熊谷花火大会は「あついぞ熊谷」で有名な埼玉県熊谷市で1948年から毎年行われている、埼玉で最も歴史のある花火大会です。

会場周辺の荒川河川敷には、約500の屋台や露店がずらっと並び、夏祭りムードを感じながら花火を楽しめるので、カップルのデートにも家族みんなで楽しむにも最適です。

また熊谷市民や応募者が、大切な人にメッセージが送れる「メッセージ花火」や、花火業者が技を競う「スターマインコンクール」など迫力満点、見どころ満載です。

そこで、熊谷花火大会2018の日程と屋台や露店情報、有料席や穴場スポットと花火の歴史と見どころ&気になる駐車場情報を紹介します。

熊谷花火大会2018の日程と基本情報

★開催日時
開催日  2018年8月11日(土)
開催時間 19:00~21:00

※小雨決行
荒天時は翌日 2018年8月12日(日)です。
さらに翌日も荒天で延期の場合は18日(土)、18日も荒天の場合は19日(日)、19日も荒天の場合は中止となります。

★打ち上げ場所
荒川河畔(荒川大橋下流)
JR熊谷駅南口から徒歩5分、関越道東松山ICから車で30分

★打ち上げ数
スターマインや尺玉花火など
約10,000発

★屋台・露店情報
屋台や露店は約500店出店します。

熊谷駅の南口を出ると会場までの道沿いに屋台や露店は所狭しと並び、会場までの約5分の道を露店を楽しみながら歩いているとあっという間に目の前に会場が広がります。

土手沿いや、グラウンド沿いにたくさんの屋台が並びます。
屋台や露店の多さに度肝を抜かれる人がほとんどのようです。

例年45万人を超える人出のわりには、長い時間並ぶと言うことは無いと言って良いでしょう。

花火大会で、こんなに屋台が多い花火大会を私は今まで見たことがありません。
綺麗な花火を屋台で買った食べ物を食べながら見れるのってホントに楽しいですよ。

ぜひ、定番の屋台メニューからB級グルメまでを楽しんでください。

ちなみに私は毎年、土手沿いに並ぶ屋台のすぐそばを場所取りしています。
目の前には屋台、夜空には花火、最高です!

★問い合わせ先
熊谷市観光協会
TEL 048-594-6677

熊谷花火大会2018 有料観覧席と穴場スポット

有料観覧席

例年通り今年の熊谷花火大会も有料観覧席チケットが販売されます。
販売開始  6月15日(金)

■購入先
・JTB熊谷支店への電話による申し込み受付と営業担当者による販売
・ローソンチケット Lコード 30069(全券種共通)
・チケットぴあ Pコード 639-425 (全券種共通)
・セブンチケット セブンコード 066-359(全券種共通))
・楽天チケット 予約コードはありません。

※熊谷市観光協会や市役所の窓口・電話での販売はしていません。

■お問い合わせ先
JTB熊谷支店
TEL 048-523-5514(平日9:30~17:30)

■席の種類
桝席:1桝4名(22,000円)
テーブル席:1卓4人(16,000円)
イス席:1席(3,000円)
ブルーシート自由席:1シート4人(6,000円)

穴場スポット

熊谷花火大会は、見晴らしが良く遠くからでも眺められるので、比較的穴場スポットは多く存在します。

★荒川運動公園
熊谷花火大会を観覧する上でのベストポジションです。
打ち上げ会場の対岸なので間近に花火が見られ迫力満点です。
さすがに人気の場所のため、午前中からの場所取りが必要です。

★荒川緑地(ラグビー場)
メインスポットである荒川運動公園の隣にあります。
荒川緑地のラグビー場は芝生保護のために、当日の場所取りは16時からです。
おそらく開放と同時に一気に埋まるとは思いますが、荒川運動公園は午前中からの場所取りで一杯になるので、ラグビー場に狙いを絞るのも良いかもしれません。
最寄り駅は熊谷駅で徒歩で約15分です。

★久下の河川敷周辺
打ち上げ場所からは少し離れますが、視界をさえぎるものがないので、地元の人の多くがこの場所で花火を楽しむほどキレイに見える場所です。
最寄り駅は熊谷駅で徒歩で約23分です。

★イオン熊谷店屋上
例年通りであれば、花火大会当日に屋上を無料開放しています。
少し早目に場所取りをしたほうがいいでしょう。
食事やトイレの心配をする必要がないので安心です。
最寄り駅は上熊谷から徒歩で約6分です。
メインとなる熊谷駅ではなく秩父鉄道の上熊谷駅を使うと比較的混雑も避けられるのでおすすめです。

★石原公園
秩父鉄道の石原駅から近い場所にある公園です。
石原駅で降りたら土手とは、反対方向に進みます。
ブランコやジャングルジムなど遊具がたくさんあるので、小さい子供がいても夕方から出かけて行っても場所取りをする必要はない穴場スポットです。

★ニットモール熊谷店屋上の駐車場
ショッピングモールとの屋上に大型の駐車場があるので、ここから花火がきれいに見えます。
帰りが混雑しますが、お店などによって時間を潰せば、混雑を回避できるでしょう。
最寄り駅は熊谷で徒歩で約7分です。

熊谷の花火大会の歴史と見どころ

歴史

熊谷の花火大会は、市制施行の翌年1934年8月18日に「熊谷煙火大会」が開催されたことに始まります。

その後、戦時下に中断されますが1948年9月11日に戦災からの立ち直りを願って「大熊谷復興煙火大会」が地元露天商組合主催で開かれます。
この時、市役所・商工会議所が後援しました。
これを第1回と数え、途中かは熊谷市観光協会の主催に変更して開催され、現在に至っています。
県内では最も古い花火大会として知られています。

見どころ

熊谷花火大会は見晴らしが良いため、遠くからでも眺められるのが魅力です。

花火業者がスターマインの技術の高さを争う「スターマインコンクール」を開催します。
ハイレベルなスターマインに魅了されますよ。

また大切な人にメッセージが送れるメッセージ花火は、市内全戸配布の花火大会プログラムに記載し、当日会場にてその内容を放送します。

一番はなんといっても熊谷の代名詞「八木橋百貨店」のスターマインです。

また、ライバルの駅ビル「ティアラ21」のスターマインはも八木橋百貨店の花火に負けない迫力があります。

 

この2つのスターマインを見比べるのが見どころでおすすめです。

熊谷花火大会2018 アクセス情報

電車利用の場合

・JR上越新幹線(熊谷駅 南口から徒歩5分)
・JR高崎線(熊谷駅 南口から徒歩5分)
・秩父鉄道(熊谷駅 南口から徒歩5分)

車利用の場合

関越道東松山ICから国道407号経由16km 約30分

臨時駐車場

無料臨時駐車場と有料臨時駐車場が3,200台用意されます。
しかし毎年早い時間帯に満車になってしまいます。

【花火大会臨時駐車場】
・八木橋駐車場(19:00~22:00
・熊谷地方庁舎駐車場(17:00~22:00
・イオン熊谷駐車場(19:00~22:00
・ティアラ21駐車場(19:00~22:00)有料

【河川敷臨時駐車場】
料金 一律 1台 2,000円
開場 13:00~
・第1臨時駐車場 (市街地方面の方)
・第2臨時駐車場 (小川町東松山方面の方)
・第3臨時駐車場 (小川町東松山方面の方)

おすすめ有料駐車場

臨時駐車場が用意されてはいますが、毎年すぐにいっぱいになってしまうので、臨時駐車場が開場になる前に比較的駅の近くのコインパーキングを利用するのもおすすめです。

ここは特におすすめです。
・時間貸し駐車場  オーク駐車場(熊谷駅南口)24時間営業
管理人在勤時間:毎日8:00~17:00
090-2459-6744(管理人携帯電話)
048-521-1020(管理人室)

60分/100円  24時間以内/最大700円(入庫時からカウント)収容台数 250台

熊谷駅南口まで 徒歩3分
立体駐車場で管理人さんもいるので安心です。

会場付近では、大幅な交通規制が例年17:00頃からはじまり、大変な混雑が予想されます。
早めに行動で会場へ向かうようにしましょう。

まとめ

熊谷の花火大会の会場は、JR熊谷駅の南口から徒歩5分です。
熊谷駅を出たところから、ずらりと屋台が並ぶので、美味しいものでお腹を満たしながら、楽しみながら花火会場まで行けます。

このように駅からのアクセスがいいのも、この花火大会の人気の秘訣です。

また駅の周辺に駐車場がとても多いので、車で行動できるのも魅力です。
しかし、大変混雑することは間違いありません。
早めの現地入りをおすすめします。

埼玉県の人気花火大会2018の日程や開催情報とアクセスを紹介

埼玉県で開催される他会場の花火大会もチェックしてみましょう。