敬老の日は日本の国民の祝日の一つで、9月にやってきます。

しかし意外に、敬老の日にはどんな意味があってどのようにして生まれたのか。
今年はいつなのか。
また、何歳からお祝いしどんな過ごし方をしたらいいのかわからないという人が多いようです。

そこで、敬老の日の意味や由来、2018年はいつか、何歳からお祝いをするべきなのか、またおすすめの過ごし方を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

敬老の日の意味や由来 2018年はいつ?

敬老の日にはどんな意味があり、どのような経緯で生まれたのか紹介しますね。

敬老の日の意味

「敬老の日」は1965年(昭和40年)に国が法律(祝日法)で定めた祝日です。
「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」という目的で定められています。

そして、高齢者の方々の福祉福祉について若い世代の人達に関心を持ってもらいたい、深めてもらいたい、また高齢者の方の生活向上へ努力してほしいとの思いも込められているのです。

敬老の日の由来

聖徳太子か行った四箇院(しかいん)の制

一説では、聖徳太子は推古天皇元593年、大坂に四天王寺を建立し四箇院(しかいん)の制を実施したことが始まりといいます。

四箇院とは次のようになっています。

・敬田院(けいでんいん)
仏法の修行場で寺院そのものです

・施薬院(せやくいん)
薬草を植えて薬を調合し病者に薬を施すところ、現代の薬局です。

・療病院(りょうびょういん)
身寄りの無い病人を寄宿させ治療するところ、現代の病院にあたります。

・非田院(ひでんいん)
身寄りの無いお年寄りや放置された子供を収容するところ、現代の孤児院や老人ホームのような施設です。

このような寺院、薬局、病院、身寄りのない方の施設をまとめて運営しようというのが、四箇院(しかいん)の制です。

はるか昔に、今でいう老人ホームの先駆けができていたなんてビックリですね。
この老人ホームの役割を果たす非田院が建立されたのが9月15日でした。

非田院の建立にちなんで、9月15日が敬老の日に選ばれたと言われています。
しかし、この説得力ある聖徳太子の話も根拠がないともいわれています。

兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町)の村長が「としよりの日」を提唱

正しい敬老の日の由来と言われているのは、次のような戦後のある出来事がきっかけになっています。

1947年(昭和22年)兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町)の村長が「としよりの日」を提唱したのが始まりとされています。
その趣旨は、「老人を大切にして、お年寄りの知恵を借りて村づくりをしよう!」と夏の暑さもひと段落し、農閉期にあたる9月の中頃の9月15日に敬老会を開いたのです。

そして、この小さな村の運動が兵庫県全体で行われるようになり、1951年(昭和26年)に中央社会福祉審議会が9月15日を「としよりの日」としたのです。

この「としよりの日」はその後全国に広がっていくのですが、「としより」という表現はあまり好ましくないということで、1964年に「敬老の日」と改められました。

さらには、発祥の地である兵庫県多可郡野間谷村の人々が、「こどもの日」や「成人の日」があるのに、「敬老の日」がないのはおかしいと、国に働きかけます。

そうして、1965年(昭和40年)ついに国民の祝日「敬老の日」が制定されたのです。

敬老の日 2018年はいつ?

2018年9月17日(月)が敬老の日です。

敬老の日は法律によって9月の第三月曜日と定められています。

ここでまだまだ多くの人が、「あれっ? 9月15日じゃなかった?」と思うのではないでしょうか。

そうなんです!
以前は9月15日と固定されていましたが、現在では9月第三月曜日になりました。

それには次のような理由があります。

2000年(平成12年)からハッピーマンデー制度が開始され、2003年(平成15年)に敬老の日は 9月15日 ⇒ 9月の第3月曜日 になりました。

このハッピーマンデー制度とは、月曜日に祝日がくるようにして、日、月を連休にするという制度です。

日付にあまり大きな意味がないとされた下記の祝日4つが対象となりました。
・成人の日(1月15日  ⇒ 1月の第2月曜日)
・海の日 (7月20日  ⇒ 7月の第3月曜日)
・敬老の日(9月15日  ⇒ 9月の第3月曜日)
・体育の日(10月10日 ⇒ 10月の第2月曜日)

大きな意味がない?
そうかなぁ・・・
海の日以外の3つ、成人の日・敬老の日・体育の日は私には根強く日にちが頭の中に刻まれていて、10年以上経った現在でもピンとこないのがこのハッピーマンデー制度です。
祝日の意味や由来がますます若い人たちにはわからないものになるのではないかと思えてなりません。

敬老の日は何歳からお祝いする?

敬老の日を何歳からお祝いしたらいいのか、悩んじゃうという人は多いのではないでしょうか。

そこで2つ提案したいと思います。

★敬老会のお誘いがきたら・年金受給がはじまったら
住まわれている町内会から「敬老会へのお誘い」が届いたり、年金の受給が始まったら敬老の日のお祝いをするというのはどうでしょう。
まだまだ元気で若いのはわかりますが、一つの区切りとして考えるのもいいのではないでしょうか。

★孫が生まれたら
年齢に関係なく、いくら若くても孫が生まれたらおじいちゃん、おばあちゃんとなりますよね。
お孫さんから大好きなおじいちゃん、おばあちゃんへのお祝いの日にしてもいいのではないでしょうか。

敬老の日 おすすめの過ごし方は?

人生の先輩を敬い、感謝し、長寿を祝う「敬老の日」の正しい過ごし方は明確に「コレ」と言った決まりはありません。

そこでおすすめの過ごし方は紹介しますね。

一緒に住んでいる または 近くに住んでいる場合

・お食事会を開く
敬老の日にあわせて、お食事会を開いてみましょう。
おじいちゃん、おばあちゃんに手作りのごちそうを振る舞い、みんなで敬老の日を楽しくお祝いしましょう。
この時に、プレゼントを渡すことができたらさらにいいですね。

遠く離れて暮らしている場合

・電話をかける
普段あまり会えない方も多いでしょう。
そんな場合はぜひ電話をかけてお話をしましょう。
久しぶりに聞く子供や孫の声は、本当に嬉しいのです。
おじいちゃんやおばあちゃんの元気の源となることまちがいありません。

花やプレゼントを贈るのとは別に、「敬老の日おめでとう。プレゼント贈ったから楽しみにしててね。」と一言電話で伝えるだけで、あなたの気持ちは何倍にもなって届きます。

⇒ 敬老の日プレゼント 定番の花や花言葉で選ぶなら花束?アレンジメント?

参考にしてください。

・手紙を送る
敬老の日という特別な日に、おじいちゃん、おばあちゃんへ手紙に書いてみましょう。
携帯メールではなく、紙とペンで素直な想いを綴ることで、あなたの感謝や尊敬の気持ちをストレートに届けてくれます。

手紙の中に、家族の写真もいれて送れば、さらに喜んでくれるでしょう。

・プレゼントを贈る
年に一度の敬老の日には、やはり記念に残るものを贈ってみましょう。
おじいちゃん、おばあちゃんの好みに合わせた花や雑貨なども喜ばれるでしょう。

電話をかける + プレゼント
手紙をおくる + プレゼント

金銭的余裕があるなら

・旅行に行く
おじいちゃん、おばあちゃんに旅行券をプレゼントするのもいいですが、「一緒に温泉旅行へ行こう。」と誘ってみましょう。

温泉でのんびりと一緒の時間を過ごしながらゆっくりと日頃の話をきいてあげるだけで、おじいちゃん、おばあちゃんとって心に残る特別な時間になるでしょう。

まとめ

昔は60歳を過ぎると老人という扱いでしたが、現在では全くあてはまりません。
いくつになっても皆さんお元気なので、「年寄り扱いしないで!」と怒られてしまうかもしれませんね。

でも、口では「年寄り扱いしないで!」といっていても、子供や孫と一緒の時間を持ちたいという気持ちは皆さん持っています。

ぜひ、日頃の感謝を気持ちを伝え楽しい、明日からまた頑張るという気持ちになる一日にしましょう。

⇒ 敬老の日のプレゼントはいつから誰が贈るもの?赤ちゃんからは?

こちらも読んで参考にしてください。