あつぎ鮎祭り大花火大会は、神奈川県厚木市で開催される市民参加型の催し、「あつぎ鮎祭り」の目玉として初日の夜に開催されます。

花火は相模川、中津川、小鮎川の3川合流点で打ち上げられ、その数はなんと約10,000発です。
スターマインの連発、バラエティに富んだ演出、フィナーレを飾る迫力満点の大ナイアガラは神奈川県で最大級。

フィナーレの後には、花火師に感謝の意を込めて、来場者がみんなで携帯電話のライトを灯すイベント「あつぎ STAR☆LIGHT」も実施し、いろいろ楽しめるポイントが多いです。

そこで、「あつぎ鮎まつり大花火大会の2018」の日程や基本情報、見どころ、有料席や穴場スポット、屋台やアクセス情報を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう

あつぎ鮎まつり大花火大会2018 日程と基本情報

神奈川県厚木市で開催される「あつぎ鮎まつり大花火大会」は、例年8月の第一土曜日に開催されます。

■開催日時
2018年8月4日(土)
19:00~20:30
開場は16:00~
※荒天の場合は翌日の8月5日(日)に順延です。

■開催場所
神奈川県厚木市金田982周辺
相模川河川敷三川合流点(相模川・中津川・小鮎川)です。

■打ち上げ数
約10,000発

■問い合わせ先
あつぎ鮎まつり実行委員会
TEL 046-295ー5496

あつぎ鮎まつり大花火大会2018 有料席と穴場スポット

有料観覧席情報

有料観覧席は、打ち上げ場所まで200m、フィナーレを飾る目玉のナイアガラまで100mというポジションで花火大会の全てを満喫できます。

全国のセブンイレブンで発売します。
7月1日(日)10:00 ~ 8月4日(土)19:00まで
※ただし、予定枚数に達し次第、販売終了です。
特典:チケット1枚につき「あゆコロちゃん」オリジナルレジャーシート(90cm×120cm)を1枚プレゼント

★購入方法
・セブン-イレブン店頭で直接購入する方法
店内にあるマルチコピー機から購入

パソコンからチケットを予約し購入する方法
セブンチケットトップページから購入

あつぎ鮎まつり大花火大会の有料観覧席は例年人気が高いので、有料観覧席を確保したい場合は早目の購入がおすすめです。

有料観覧席の種類

■エキサイティングシート(相模川河川敷厚木側)
大玉打上げ地点まで約200m、フィナーレの大ナイアガラまで最短約100mの至近距離です。

・2人シート席 6,000円(150cm☓150)定員2人
・4人シート席 10,000円(200cm☓200cm)定員4人

■ ファンタスティックシート(相模川河川敷海老名側)
大玉打上げ地点まで約400mです。
ただし、仕掛け花火(ナイアガラなど)が見えない場合があります。
また、)付近での飲食物等の販売がないので、事前に購入の上会場へ向かいましょう。

・2人シート席 5,000円(150m☓150m)定員2人
・3人シート席 6,500円(180m☓180m)定員3人
・4人シート席 8,000円(200m☓200m)定員4人
※一部、イスや三脚等が持込み自由のフリースペースあり。
・5人シート席 9,500円(220m☓220m)定員5人
※全席、イスや三脚等が持込み自由のフリースペースです。

≪フリースペース≫
4人シート席の一部(38席)と5人シート席をイスや三脚などを持ち込めます。
イスに座って、ゆったり花火を楽しんだり、花火が打ちあがる瞬間をカメラに収めるのにおすすめの席です。
特典の「あゆコロちゃん」オリジナルレジャーシートに座って楽しむこともできます。

あつぎ鮎まつり大花火大会2018 穴場スポット情報

有料観覧席チケットが手に入らなかったり、少しでも空いているところで落ち着いて花火が見たいという方におすすめの穴場スポットを紹介します。

■厚木中央公園
本厚木駅より徒歩7分の距離でアクセスも便利な上に、あつぎ鮎まつりの会場の一つでもあります。
園内には出店なども並んでいるので、お祭りの雰囲気を味わいながら花火を楽しむことができます。
また、トイレの心配をする必要はありません。

■相模三川公園
3つの川の合流点の上流に広がる河川敷の公園です。
最寄り駅の海老名駅より徒歩約18分です。
広い芝生エリアは場所取りがしやすく、日が沈む前に訪れれば山並みの景色も楽しめます。
また、トイレの心配をする必要はありません。
公園内にはスポーツ広場もあるので、小さなお子さん連れの方には特におすすめです。
良い場所を確保したいなら、16時30分ぐらいまでに場所の確保をしておきましょう。

■金田第二青少年広場
最寄りの本厚木駅より徒歩30分と打ち上げ会場から少し遠くなるので、比較的空いています。
視界も周りに遮るものがない、また花火は打ち上げ場所には近いのでとてもキレイに花火見ることができます。

■厚木野球場
本厚木駅より徒歩約18分の場所にある厚木野球場は、花火大会当日は無料で開放されるので、17:00前には入場しておいたほうがいいでしょう。
広さもあり、打ち上げ花火をキレイに見ることができるのでオススメですが、仕掛け花火は見ることができません。

あつぎ鮎まつり大花火大会2018 見どころ

「あつぎ鮎まつり大花火大会」は厚木市最大のイベントの「あつぎ鮎まつり」と同時開催されます。

2日間にわたってパレードやダンスコンテストなどが行われる「あつぎ鮎まつり」の初日の夜の相模川、中津川、小鮎川の三川合流点の河川敷が開催場所となる「あつぎ鮎まつり大花火大会」は、視界が良く美しい花火をたっぷりと堪能することができます。

 

オープニングはスターマインで華々しく始まり、大玉や創作花火はじめ、大迫力の花火が次から次へと打つ上げられ、なかでも注目なのはクライマックスを飾る仕掛け花火の「大ナイアガラ」です。
この大ナイアガラの際に、市民等から広く協賛者を募りその協賛金で、スターマインを「みんなの花火」として打ち上げます。

そして「あつぎSTAR☆LIGHT」は幻想的です。
花火プログラムが終了した直後(20時20分頃)に、会場アナウンスを合図に会場にいる全ての人が一体となり、各々の手持ちの携帯電話やスマートフォン等のLEDライトを点灯させます。
まるで満天の星空がその場に現れたかのような、空間を味わうことができますよ。

花火師さんへの感謝の意を込めて行うものですが、花火会場にいるみんなで創り上げる空間演出はさらに花火を楽しいものにするでしょう。

あつぎ鮎まつり大花火大会2018 屋台情報

屋台は約400店と多数出店するので、当日の活気は物凄いものがあります。
出店時間は10:00~21:00ぐらいまでです。

屋台が出店している場所

■厚木中央公園
厚木中央公園はイベントのメイン会場なので、さまざまな種類の屋台など出店しています。
屋台はB級グルメや地元のグルメなど色々な種類なものがあってたくさん楽しめます。
普段食べれないグルメもあるので、いろいろと巡るだけでも満足できますよ。

■相模川河川敷、本厚木駅北側~厚木なかちょう大通
相模川河川敷と本厚木駅北側~厚木なかちょう大通りには、お祭りの露店みたいな感じで並び、花火大会の打ち上げ会場までの道のりと、河川敷にもずらっと屋台が出店しています。

あつぎ鮎まつり大花火大会へのアクセス

まつり当日、会場周辺は大変な渋滞が予想されます。
また、交通規制も実施され会場周辺には専用駐車場を用意していないので、公共交通機関を利用しましょう。

会場へは、小田急線「本厚木駅」をご利用しましょう。
花火会場へは徒歩約15分です。

電車利用の場合

■新宿から
・小田急線特急 「本厚木駅」まで約45分
■横浜から
・相鉄線 海老名行き 「海老名駅」まで約35分 → 小田急線 小田原行き(乗り換え)約5分 「本厚木駅」まで約40分
■新横浜から
・JR横浜線 八王子行き 「町田駅」まで約25分 → 小田急線 小田原行き(乗り換え)約15分 「本厚木駅」まで約40分
■小田原から
・小田急線 新宿行き 「本厚木駅」まで約40分

車利用の場合

■東京IC ~ 東名高速道路 厚木ICまで約30分
■関越自動車道(鶴ヶ島JCT)~ 圏央道(首都圏中央連絡自動車道) 圏央厚木ICまで約50分
■中央自動車道(八王子JCT)~ 圏央道(首都圏中央連絡自動車道) 圏央厚木ICまで約18分

駐車場情報

本厚木周辺は当日、交通規制が行われ臨時駐車場は用意されていません。
コインパーキングに停めるしかないのですが、花火大会の当日には午前中にはどこも満車になってしまう状態です。
車で行くときには、駐車場で相当苦戦する覚悟が必要です。

また、帰りも厚木市街は大渋滞で抜けるには相当な時間がかかるでしょう。
どうしても車でという時には、本厚木駅の1つ隣の駅の周辺でコインパーキングに車を停めて、電車で本厚木に向かうことをおすすめします。

まとめ

相当すごい混雑が予想されても行って見たい、行く価値があるのが花火大会です。

早め早めの行動を心がけ、神奈川で最大級のスケール、圧巻の花火10,000発を打ち上げる「あつぎ鮎まつり大花火大会を」楽しみましょう。

水分補給、日焼け対策、虫よけ対策は準備万端でお願いします!

神奈川の人気花火大会2018の日程や開催情報とアクセスを紹介

神奈川県で開催される他会場の花火もチェックしてみましょう。