猪名川花火大会は、大阪府池田市と兵庫県川西市が合同で開催する、伝統ある花火大会で昭和23年から続いています。

変わり花火、メロディー花火、スタ―マインなど特殊効果花火を含め、約4,000発のバラエティに富んだ花火がいながわの川面に極彩色豊かに映ります。

そこで、「猪名川花火大会2018」の日程や開催情報、内容や見どころ、観覧会場&穴場スポット、交通規制やアクセスについて紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

猪名川花火大会2018 日程と開催情報

■開催日時
開催日  2018年8月18日(土)
開催時間 19:20 ~ 20:20
※荒天の場合は中止となります。
当日の花火大会の開催状況は、テレドーム(当日のみ有効)0180-991-816で確認(音声案内)できます。

■打ち上げ場所
猪名川河川敷
兵庫県川西市と大阪府池田市の猪名川両岸

■打ち上げ数
約4,000発

■露店
約350店

■問い合わせ
池田市 市民生活部 にぎわい戦略室 空港・観光課
池田市城南1丁目1番1号 池田市役所7階
・空港 TEL 072-754-6271
・観光 TEL 072-754-6244

猪名川花火大会2018 見どころと打ち上げ内容

猪名川花火大会2018は特殊効果花火を含めた色とりどりに変化する花火が約4,000発、3部構成で打ち上げられ、猪名川の夜空を彩ります。

■花火大会プログラム
1.開会宣言
2.主催者挨拶(川西市長、池田市長)
3.第1章、第2章(関西エアポート株式会社特別協賛花火)
第3章、第4章

猪名川花火大会2018 観覧会場

猪名川花火大会に有料席はありません。

観覧場所は、大阪府池田市と兵庫県川西市にそれぞれ2ヶ所、第1会場と第2会場があります。

例年、最寄り駅近くの「第1会場」は大変混雑します。
駅から少し離れてしまいますが、猪名川大橋近くの「第2会場(南側観覧席)」は比較的空いていて、打ち上げ場所に近いのでおすすめです。

・阪急宝塚線 「川西能勢口駅」または「池田駅」より徒歩約25分
・JR福知山線(宝塚線)「川西池田駅」 または 「北伊丹駅」より徒歩約20分

猪名川花火大会では、ブルーシートなどで事前に場所取りをすることが禁止されています。
観覧場所の開場時間は16:00以降からとなっています。
ただし、河西側の第2会場(南側観覧席)の一部は当日の朝から開場します。

少しでも良い場所で観覧したい場合は、14:00頃から遅くても15:00頃までには現地入りし、開場を並んで待つことをおすすめします。

猪名川花火大会2018 穴場スポット

観覧場所の場所取りに並ぶことが出来ない方や、小さな子供連れの方に穴場スポットを紹介します。

■東久代運動公園
打ち上げ会場の南側に位置し比較的近くなので、見晴らしが良くしっかりと花火を観ることができます。
何もない公園ですが、車で利用を利用する方には駐車場があるのでおすすめです。

■五月山秀望台
打ち上げ場所から少し離れるため迫力には欠けますが、高台から見下ろすように猪名川花火大会を夜景とともに楽しめます。
五月山秀展望のある池田市で有名な五月山には夜景を観賞できる展望台が数多くあり、この秀望台は一番身近にある展望台です。

■大阪国際空港
打ち上げ会場から少し離れてしまうので、花火は小さめですが空港の展望デッキ「ラ・ソーラ」から花火を楽しめます。
また、花火と飛行機と滑走路のライトとのコラボレーションが美しい最高の場所で、トイレの心配もいりません。
カップルや小さなお子さん連れにおすすめです。

猪名川花火大会2018 交通規制とアクセス情報

交通規制

花火大会当日、、会場付近(川西・池田側)では、18:00頃~22:00頃まで交通規制が行われます。
また、16:30頃~18:00頃まで来場者の安全確保のため川西市側の堤防道路の一部について、片側交互通行規制を行う予定です。

このように周辺道路は大変な混雑が予想されます。
会場周辺には駐車場はないので、電車やバスなどを利用して早めに来場しましょう。

19:00頃~22:00頃まで阪神高速道路11号池田線の池田分岐から、池田木部までの通行止めも実施されるので注意しましょう。
【出入口封鎖】
・18:00頃から  川西小花出入口(一般道路の交通規制のため)
・19:00頃から  池田木部入口(大阪市内行き・上り)、神田入口(池田木部行き・下り)

★問い合わせ先
阪神高速道路(株)大阪管理局 総務・管理部 交通課
TEL 06-6576-3881

電車を利用する場合

駅は行きより帰りの方が大混雑が予想されます。
帰りは、花火大会が終了すると一斉に人の移動が始まるからです。

来場時に帰りの切符を購入しておく、または事前にICカードにチャージを済ませておくことをおすすめします。

■阪急電鉄
・池田駅下車    徒歩約25分
・川西能勢口駅下車 徒歩約25分
■JR
・川西池田駅下車  徒歩約20分
・北伊丹駅下車   徒歩約20分

車利用の場合

臨時駐車場の用意ははありません。
また、阪神高速道路11号池田線の池田分岐から池田木部までの通行止めが実施されるので公共の交通機関を利用しましょう。

まとめ

大阪府と兵庫県の県境の夜空に迫力ある大輪の花を咲かせます。
昭和23年から続く伝統の花火大会をまぶたの裏に焼き付けましょう。