隅田川花火大会は、毎年95万人以上の人が集まる江戸時代からの歴史を有する国内最古の大人気の花火大会です。

隅田公園近くの第一会場と浅草駅近くの第二会場の2つの場所から合計2万発の花火が東京の夜空に花を咲かせます。

そこで、「隅田川花火大会2018」の日程と開催情報や穴場観賞ポイント、最寄り駅、またおすすめのテイクアウトグルメを紹介します。

隅田川花火大会2018 日程と開催情報

開催日時

7月28日(土)開催予定の隅田川花火大会は、台風12号の接近に伴い7月29日(日)に順延となりました。
なお、7月29日(日)の実施可否については、28日(土)18:00に公式twitterで発表されます。

7月29日(日)19:00 ~ 20:30 開催決定です!

2018年7月28日(土)
19:00 ~ 20:30

※荒天のため実施できないときは翌日の7月30日(日)に順延し、翌日も荒天の場合は中止となります。

打ち上げ場所

・第一会場  桜橋下流 ~ 言問橋上流
・第二会場  駒形橋下流 ~ 厩橋上流

打ち上げ玉数

第一会場と第二会場合わせて約20,000発の花火が打ち上げられます。

・第一会場  約9,650発(コンクール玉200発を含みます)
・第二会場  約10,350発

大会スケジュール

PM7:00
大会の皮切りに第一会場より打ちあがるスターマインなど、1,000発以上の花火が夜空を染め上げます。

PM7:30
遅れて第二会場から打ち上げスタートし、こちらの会場も約5分間で1,000発以上の花火が上がり華やかな雰囲気につつまれます。

PM7:40
毎年恒例の「花火コンクール」が第一会場で開催され、花火師たちの技の結晶の花火をじっくり観賞できます。

PM8:25
第一会場、第二会場ともに、1,000発以上の花火が打ち上げられ迫力抜群です。
華やかな雰囲気で幕を閉じます。

問合せ

隅田川花火大会実行委員会事務局本部
03-5246-1111

交通規制

隅田川を中心にPM6:00~PM9:30頃まで交通規制となります。

隅田川花火大会2017 見どころと穴場、観賞ポイント

隅田川花火大会は、夜空の花火川面に揺れる花火ビルの窓に映る花火などを楽しむことができます。
このように、色々な角度から花火が見られるのは川幅が狭く、周囲に建物が密集している隅田川ならではの特徴です。

第一会場の見どころと穴場、観賞ポイント

第一会場では花火業者10社による花火師たちの花火コンクールが行われ、熟練の技と最新技術を組み合わせた作品が鑑賞できます。

浅草や押上からのアクセスがいい第一会場は、大変混雑する人気エリアなので早めに会場へ向かいましょう。

言問橋

第一会場に近く、毎年多くの人が訪れる人気のエリアで、スカイツリーと花火が同時に楽しめるスポットです。

しかし、花火大会の当日は墨田区から台東区の一方通行になるので、立ち止まっての観賞は出来ないのが残念です。

首都高高架下

定番の人気観賞スポットです。

首都高向島線の高架下は、場所取りが出来るのはPM2時前後ですが、毎年PM5時にはシートを広げる場所がなくなるので場所取り合戦はし烈と考えて間違いありません。
特に向島入り口は混雑するので要注意です。

ただ、首都高速道路で花火が見えない場所があるので、打ち上げ方向は見極めないと残念なことになってしまいます。

汐入公園

南千住駅から徒歩約15分です。

第一会場から北に少し離れた穴場スポットです。

他のスポットに比べると混雑度が低いかわりに見える花火は小ぶりになりますが、花火の轟音も小さめなので小さなお子さん連れにおすすめです。
人混みに流されずに、なだらかな芝生に座ってゆったりと落ち着いて花火観賞が出来るので、恋人とのデートにも最適です。

第二会場の見どころと穴場、観賞ポイント

第二会場では第一会場より約1,000発多い花火を打ち上げ、スターマインを中心に連続花火の迫力満点な演出で華やかな花火が鑑賞できます。

第二会場周辺は下町の雰囲気が残っているので、定番の大通りだけでなく、裏路地での場所撮りも混雑度が低いのでおすすめです。

厩橋

真正面から第二会場の花火が見えます。

花火と同時に東京スカイツリーも眺められるので、毎年多くの人でにぎわいます。

しかしここも、台東区から墨田区への一方通行になるので、橋の上で立ち止まることは出来ません。
歩きながらの観賞です。

絶景スポットなので、写真を撮る際は周りの方々に迷惑をかけないように注意しましょう。

清澄通り

周りに高い建物がないので花火が見やすい人気のエリアです。

例年PM6:00頃に交通規制が開始になるので、時間近くに周辺に待機し素早く場所取りする必要があります。
交通規制が開始する前は車が行きかっているので十分注意しましょう。

大横川親水公園

業平一丁目交差点から錦糸町駅までの広い敷地を有する大横川親水公園は知る人ぞ知る穴場スポットです。

打ち上げ場所からは少し離れているので、見える花火は小さめですが、ゆったりと観賞できます。

隅田川花火大会の最寄り駅

公共交通機関を利用しましょう。

第一会場

・東武鉄道
・東京メトロ
・都営地下鉄
「浅草駅」より徒歩10分

・東武鉄道
「とうきょうスカイツリー駅」より徒歩15分
「曳舟駅」より徒歩15分

・東武鉄道
・京成電鉄
・東京メトロ
・東京都交通局
「押上駅」より徒歩15分

一番近い最寄り駅は「浅草駅」なのですが、出来たらここは避けた方が無難かもしれません。
例年、目が回るくらい物凄い混雑状態です。
「浅草駅」で下車してしまうと、警察の規制でずっと歩かされることになりかねません。
花火観賞の前に精魂尽き果ててしまっては大変です。

当日は空いてる駅などはありませんが、「浅草駅」よりはましな、「とうきょうスカイツリー駅」、「曳舟駅」、「押上駅」を利用することをおすすめします。

第二会場

・東武鉄道
・東京メトロ
・都営地下鉄
「浅草駅」より徒歩5分、

・都営地下鉄
「蔵前駅」より徒歩5分

・JR
・都営地下鉄
「浅草橋駅」より徒歩10分
「両国駅」より徒歩10分

一番近い最寄り駅は「浅草駅」、「蔵前駅」なのですが、出来たらここは避けた方が無難かもしれません。
徒歩5分ほどの距離なので、強行突破したいところですが、例年大混雑で身動きがとれない状態です。

JR、都営地下鉄の「浅草橋駅」または「両国駅」を利用しましょう。
こちらも混雑はしていますが、もちろん大混雑ではありますが、「浅草駅」、「蔵前駅」ほどではありません。

第一会場も第二会場どちらも十分な時間の余裕を持って行動しましょう。

おすすめのテイクアウトグルメ

おすすめのテイクアウトグルメを紹介しますね。
花火と一緒に楽しみましょう。

浅草豆花大王

台湾のスイーツ豆花やマンゴーかき氷、豆乳スープなどが味わえます。

住所:台東区浅草4-43-4
電話:03-5849-4580
営業時間:12:00~20:00(土日祝11:00~19:00)
ただし、花火大会当日は22:00まで営業しています。
アクセス:東京メトロ銀座線 他 「浅草駅」より徒歩約15分

壽々喜園☓ななやコラボショップ

日本各地の取り揃え、抹茶デザートは7段階の濃さから選べる抹茶好きにはたまらないお店です。
抹茶だけではなく、ほうじ茶やいちご、黒ゴマなどの味も楽しめます。

住所:台東区浅草3-4-3
電話:03-3873-0311
営業時間:10:00~17:00(第3水曜日休)
アクセス:つくばエクスプレス 「浅草駅」より徒歩約8分

からあげ 縁 浅草総本店

ニンニクやしょうがを一切使わない秘伝のたれに1日漬け込んだ唐揚げは、かりッと香ばしく揚がった皮が絶品です。
注文を受けてから揚げるのでアツアツの唐揚げを味わいましょう。
金額100g 260円~

住所:台東区浅草1-24-7 1F
電話:03-3845-3433
営業時間:10:30~22:00
アクセス:つくばエクスプレス 「浅草駅」より徒歩約2分

豊福

元フレンチシェフが手掛ける絶品のカレーパンです。
1日800個のカレーパンを販売する日もあるという、人気のカレーパン専門店です。
カレールーには国産黒毛和牛と店オリジナルスパイスを使い、カレーの旨味とサクサクのパンがマッチします。

住所:台東区浅草2-3-4
電話:03-3843-6556
営業時間AM10:00~PM18:00(売り切れ次第終了)
アクセス:東京メトロ銀座線 他 「浅草駅」より徒歩約3分

まとめ

混雑しているとわかっていても行きたいのが、隅田川花火大会です。

浴衣で花火デートも素敵ですよね。
暑さ対策を忘れずに、早め早めの行動で是非とも7月28日(土)の夜を花火とテイクアウトグルメで満喫しましょう。

⇒ 浴衣デートで汗をかかない工夫や当日の対策&持ち物と下駄の履き方は?

こちらを読んで参考にしてください。