千葉県成田市で行われる「成田祇園祭」は300年の歴史を持ち、地域に根付く伝統的なお祭りで熱気と活気にあふれ、毎年約45万人の見物客が訪れる成田に夏を告げる風物詩です。

この「成田祇園祭」では、成田山と旧成田と呼ばれる全町が参加して、神輿と10台の山車や屋台曳き回します。

そこで、成田祇園祭2018の日程や時間などの基本情報、見どころや交通規制、アクセス方法について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

成田祇園祭2018 日程・時間と基本情報

成田祇園祭は、成田山新勝寺のご本尊不動明王の本地仏である奥之院に安置された「大日如来」を供養する「成田祇園会」と、成田山周辺の町内が一体になって行われる、町全体がお祭り騒ぎの夏祭りです。
成田山新勝寺の御興と彫刻や装飾で彩られた10台の山車、屋台が3日間にわたり市内を引き回し、成田山表参道を駆け巡り踊りとお囃子の競演が行われ、毎年約45万人を超える見物客が集まる一大イベントです。

★開催日時
2018年7月6日(金)~7月8日(日)

7月6日(金) 13:30~22:00
7月7日(土) 9:00~22:00
7月8日(日) 13:00~23:00

★イベントスケジュール
■7月6日(金)13:30~
大本堂前
・安全祈願
・鏡開き
・山車、屋台競演(総踊り)など

■7月7日(土)
JR成田駅前広場
9:00~
・山車、屋台競演(総踊り)

■7月8日(日)
門前~薬師堂
13:00~
・屋台、山車総引き

大本堂前
16:30~
・御輿還御式
・山車、屋台競演(総踊り)

★住所
千葉県成田市成田1
成田山新勝寺境内及び成田山表参道

★問い合わせ先
成田祇園祭実行委員会
TEL:0476-22-2102

成田祇園祭の見どころ

屋台、山車の総引き(最終日)

まずは、屋台と山車がどのようなものなのか紹介します。

屋台と聞くと、露店の屋台を想像しちゃったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まさか屋台を引き回す?
まさかですよね。

実は、屋台も山車の一種なのです。

では、山車と屋台とではどこがちがうのか・・・
その違いはいたってシンプルです。

屋台には人形が乗っていません。
そして山車には人形が乗っています。
人形が乗っているかいないかの違いなのです。

そして本題の総引きとは、この屋台と山車が、成田駅前から薬師堂までの平らな穏やかな道はゆったりとした優雅に曳き廻し、薬師堂から総門前まで続く長く蛇行したハードな急な坂道では、勇壮に曳き廻しを見物できるのです。

そして、総引きの一番のクライマックスが最終日の13:00頃から行われる成田山表参道での総引きです。

屋台、山車が集結して一気に仲町の坂を駆け上がる「総引きは」迫力満点。
お囃子と声を合わせて綱に引かれて上る姿を見るために毎年多くの見物客が集まるのです。

 

 

この最終日の総引きを見ないと成田祇園祭を見たことにならない。」とさえ言われるるのです。

そして夕方になると神輿が新勝寺に戻ってくると、このお祭りを締めくくる最後の屋台、山車の曳き廻しが、今度は若者たちによって夜遅くまで繰り広げられます。

大本堂前での総踊り

連日行われる山車、屋台競演(総踊り)も見逃すことはできません。

この総踊りとは、それぞれの山車や屋台ごとに独自にお囃子を奏で踊りを披露するのです。

 

 

成田祇園祭の総踊りは人数が多いのでお囃子のあわせて踊る姿は迫力満点です。

成田祇園祭の交通規制は?

交通規制

成田祇園祭の期間中は、成田山新勝寺周辺の道路で山車運行経路に沿って、交通規制が行われます。
規制区域と時間は変更になる場合もあります。)

2018年度の交通規制が下記の通り更新されました。

2017年は下記の通りでした。
例年このような時間帯ですので参考にしてくださいね。

●表参道
JR成田駅 ~ 薬師堂 ~ 鍋店角
7月7日(金)12:00~22:30
7月8日(土)9:00~22:30
7月9日(日)10:00~23:30

●西参道
薬師堂~山崎眼科
7月7日(金)12:00~22:30
7月8日(土)9:00~22:30
7月9日(日)10:00~23:30

成田祇園祭へのアクセス方法

成田祇園祭の3日間は交通規制がひかれて大変な混雑が予想できるので、公共交通機関を利用することをおすすめします。

電車利用の場合

成田山新勝寺へはJR成田駅、京成成田駅のどちらも徒歩約15分です。

★JR利用
東京駅 → 成田駅
・横須賀線、総武線直通(快速エアポート成田)約60分

上野駅 → 成田駅
・常磐線・成田線(我孫子経由)約80分

品川・新宿・池袋駅 → 成田駅
・成田エクスプレス 約60分

★京成電鉄利用
京成上野駅 → 京成成田駅
・シティライナー 約60分(快特 約65分・特急 約70分・快速 約85分)

車を利用する場合

お祭り当日には大変混雑するのでおすすめはできません。

東京 から 成田まで
東関東自動車道路で「富里」ICまたは「成田」ICで降ります。

※高速バスをご利用の場合、東京と成田空港間は約80分です。

★駐車場
成田祇園祭に臨時、特設駐車場は用意がありません

祭り当日は、JR成田駅から新勝寺までの各道路で交通規制が敷かれ大変混雑します。
さらに成田市内の主要幹線道路は道幅が広くないので、それだけでも渋滞の原因になりますので、渋滞覚悟で早め早めの行動をすることをおすすめします。

まとめ

成田祇園祭は3日間で成田市の人口の3倍強もの45万人もの人が訪れる大変混雑するお祭りです。

混雑は覚悟で、暑さ対策をしっかり準備しお祭りを楽しみましょう。

7月の海でのお祭り
⇒ 真鶴貴船まつり2018の日程や見どころ アクセス情報と宿泊場所

参考にしてください。