那智勝浦花火大会は、環境省が選ぶ快水浴場100選の特選に選ばれた、広々とした砂浜と綺麗な海が広がる県下最大級のビーチ那智勝浦海水浴場が舞台です。

海上の船台から打ち上がる尺玉やスターマインなど、迫力満点の花火は見るものが言葉を失うほどの美しさです。

そこで「那智勝浦花火大会2018」の日程や基本情報、見どころとアクセスや駐車場情報、那智勝浦のおすすめスポット(那智海水浴場、南紀勝浦、紀ノ松島、那智大滝)を紹介します。

那智勝浦花火大会2018 日程と基本情報

■開催日時
2018年8月11日(土)
20:00 ~ 21:00
※小雨決行
荒天の場合は、8月12(日)・21日(火)22日(水)のいずれかに順延します。

■打ち上げ場所
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町浜ノ宮
那智湾(那智海水浴場)

■打ち上げ数
約10,000発

■昨年の来場者数
約4.5万人

■有料席
有料席はありません。

■交通規制
交通規制はありませんが、立ち入り禁止海域が設けてあります。

■露店
約80店

■公衆トイレ
約5ヶ所
・東側バースハウス
・道の駅なち
・西側バースハウス
・木戸浦グラウンド
・体育文化会館

■問い合わせ先
那智勝浦町花火大会実行委員会
TEL 0735-52-0555

那智勝浦花火大会2018 見どころ

環境省から選ばれた「快水浴場100選」の特選である広々とした美しい那智海水浴場で、夕陽がうっとりするほど清らかで美しい那智湾から打ち上げる花火は迫力満点です。

 

また、この花火大会の特徴は、「みんなで上げる大輪の絆」というコンセプトに基づき、住民参加型の手作りの花火大会です。

この住民参加型の手作りの花火大会を実現するために、「ワンコイン」をキャッチフレーズに、各地区で協力をお願いし、町内の保育所の園児に花火大会のポスターを作成依頼し、その園児が作成したかわいらしいポスターが町内のいたるところに貼られ、花火大会をさらに盛り上げています。

那智勝浦花火大会2018へのアクセスと駐輪場情報

アクセス情報

■電車利用の場合
【大阪方面より】
新大阪駅 JR紀勢本線(きのくに線)特急 → 紀伊勝浦(新大阪⇔紀伊勝浦 約3時間30分 ~ 4時間)→ 那智駅(紀伊勝浦⇔那智 約5分)→ 花火大会会場 徒歩すぐ

【名古屋方面より】
名古屋駅 JR紀勢本線(きのくに線)特急 → 紀伊勝浦(名古屋⇔紀伊勝浦 約3時間50分)→ 那智駅(紀伊勝浦⇔那智 約5分)→ 花火大会会場 徒歩すぐ

■車利用の場合
【大阪方面より】
阪和・海南湯浅・湯浅御坊道路 すさみ南ICから国道42号を南下して55km

【名古屋方面より】
東名阪・伊勢自動車道・紀勢自動車道 熊野大泊ICから国道42号を南下して約40km

駐車場情報

那智勝浦町花火大会には、臨時無料駐車場が約750台用意されています。
駐車時間は 8:00 ~ 21:30

交通規制も実施されないので、マイカー利用の人には嬉しいですが、人出の人数を考えるとかなり少ない駐車スペースです。

なるべく早めに行動し、駐車場を確保することをおすすめします。

また交通規制がないからと言って渋滞がないわけではありません。
臨時無料駐車場が満車になって入れない可能性や花火大会終了後の帰りの渋滞のことを考えて、公共交通機関を使うことも考えてみましょう。

■臨時無料駐車場
1.那智漁港(200台)
2.渚の森公園(30台)
3.体育文化会館(指定車両駐車場)
4.体育文化会館第2(150台)
5.体育文化会館第3(100台)
6.北浜駐車場(70台)
7.創価学会駐車場(100台)
8.ホテル浦島臨時駐車場(100台)

那智勝浦のおすすめスポット

那智勝浦は風光明媚な観光地です。
那智勝浦花火大会と合わせて、4つのおすすめスポットを紹介します。

那智海水浴場

那智海水浴場は、環境省が選ぶ「快水浴場100選」の特選に選ばれ、和歌山県南東部の那智湾に面し、熊野吉野国立公園の指定区域になっています。
那智湾の入り江公が天然の防波堤となっているので、浜辺に打ち寄せる波は比較的穏やかです。
また、JR那智駅からもとても近く海の家など施設も充実し、周りの自然にも恵まれた最高のビーチリゾートです。

南紀勝浦

南紀勝浦は、那智海水浴場の隣に位置します。
海岸に囲まれた、風光明媚な一大温泉地です。
島や岬にはホテルや旅館が立ち並び、そこに渡し船や遊覧船が行き交います。
素晴らしい景色を見ながら入る温泉は旅の疲れを一気に癒してくれることでしょう。

紀ノ松島

紀ノ松島は、勝浦湾の外洋に位置し大小130もの島々が点在しています。
南紀勝浦からも遊覧船が出ていて、日本三景の福島県の松島に似た景勝地です。

那智大滝

那智大滝は、「日本三大瀑布」の一つで、幅13m、落差133mの日本一の直瀑です。
紀伊山地の霊場と参詣道の一部として、世界遺産に登録されています。

まとめ

環境省が選ぶ快水浴場100選の特選に選ばれた、広々とした砂浜と綺麗な海が広がる県下最大級のビーチの那智勝浦海水浴場で行われる「那智勝浦花火大会2018」で夜空に花開く大輪の花火を楽しんでみましょう。

近くには、風光明媚な観光スポットがたくさんあります。
観光したり、海で遊んだり、温泉に入ったりした後に花火大会を満喫するのも良いのではないでしょうか。