子供の七五三で母親は自分の服装のことでも悩んでしまいますよね。
スーツにしようかそれともワンピース?
せっかくだから着物もいいですね。

洋服の場合、アクセサリーや靴はどうしたらいいのか迷うお母さんも少なくありません。
服装マナーはどのようになっているのでしょう。

そこで、七五三での母親の服装マナーについて紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

七五三での母親の服装マナー

子供の七五三での母親の服装は昔に比べると全体的にカジュアルになっていて、「絶対にこうしましょう。」「こうでなくてはいけませんよ。」という厳しい決まりはありません。

しかしそんな状況の中でも、あえて守りたいことがあります。
それは、服装の「格」を意識しましょうということです。

具体的には次の2点です。

・親は主役の子供より目立たないようにする。
家族の服装のバランスを考える。

七五三は子どもが主役ですから、子供の方が父親や母親より「格上」です。
親が目立ち過ぎてはいけませんよ。

また、家族は服装のバランスをとり、父親と母親の服装は「格」は合わせましょう。

家族は服装のバランスとは、次のようになります。

★子供が和装(着物)の場合
・母親は着物かスーツ
・父親はフォーマルスーツ

★子供が洋装の場合
・母親はスーツかワンピース
・父親はビジネススーツ

★父親と母親の服装の「格」合わせNGの例
次のような服装ではちぐはぐで「格」は合っていません。

・父親がビジネススーツで、母親が黒のフォーマルスーツ
・父親が黒のフォーマルで、母親はカジュアルなワンピース

七五三のお参りにNGな服装

七五三のお参りには、子供の健やかな成長をを感謝しこれからの将来と長寿をお願いにいくわけですから、神様に失礼のない服装で臨みましょう。

スカートの丈が短すぎたり、露出の多い服装はふさわしくありません。

パンツスーツはNGではありませんが、スカートの方がよりフォーマルになります。

七五三での母親の服装はスーツ、ワンピース、それとも着物?

七五三での母親の服装を、洋装にしようか和装にしようか迷う人は多いです。

子供の晴れの日だから思い切って着物を着てみたいと思っているお母さんも少なくありません。
ただ下にお子さんがいる場合、世話をするのに汚してはいけないと必要以上に気を使ったりすることを考えると、スーツにした方が無難かなと思っているお母さんもいますよね。

まだ時間はあります。
今置かれている状況を考えて、洋装にするか和装にするか決めましょう。

それでは洋装・和装それぞれどのようなものが七五三の服装にふさわしいのか紹介しますね。

洋装の場合

★スーツ
七五三では、子どもと同格になってしまうブラックフォーマルではNGです。

ネイビーやベージュ、オフホワイト色のフォーマルスーツやアンサンブルスーツ、セットアップスーツがおすすめです。
胸元が大きく開いていたり、スカート丈が短く、露出度が高くないものを選びましょう。

★ワンピース
膝が隠れる丈のものを選び、ジャケットなどの上着を上手に活用してきちんと感を出し、露出度を抑えましょう。

★パンツスーツ
動きやすさを考えるとパンツスーツを選びたくなるお母さんもいることでしょう。
しかし、スカートの方がよりフォーマルです。
できるならパンツスーツは控えた方が無難かもしれません。

和装の場合

現在は着物を着る機会はほとんどないからこそ、あえて子供の七五三に着たいと思うお母さんもいますよね。
ただ、着物にも色々な種類がありそれぞれ格が違います。

★訪問着
正装にあたります。
「絵羽模様」と呼ばれる縫い目にまたがる大柄な模様が入るのが特徴の和服です。
子どもが良質の着物を着用する場合は、この訪問着でも大丈夫です。

★色無地
黒以外の色で作られた、柄の入らない着物のことをいいます。
七五三に着用するのであれば、家紋に入った着物を選びましょう。
家紋の入らない色無地は普段着の扱いになり、格が落ちてしまうので注意しましょう。

★付け下げ
訪問着から「絵馬模様」をとり、模様を少なくしたものです。
訪問着よりも柄が落ち着いていて無地よりも華やかなので、七五三に最適です。

七五三での母親の服装でアクセサリーや靴は?

七五三の服装をスーツやワンピースに決めた場合、アクセサリーや靴はどうしたらいいのか紹介します。

アクセサリー

アクセサリーは神様に失礼にあたるキラキラしたものは控え、真珠のアクセサリー(ネックレス、ブローチ、イヤリング、ピアス)などがおすすめです。

また、スーツの色がベージュやオフホワイトならいいのですが、ネイビーやダークグレーなどのダークな色の服を選んだ場合は落ち着きすぎてとても地味な印象を与えてしまうので、胸元にブローチやコサージュを添えて華やかさを加えましょう。

足元と靴

★足元
ベージュのストッキングを必ず履きましょう。
柄の入った最近流行しているものやキラキラとラメの入ったタイツなどはNGです。
そうそう、いないと思いますが生足はもちろんNGです。

★靴
つま先のあるパンプスがおすすめです。
ただ、あまりヒールが高いと歩きづらいし、ジュアルな印象になってしまします。

ヒールが低めのパンプスがいいでしょう。
しかし低ければいいのかというとそうではなく、ヒールなしのぺったんこな靴はさらにカジュアルな印象を与えてしまうので程よい高さ(3cm~5cmセンチ)を選びましょう。

色はマットなタイプの黒やブラウン、ベージュが服装に合わせやすいのでおすすめです。

まとめ

母親の洋服選びは父親のスーツのようにちゃっちゃと簡単に決められませんが、ぜひ子供、夫婦とのバランスを考えて服選びをしてください。

子供より目立たずに、しかし地味にならない装いを意識しましょう。

⇒ 七五三の由来や意味 お参りの時期はいつ?時期外れや大安以外でも大丈夫?

参考にしてください。