離乳食に新玉ねぎを生で与えて大丈夫なのか、迷っているお母さんもいるようです。

旬の時期にしか食べられない食材を味わってほしいという思いはわかりますが、やはり生は控えたほうが良いでしょう。

水分が多く甘みがある新玉ねぎはペースト状にして冷凍保存しておくと離乳食に幅が広がり便利ですよ。

そこで、離乳食に新玉ねぎを生で与えるのを控える理由やペースト状にする方法、冷凍保存方法について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

赤ちゃんの離乳食に新玉ねぎを生で与えても大丈夫?

玉ねぎは一年中食べることのできる食材です。
赤ちゃんの離乳食にもモグモグ期(初期)から与えることが出来るので、ほとんどの家庭で常備野菜としておいてありますよね。

そこで気になるのが新玉ねぎの存在です。

新玉ねぎが出回る旬の時期には、水分たっぷり甘みもたっぷりの新玉ねぎを大人は生で食べます。
この決まった時期にしか食べられない美味しい新玉ねぎを、赤ちゃんの離乳食に生で食べさせてあげたいと思うお母さんがいますが、赤ちゃんにサラダやサンドイッチに入れた生の玉ねぎを与えるのは3歳くらいになってから与えるのが無難です。

もともと赤ちゃんは、「青臭いもの」や「辛いもの」が苦手です。

生の新玉ねぎは水分たっぷりで甘いと言ってもそれは大人の意見で、やはり生には独特の風味があるので赤ちゃんに無理に食べさせなくてもいいでしょう。
体にいいからと新玉ねぎを生で食べるのは、大人だけにしておきましょう。

これから先いくらでも食べさせてあげることが出来るのですから、下手に食べさせようと強制すると好き嫌いの原因になったりする可能性があります。
玉ねぎ自体を嫌いになられたら大変ですからね。

ちなみに、
友人のお嬢さんの赤ちゃんが生の玉ねぎが好きで、欲しがるままに与えていたら下痢が続いてしまったそうです。
病院に連れていったら、医師から「内臓が未発達な赤ちゃんにはまだ生を与えないように、玉ねぎは加熱調理した物を食べさせない。」と言われたそうですよ。

玉ねぎの生を与えて、玉ねぎアレルギーに似た症状が出る場合には、「アリシン」という成分の摂りすぎの可能性があるようです。

⇒ 離乳食に玉ねぎはいつから与えていいの?アレルギーの心配は?

参考にしてください。

離乳食に新玉ねぎをペースト状にする方法

新玉ねぎは通常の玉ねぎに比べて水分が豊富で甘みも強いのでぜひともぜひとも赤ちゃんに食べさせたい食材です。
しっかり加熱してペースト状にして離乳食に活用しましょう。

それでは、新玉ねぎをペースト状にする方法を紹介します。
この方法は新玉ねぎだけでなく、通常の玉ねぎも同様の方法でOKですよ。

玉ねぎの栄養成分は水溶性のものが多いので、ゆで汁にも栄養分がたくさん溶けだしています。
ゆで汁を捨てたりせずに、一緒にペースト状にして余すことなく栄養をしっかり摂りましょうね。

離乳食の進み具合によって、ゆでる時間や玉ねぎのつぶし方を加減してペースト状にしてくださいね。

鍋を使ってゆでる場合

1.玉ねぎの皮をむいて洗い、薄くスライスします。

2.鍋にひたひたの水と玉ねぎをいれてゆでます。

3.あくが出てくるので丁寧に取りながら お好みの柔らかさになるまでゆでましょう。
鍋の水が減ってきたら足します。

4.ゆで汁ごとつぶしてペースト状にします。
粗熱がとれたらゆで汁ごとミキサーにかけてもOKです。

電子レンジで加熱する場合

1.玉ねぎの皮をむいて洗い、みじん切りにします。

2.耐熱皿などに玉ねぎのみじん切りと水を少々加えラップをして、2分前後加熱しましょう。
時間は機種によっても変わってくるので、様子をみながら行いましょう。

3.つぶしてペースト状にします。
粗熱がとれたらゆで汁ごとミキサーにかけてもOKです。

離乳食に使う新玉ねぎの冷凍保存方法

玉ねぎは冷凍可能な食材なので、ペースト状にした後は冷凍保存して離乳食に活用しましょう。

ただし、赤ちゃんが食べるものなので、期間は1週間を目安に食べきるようにしましょう。
だから玉ねぎの下ごしらえを大量にする必要はないのです。

下ごしらえ後したペースト状にし、1回に使う分量ごとに小分け容器に分けて保存すると便利です。
一番のおすすめは、製氷皿に入れて冷凍することです。

離乳食の使うときは、凍ったまま煮物やスープに入れると簡単に使えますよ。

⇒ 新玉ねぎと玉ねぎの違い 味や栄養や旬の時期と保存方法は?

こちらも読んで参考にしてください。