コーヒーのドリッパーを買いに行って「カリタ?メリタ?ハリオ?何だこの名前は?」と固まった人はいませんか?

初心者がお家カフェを楽しもうとした時、どれがおすすめのコーヒードリッパーなのかさっぱりわからないですよね。

そこで、コーヒー初心者が知っておきたいカリタ、メリタ、ハリオの違いや材質違い、初心者におすすめのコーヒードリッパーを紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

コーヒードリッパーのカリタ・メリタ・ハリオの違いは?

コーヒー初心者にとって、どんなコーヒードリッパーを選んだらいいのか悩んでしまいますよね。

そこで、たくさんの種類があるコーヒードリッパーの中から、大手メーカーのカリタ・メリタ・ハリオの違いを紹介します。

分類方法

コーヒードリッパーはたくさん種類がありますが、分類方法は大きく分けて穴の数と形状の2つです。

★穴の数の違い
穴の数なんて些細な違いのように思いますが、穴の数が違うことでコーヒーの味には大きな影響があります。

穴が1つ、穴が3つ、それぞれのドリッパーに同じようにお湯を注いた場合を比べてみると次のようになります。

・穴が1つ
お湯がゆっくり落ちるのでコーヒーは濃い目にはいります。

また穴が同じ1つでも、
穴が大きければ穴が小さいものよりも、お湯が早く落ちるのでコーヒーは薄めです。
穴が小さければ穴が大きいものよりも、お湯がゆっくり落ちるのでコーヒーは濃い目です。

・穴が3つ
お湯が早く落ちるのでコーヒーは薄目にはいります。

★形状の違い
ドリッパーの形状は台形と円すいです。

この台形と円すいの形状の違いで、お湯の流れが異なります。

・台形
台形は、広範囲にコーヒーが抽出されます。

・円すい
円すいは、斜めに一直線にお湯が落ちていきます。

このように、コーヒーの粉やお湯とのふれ合い方の違いがコーヒーの味の違いとして表れるのです。

この穴の数と形状違いを理解したら、それぞれの特徴を見ていきましょう。

カリタ(Kalita)の特徴

カリタのドリッパーは日本生まれ、1958年に東京で生まれました。
日本では当時、喫茶店がブームとなっていて業務用のコーヒー機器でカリタの名前は知られるようになります。

ドリッパーの形状は台形で、コーヒーの落ちていく穴(抽出)は3つです。

台形のドリッパーは円すいのドリッパーに比べると、一度コーヒーがドリッパーの底に溜まって落ちていくのでどちらかというと、酸味の少ないコーヒーができ上がります。

3つ穴のドリッパーで上手に入れるコツは、細口ケトルでゆっくり安定してお湯を注ぐことです。

メリタ(Melita)の特徴

メリタのドリッパーは1908年ドイツ生まれです。
ドイツのドレスデンに住むメリタ・ベンツ夫人によって、「もっと手軽においしいコーヒーをいれて、最愛の夫に飲ませてあげたい。」という夫を想う深い愛情から発明されました。

ドリッパーの形状は台形で、コーヒーの落ちていく穴(抽出)は1つです。

しかし初期の頃、フィルターの抽出口はなんと無数の穴があいている茶こしのようなフィルターでした。
それから穴が3つ、穴が4つのタイプなど進歩をとげてきた結果、1963年に穴が1つの現在のモデルになりました。

このように抽出口が穴1つ方式なので、正確な時間で抽出されるように計算されています。

一度に給湯できるので何回かに分けてお湯を注ぐ必要はないことから、毎回味が変わることなくおいしいコーヒーをいれることができるのです。
穴が3つよりも、穴が1つのほうがお湯の落ちる速度が遅くなるので、カリタのドリッパーよりもお湯がコーヒー粉に触れている時間が長くなることから、しっかりとした味のコーヒーに出来上がります。

ハリオ(HARIO)の特徴

海外のカフェでもよく見かける「HARIO」ですが、、実はなんと90年以上続く日本の耐熱ガラスメーカーです。

ドリッパーの形状は円すいで、コーヒーの落ちていく穴(抽出)は1つ空いています。

円すいの形をしていてコーヒー粉を通ったお湯が、1つの真ん中の穴に集まって落ちていきます。
そして、注ぎ口の細いケトルを使うことで、注ぐ湯量を調整しやすくします。

下に空いた穴は大きめでお湯が溜まらず流れるので、ゆっくり注いで濃厚な味にしたり、手早く注いでスッキリした味にしたり、好みの味に変化をつけられます。

コーヒードリッパーの材質の違いは?

コーヒードリッパーの材質にもいろいろな種類がありますよね。

時間をかけドリッパーはようやく「これ!」と決めても、次にどんな材質(プラスチック・陶器・金属製・ガラスなど)を選ぼうか悩んでしまうという人が多いのではないでしょうか。

そこで、ドリッパーそれぞれの材質のポイントについて紹介しますね。

プラスチック

樹脂製のプラスチックは、とても軽くて扱いやすいです。

ただ傷が付きやすく熱に弱いので、高温で使い続けると変形したり変質する可能性はあります。
熱伝導率や保温性については他の材質よりは劣ってしまい、安定して蒸らすことが難しいです。

しかし、とてもお値段がお手頃で気軽に買い替えることが出来ます。
また透明なので、お湯の流れを確認しやすいです。

陶器

陶器は温まりにくいので、コーヒーをいれる準備段階でドリッパーをしっかり温めなくてはなりません。
ただ、いったん温まってしまえば冷めにくいという特徴があるので、抽出中の温度低下を防げます

見た目の温かみのあるやさしい風合いは人気です。
しかし、グッとした重さがあるので落として割らないように、日々の扱いには注意が必要かもしれません。

金属製(銅、ステンレス)

★銅
銅は熱伝導率がとても高いのでお湯が冷めにくいのが特徴です。
熱がコーヒーの粉にムラなく伝わりしっかりと蒸らすことができます。
これは、美味しいコーヒーを入れるポイントにもなっています。

また、デザインとしても渋くて味のある雰囲気が人気です。

ただ、次のような難点があります。

・緑青という緑色の錆びが発生しやすいので、洗ったらこまめに水分を拭き取ったり、錆び予防でレモン汁などでこまめに磨く必要があるのでお手入れが大変、しかも価格も高めです。
持ち手も銅製だと熱くなりやすいという点も注意が必要です。
・塩やクレンザーでは磨けません。
・耐久性は高いのですが、とにかく傷がつきやすいです。

★ステンレス
ステンレスも熱伝導率が高いので、ドリッパーが温まりやすく注いだお湯も冷めにくくなります。

銅に比べる安く手入れは簡単ですが、ステンレス製も持ち手が熱くなりやすい点には要注意です。

ガラス

ガラス製のドリッパーは熱に強く、傷が付きにくいので長持ちします。
ただ、重みもあって割れやすいので取り扱いには注意が必要です。

透明なので横からお湯の流れる様子を見て楽しむことがでるし、見た目が美しいことからキッチンのインテリアとしても素敵です。

材質ごとの特徴のまとめ

・プラスチックは安くてお手入れがしやすいが、耐久性が少し弱い。
・陶器は熱伝導が程よく良く安定しているが、少し重量感がある。
・金属はものすごく熱伝導が良く、耐久性がありますがお値段が高いです。
・ガラスは熱に強く傷が付きにくいので長持ちだが、割れやすいので注意。

初心者におすすめなコーヒードリッパーは?

コーヒー初心者におすすめなのはどのコーヒードリッパーなのでしょう。

まずは、あなたは濃厚なコーヒーが飲みたいのか、スッキリしたコーヒーが飲みたいのかを決めて、ドリッパーの形状を決めましょう。
形状によっては、穴の数も1つなのか3つなのか決めなくてはいけませんね。

形状が決まったら、材質の特徴を確認してあなたの生活スタイルに合わせましょう。

ちなみに私は、
ドリッパーを購入する時になにも確認することなく、わからない状態でお店に行ってしまいました。
そのとき迷ったあげくカリタ(Kalita)のプラスチック製を購入しました。

しかし、最近自家焙煎の豆を販売しているお店ですすめられたのは、メリタ(Melita)のプラスチック製です。
店主は初心者には1つ穴がおすすめと言っていました。

色々調べてみるとそれぞれ一長一短ありますよね。
なので、予算と相談しながらコーヒータイムが楽しくなるような見た目で選ぶのも良いのではないでしょうか。

それから美味しく入れるコツを覚えてもいいように思います。

私の場合は、カリタ(Kalita)のプラスチック製で慣れてきたら、次はメリタ(Melita)のプラスチック製に買い換えてみたいと思っています。
そして最後は、見た目で素敵なハリオ(HARIO)のガラス製を購入して、飲み比べをしてみようと思います。

まとめ

香りの癒されて、味に納得して、目で楽しめるコーヒーって素敵ですよね。

健康効果があるコーヒーを目一杯楽しみましょう!

⇒ コーヒーの栄養と健康効果 1日の何杯まで?効果的な時間や飲み方は?

こちらも読んで参考にしてください。