足立の花火2018は東京の夏に行われる花火大会の中で、最も早く一番のりで開催されます。
約13,600発の花火を1時間で打ち上げるので、高密度に凝縮された迫力ある花火大会です。

そこで、「足立の花火2018」日程と開催情報、見どころや穴場スポット、おすすめテイクアウトと気になるアクセス方法や交通規制情報をお伝えします。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう

足立の花火2018 日程と開催情報

足立の花火は明治年間に千住大橋の落成を祝って花火を打ち上げたのが起源とされ、約100年の伝統と歴史を持つ花火大会です。
東京で一番早く開催される大迫力の足立の花火2018の日程と開催情報を紹介します。

★開催日時
2018年7月21日(土)
19:30~20:30
※雨天時、荒天時は中止となります。

★会場
東京都足立区荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)
※打上場所は千住側(堤南)です。

※トイレは30ヶ所用意してあります。

★打上、人出数
・約13,600発
最大打ち上げ4号玉
・昨年の人出 66万人

★お問い合わせ
コールあだち
TEL 03-3880-0039

足立の花火2018 見どころ

今年の花火打ち上げ数は去年の約12,000発から約13,600発に大幅な増発です!
仕掛け花火やスターマインをはじめ、音楽とシンクロして、打ちあがる多彩な花火が1時間に約13,600発、それはそれは夜空を覆いつくすほど迫力満点です。

40回目となる記念すべき今年は、カウントダウン直後の400発の一斉打ち上げや、新企画の二重のナイアガラやレーザービームを使用したスペシャルな演出が盛りだくさんです。
また過去40年間を振り返る、懐かしのヒット曲とともに大迫力の花火が打ち上がります。

プログラム内容

開始予定時刻 19:30
第1幕  ’70s
1970年代に大ヒットした女性 アイドルの曲とともにスタートです。
轟音鳴り響く「銀雷」、眩い光が瞬く 「閃光雷」など、視覚・聴覚を刺激する花火を使った大迫力の演出を楽しみましょう。

開始予定時刻 19:42
第2幕  ’80s
1980年代の輝かしい好景気の時代を、小さな花が一 斉に開く「和火千輪」、閃光の美しい 「和火八方咲」などで再現します。

また、音楽と花火の協演に今年もプラスワンです!
音楽に合わせて 光るものを振る「光の拍手」で 花火を盛り上げましょう。
スマートフォン、ペンライト、懐中電灯など「光るもの」なら何でもいいのです。

事前に足立区公式アプリ「アダチさん」をダウンロードして花火会場へ向かいましょう。もの」なら何でもいいのです。
みんなで「光るもの」を振って参加型の演出が楽しめる足立の花火は最高です。

目の前で迫る花火を体験したいなら、打ち上げ場所がある北千住側、演出をしっかり見るなら西新井側からの花火観賞がおすすめです。

足立の花火2018 穴場スポット

足立の花火は、河川敷各所に混雑度の低い観賞スポットが点在しています。

■荒川江北橋緑地
打ち上げ場所からは遠いので花火は小さくなりますが、混雑せずにゆったりと落ち着いて見えます。
扇大橋から徒歩10分くらいの距離なので、アクセスもよく家族や子供連れにおすすめです。
花火は首都高の上空あたりにあがります。

■高砂野球場
会場エリアではありますが、多くの人は打ち上げ場所付近に集中するので、高砂野球場は比較的空いていて眺めもバッチリです。
とはいっても混雑はするので、早めに到着するようにしましょう。
五反野駅、小菅駅から徒歩5分なのでアクセスも良いです。
土手は傾斜していているので、花火はみやすいのですが、草の背が少し高いのでレジャーシートは必須です。

■小台1丁目付近の河川敷
小台駅から徒歩約5分の距離なのでアクセスが良いです。
打ち上げ場所からもやや離れていますが、見晴らしがいいので花火の大きさにこだわらないのであれば、混雑をさけてゆっくり座って花火を見るられるのでおすすめです。
地元の人が多いスポットです。

同じように、対岸の扇1丁目付近の河川敷(扇大橋駅から徒歩約5分)もおすすめです。

足立の花火2018 屋台やおすすめのテイクアウトグルメ

花火打ち上げ会場や花火鑑賞エリアエリアになっている河川敷での屋台出店は原則禁止となっているのですが、花火会場の最寄り駅から花火会場に向かう道路沿いに屋台が並んでいます。
また花火のお供におすすめのテイクアウトグルメを紹介します。

ちょっと早めに家をでて、テイクアウトグルメをGETしてから花火会場へ向かうのも楽しいですよ!

パン工房 ときわ堂 食彩館

あんこは自家製、パンはふっくらの「あんこマーガリン」¥184がおすすめです。

パン工房 ときわ堂 食彩館は約120種類のパンを揃える老舗です。
中でも、創業時より60年以上続くコッペパンは一番人気です。
トッピングは10種類。
その場で塗ってくれるので美味しいのです。

住所:東京都足立区興野1-11-8
TEL:03-3848-2255
営業時間:8:00~19:00

足立の花火会場へのアクセスと交通規制情報

荒川河川敷へのアクセス


★電車の場合
【千住側】
■東武線・JR・東京メトロ・つくばエクスプレス 「北千住駅」より徒歩約15分
■日暮里・舎人ライナー 「足立小台駅」より徒歩約25分

【西新井側】
■東武線 「小菅駅」「五反野駅」「梅島駅」より徒歩約15分

徒歩とはいえ、当日は相当の混雑が予想されるので、時間に余裕を持って行動しましょう。

★バス
路線バスは、平常どおり運行しています。
ただし、草1系統は、梅田町付近が交通規制になるので、千住桜木~足立梅田町間は、18:00頃~22:00頃まで運休です。
※千住桜木~浅草寿町間を折り返し運転です。

交通規制

■首都高速中央環状線(内回り・外回り)
・千住新橋出入口閉鎖
18:00~22:00頃
■通行禁止区域(一般道路)
上図「通行禁止区域」の通りです。
18:00~22:00頃一部区域は、16:30から通行禁止となります)

まとめ

足立の花火は河川敷でおこなわれるので、日焼け対策、熱中症対策、虫よけ対策をして時間に余裕を持って会場へ向かいましょう。
モラルとマナーを守って花火大会を楽しみましょう。

東京の人気花火大会2018の日程や開催情報とアクセスを紹介

東京で開催される他会場の花火もチェックしましょう。