、目の前で打ち上がる迫力満点の花火を観賞できる有料席が用意されます。

【昨年の有料席エリア情報】
2018年の有料席エリア情報が発表されましたら更新いたします。

★青水門エリア
正面で打ちあがる花火を迫力あるコンサートレベルの音響で楽しみたい方におすすめのエリアです。
■パーソナルシート(1名)
3,500円(ブルーシート)
■グループシート4(4名)
10,500円(ブルーシート)
■グループシート8(8名あ9
21,000円(ブルーシート)
■カップルシート(2名)
8,500円(イス席・ひざかけ1枚プレゼント)

★赤水門エリア
ライトアップされた赤水門越しに観る花火は他では見られない景観です。
■ファンゾーン(1名)
1,000円円(ファンゾーン指定の敷物配布)
■パーソナルシート(1名)
3,000円(イス席)
■カップルシート(2名)
7,000円(イス席・ひざかけ1枚プレゼント)

★特別席エリア
■エキサイティングシート(1名)
18,000円(花火コンシェルジュの案内付き)
■カメラマンシート(1名)
10,000円(花火撮影スポット提供)

チケット販売方法

★まちなか販売スケジュール

★ぴあなどその他の販売につきましては8月10日以降のお知らせとなります。
発表されましたら更新いたします。

【昨年の有料席チケット販売方法の情報】
■往復葉書での申込み
・受付期間  9月1日(金)~ 9月20日(水)

往信はがきに下記1~4を記載しましょう。
1.名前(フリガナ)
2.郵便番号・住所
3.連絡の受けられる電話番号
4、座席種類と申し込み数/第2希望まで。

返信はがき表面の記載事項
・郵便番号
・住所
・あて名

※応募多数の場合は抽選となります。
※9月末までに返信はがきを送付します。

■インターネットでの申込み

■当日販売

残席がある場合のみの販売です。

■チケットぴあ
2017年8月20日(日)~
Pコード636-644

北区花火会2018 交通規制やアクセス&駐車場

交通規制

北区花火会当日は交通規制が実施されます。
今年度はまだ発表されていませんが、例年通りであれば交通規制の時間帯はおおよそ17:30~20:00頃になります。

花火大会当日はできるだけ車を使わずに、公共交通機関を利用することをおすすめします。

【昨年の交通規制の情報】

アクセス

■電車利用の場合
・JR京浜東北線   赤羽駅東口から 徒歩約25分
・東京メトロ南北線 赤羽岩淵駅から 徒歩約20分
・東京メトロ南北線 志茂駅から   徒歩約20分

北区花火会の当日は例年大混雑しますので、会場まで徒歩は40~50分ほどかかる場合があります。
早めの行動を取り、時間の余裕を十分にとっておきましょう。

また、長い時間歩くことを考えて履きなれた靴で会場へ向かいましょう。

花火大会の当日は、「行き」よりも「帰り」の方が大混雑がよそうされます。
一気に大勢の人が駅に向かうことになるので、なるべくスムーズに帰れるよう帰りの切符は行きに購入する、またはICカードに事前に入金しておくなどの準備を忘れないようにしましょう。

駐車場

「北区花火会2018」では、臨時駐車場の用意はありません。

それでも、車で花火会会場近くまで向かいたい人のために2つ駐車場を紹介します。
最寄り駅周辺は交通規制の実施で混雑するので、隣の駅(川口駅)周辺に駐車し電車で赤羽駅に向かってください。

しかし、こちらも早い時間に満車になる可能性もあるので、時間に余裕を持って早めの行動を心がけて下さいね。

■川口駅東口地下公共駐車場
埼玉県川口市川口1-1-1
・収容台数  248台 (地下1・2階 )
・利用時間  6:00~24:00
・年中無休
・料金
6:00~24:00   100円/15分
24:00~6:00   一律1,000円(※入出庫不可)
入庫後24時間最大料金  平日1,500円・土、日、休日2,000円

■パーキング117
埼玉県川口市栄町3-1-4
・収容台数  171台
・利用時間  24時間
・年中無休
・料金
7:00~24:00   200円/30分
24:00~7:00   100円/60分
入庫後12時間最大料金   1,600円(最大料金は繰り返します)

さいごに

秋の澄んだ夜空に打ち上げられる花火の美しさに魅了されてください。

ただ、秋の花火は思っている以上に肌寒く感じます。
花火を観た後に体調を崩したりしないよう、防寒対策もして履きなれた靴で会場に向かいましょう。

東京の人気花火大会2018の日程や開催情報とアクセスを紹介

東京で開催される他会場の花火大会もチェックしてみましょう。