東京都千代田区で開催される「千代田区 納涼の夕べ」は北の丸公園西側にある千鳥ヶ淵を舞台に行われる幻想的な納涼祭りです。

夕暮れから夜にかけておよそ600個の灯篭がほのかな光を灯しながら水上を彩ります。

当日はおほりにボートが用意されて事前申し込みをした参加者は船上から灯籠を浮かべることができます。

そこで、「千代田区 納涼の夕べ2018」の日程、楽しみ方、ボート乗船者応募方法、アクセス情報について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

千代田区 納涼の夕べ2018 日程と開催情報

「千代田区 納涼の夕べ」は真夏を彩る千代田の風物詩です。

旧暦の盆、皇居北の丸公園の西側に広がる千鳥ヶ淵のおほりに、約600個の灯籠の光が灯ります。

 

夕暮れから夜にかけて、灯籠のほのかな光が幻想的に揺らめき漂い水上を彩るのです。

乗船者を対象に浴衣の着付けをしてもらうことができるので、浴衣姿で水面に灯籠を浮かべ、水上ライブを楽しむ事ができます。

■開催日時
2018年7月27日(金)
19:00 ~
※荒天の場合は7月28日(土)に順延です。

・18:00 ~ 乗船
・18:50 ~ セレモニー開始
・19:30 ~ 下船 終了

■場所
千鳥ヶ淵ボート場
(三番町2先 千鳥ヶ淵緑道内)

■問い合わせ先
一般社団法人 千代田区観光協会
TEL 03-3556-0391

・申込みについて
一般社団法人 千代田区観光協会
TEL 03-3556-0391

・ボート場の運営について
地域振興部商工観光課商工観光係
TEL 03-5211-4185

千代田区 納涼の夕べ2018 楽しみ方

ボートに乗船

千代田区 納涼の夕べは、夜のおほりに無数の光が灯る様子をおほりの上から眺めるのも良いですが、実際にボートに乗船することをおすすめします。

事前予約で、ボートへの乗船が可能になり、灯籠を眺めるだけでなく自分の手でおほりの水面に置くことが出来ます。
また、ボートの上では手持ち花火をすることも出来ます。

日本の夏の象徴の浴衣

日本の夏の象徴である浴衣を着ると楽しさが倍増すること間違いなしです。

初めての浴衣を通販で買って大丈夫?必要な物と簡単な着付け手順

浴衣は汗をたくさんかいても簡単に家で洗濯できちゃいますよ。
浴衣の洗い方 自宅で手洗いや洗濯機で大丈夫?クリーニングの注意点

水上ステージライブ

雰囲気を盛り上げる水上ステージライブが開催されます。
おほりに浮んだボートに浴衣を着て乗船し、灯籠のゆらゆら揺れる幻想的な光を眺めながら音楽を楽しみましょう。

■演奏者
音楽市場
歌:武仲千恵
尺八&篠笛:佃康史
ピアノ:前田恵麻

■費用
無料

■時間
19:00 ~ 19:30

灯ろうにメッセージ

灯ろうにメッセージを書いて千鳥ヶ淵に浮かべてみましょう。
当日先着300個限定です。

■費用
1個  1,000円

■時間
17:0050 ~ 19:30 随時受付しています。
ただし、人数に達し次第終了です。

千代田区 納涼の夕べ2018 乗船者応募方法

ボートに乗れる人数は限られています。
事前に往復はがきでの申し込みが必要になります。

※今年はボートの漕ぎ手の用意はないので、ボートが漕げない方は応募しないようにしましょう。

★対象人数
80組 (抽選)
1組3人まで乗ることができます。(乳幼児も含む)

★費用
乗船1人につき2,000円(小学生以下は半額1,000円)
※ボート使用料1艘500円が別途必要です

★申込方法
7月4日(水)までに(当日の消印有効)
往復ハガキにて下記宛先に申し込みましょう。

【往信】
◇宛名面
〒102-0074 東京都千代田区九段南1-6-17
一般社団法人 千代田区観光協会 「納涼の夕べ申込係」宛

◇裏面
1.催し名「納涼の夕べ」
2.代表者の郵便番号、住所
3.代表者の氏名 (ふりがな)
4.代表者の年齢
5.代表者の電話番号
6.乗船希望者人数 (3名以内 ※乳幼児含む)
7、同乗者の氏名、年齢、住所

【返信】
◇宛名面
代表者の郵便番号、住所、氏名

◇裏面
白紙のまま

★注意事項
・同一者の複数枚ご応募は無効となります。
・往復はがきの返信側にも必ず、住所、氏名を記入してください。
・往信、返信欄を間違えてご記入した場合や記入に漏れがあった場合は、返信できないので注意しましょう。
・摩擦熱で消えるボールペン等で記入した場合、裏面印刷時に記入面が消えるためご信できないのでご注意しましょう。
・当選、落選(応募者多数の場合)にかかわらず7月中~下旬に返信はがきにてご連絡します。

★問合せ先
地域振興部商工観光課商工観光係
TEL 03-5211-4185

千代田区 納涼の夕べ2018 アクセス情報

◇九段下駅 2番出口(徒歩約10分)
・東西線、半蔵門線、新宿線

◇半蔵門駅 5番出口(徒歩約10分)

まとめ

千鳥ヶ淵の水面に揺らめき漂う灯籠、約600個の淡い光は見るだけでなく、実際にボートに乗船して自分の手で灯籠を浮かべてみませんか?

夜のおほりがほのかな輝きによって幻想的な雰囲気に包まれる、そんなひと時の涼をぜひ体験してみましょう。

東京で人気のお祭りの日程・時間・場所・アクセスを紹介

東京で開催される他のお祭りもチェックしてみましょう。